ピクシブ百科事典

男尊女卑

だんそんじょひ

性差別のひとつ。男性の社会的地位が高く、女性の社会的地位が低い制度、もしくはその傾向を推奨・肯定する思想。
目次[非表示]

概要

前近代の社会に広くみられ、古代ギリシャの社会がその典型である。

日本では、古代は女性の地位が高かったが、貴族や皇族で高い地位につく女性は男性に比べ少数であった。男尊女卑的な思考は平安時代以降、仏教の普及とともに広まり、その後は当然視されるに至った。

「自由・平等・博愛」をスローガンとしたフランス革命後も、西欧では男尊女卑が当然視される状態が続いた。男女同権が法律などでうたわれ、女性差別的制度が撤廃されるのは20世紀に入ってからである。イランサウジアラビアなどのイスラム教原理主義国家では、21世紀の現代も男尊女卑そのものといえる風習や制度が根強く残っている。中国やインドの農村部では男尊女卑のために女児を中絶してしまう(逆に都市部では女児の方が多い)ため、子供の男女比が極端にアンバランスになり、将来的な社会の不安定化が懸念されている。

日本では制度上男女差別は撤廃されているが、今も結婚や出産のため仕事出世を諦めなければならない女性が多く、企業や政界で要職を務める女性は欧米や中国より目立って少なく、問題視されている。施設・鉄道などでの女性優遇(レディースデー・女性専用車など)を例に、『最近は男性の方が惨めになっている』『日本は女尊男卑だ』なる意見もあるが、これは日本では女性が家庭の財布の紐を握る習慣があり、バブル期以降、消費者として女性がもてはやされているからである(この消費者は別名・金ヅルとも言われるが)。

かつては男性同性愛(男色衆道)ないしは男性同士の友愛関係への賛美が男尊女卑に結び付けられたが、現代のゲイは性差別に反対する立場から、むしろ男尊女卑に反対する傾向が強い。

男尊女卑と弱者男性

日本や中国では中流・富裕層の女性の地位は改善されているが、その一方で貧困男性達は結婚もできなくなり、結婚しても夫婦共働きを強いられ、中流層向け福祉の恩恵に与ることもできず、貧困女性と同じ社会の底辺に落とされたような状況に不満が強まっている。性差別が是正されつつある今も、貧乏人差別(階級差別)は健在である。というか日本においてはあからさまな階級社会が復活したのは近年のことである。

差別の犠牲者は貧困層だけではない。主として男女の運動能力の違いから、男は強く女は弱いと言う固定概念が生まれ、基本的に弱者を守る法律等は、弱いと思い込まれている女性を守る様に作られている傾向が多い。

これは経済面でも同じで、女より男は稼げると言う固定概念から、やはり弱いと思い込まれている女性を守る様に作られている傾向が多い。つまり、障害者程ハンデは重くないが、それでも健常者には及ばない人(例えば発達障害持病持ち、虚弱体質の男性)は、「強い」男性に伍して生きようにも付いていけないし、かといって障害者でもないから公的支援も無い。また男性自身も、病気離婚失業などの困難に追い込まれると、世間で求められる男性像と自らの実像のギャップからなかなか外に弱みを見せられず、自殺に追い込まれてしまうことも少なくない(男性の自殺率は女性に比べとても高い)

要するに男性を守るための仕組みがないまま格差社会が進行し、「弱者男性」は取り残される形となってしまった為、特に彼等が『不公平だ』と不満を漏らしている状況がみられる。しかし、生存に困難を抱えているのは、弱者女性(DV被害者、虚弱体質の女性、貧困女性など)も同様であり、彼女たちはまだまだ十分に救済されているとは言えないまま、男性同様に格差社会のしわ寄せを受け、困難な状況に追い込まれているため、立場の弱い女性にこの恨みをぶつけるのは八つ当たりであり、筋違いである。

男尊女卑を扱った作品の一例。

ONEPIECE 北斗の拳 旧エヴァ ガンダムシリーズ※特に宇宙世紀 

関連タグ

女尊男卑 ※対義語
男女平等
差別 性差別
性別  
ホモソーシャル フェミニズム

イスラム社会現実世界では最も男尊女卑が存在する

pixivに投稿された作品 pixivで「男尊女卑」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36769

コメント