ピクシブ百科事典

中絶

ちゅうぜつ

人工的に赤ちゃんを流産させること。
目次[非表示]

「人工妊娠中絶(中絶)」とは、望まない妊娠の結果、人工的に胎児流産させること。
法律(「母体保護法」)で中絶が認められているのは以下のケース。

1.母体の健康上の理由、あるいは経済上の理由がある場合。
2.レイプ被害などによる妊娠の場合。

なお中絶手術には保険が適用されない。
費用は、妊娠初期の場合で15万円前後が目安。

中絶手術

中絶手術を受けられるのは、妊娠22週未満(21週6日)まで。
妊娠初期(12週未満)と、それ以降とでは手術方法が異なり、母体に与える影響にも違いが出てくる。中絶を選択する場合は、決断が早いほど様々な負担やリスクは軽くなる。

手術を受けるには、原則として「妊娠した本人」と「子供の父親にあたる」、双方の同意書(署名・捺印)が必要。
なんらかの理由で男の意志確認ができない場合には、本人の同意だけでも可能。

妊娠初期(12週未満)の中絶方法

1.掻爬(そうは)法
赤ちゃん胎盤などの附属物を、スプーンのような器具を使ってかき出す。
2.吸引法
掃除機のようなもので、赤ちゃんと胎盤などの付属物を吸い取る。

妊娠中期(12週~22週未満)の中絶方法

あらかじめ子宮口を開いたあと、子宮収縮剤で人工的に陣痛を起こし、流産させる。
数日の入院が必要。
中絶後は役所死産届を提出し、胎児埋葬許可証をもらう必要がある。

手術後

赤ちゃんを殺した罪悪感後悔が、ストレスとなって長期間残る女性は多い。
また最終的に中絶を選択するまでの期間に、パートナーとの心の行き違いから男性不信に陥るケースもある。
このような事態に陥らないよう、妊娠を望まない場合には避妊をしっかりおこなうこと。

関連タグ

妊娠 避妊 堕胎 流産 死産
胎児 赤ちゃん 母親 父親
手術 ストレス トラウマ 殺人

pixivに投稿された作品 pixivで「中絶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114377

コメント