ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

もしかして公開航海


概要

新明解国語辞典第八版では「自分のやった事を振り返り、どうしてあのようなばかな事をしたのかと、自分の思慮の足りなさを悔しく思うこと。」と語釈で記載されている。


後悔する瞬間は人それぞれであるし、後悔を一切しない人生を歩んできた、という人は皆無と言って相違ないだろう。「あそこで○○しておけば(しなければ)」というのは日々我々が感じる、後悔の典型的な一例であると言える。その為、創作物でも登場人物の後悔というのはよくテーマとして用いられる(誰かを救えなかった等)。

なお心理学的には、人間はどのような人生を送っていても後悔するということが分かっているため、後悔すること自体を嘆いたり憂いたりする必要はない。


ピクシブでは描かれたイラストに対して投稿者が後悔している場合に付けられる事もあるタグ。創作物というのは他者にはこともなげに作っているように見えるが、創作者本人としては自分の趣味の露呈であったり、出来不出来に敏感なため、大変恥ずかしさを感じるものである。

それに対して閲覧者が「もっとやれ」などと返す事も多い。


後で後悔する?

「後で後悔する」は「後(あと)」が重複しているとし、重言として不適切な表現とされることがあり、「後悔する」「後で悔やむ」が正しいとされることがある。

なお、「悔やむ」も「自分のしてしまったこと、すでに済んでしまったについて」という意味が含まれている点では「後悔」と同じ。

したがって、「後悔」と「悔やむ」は「すでに済んでしまったことについて、自分の言行の失敗や思慮のなさを残念がる」点では全く同義である(ちなみに「悔やむ」は「悼む」意でも用いる)。

そのため、「後で後悔する」がNGなら「後で悔やむ」もNGと言っているのと同じようなものであろう。


なお、「あとで」は「将来、そのうち」、「後悔する」は「済んでしまったことを悔やむ」意とすることとし、「後で後悔する」は「今は後悔していなくても、そのうち(=あとで)後悔するよ」と解釈できることから重言には当たらないことが国語辞典編集委員のツイートで分かった。

これは後悔しているときに「今、すごくあとで後悔している」とは言わないことからである。

飯間浩明氏(三省堂国語辞典編集委員)のツイート


日常でよくある後悔


関連イラスト

ことばにならない思いがある「悪いのは全部俺だ」


関連タグ

失敗 過去 未練 罪悪感

後悔先に立たず

類義タグ

後悔なんて、あるわけない

【こうかい】(交流企画)

関連記事

親記事

感情 かんじょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1107016

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました