ピクシブ百科事典

賢者タイム

けんじゃたいむ

オーガズムに達した後、急速に性欲が減退する時間を指したスラング。
目次[非表示]


この項目はR-18に該当する内容が含まれます。


概要

正式名称は不応期
男性ホルモン由来…と思われるが、性ホルモン「プロラクチン」に由来する生理現象と言われている。
男性は射精オーガズムに至った後にプロラクチンが分泌されるため、自然と男性に多く見られる現象である。
じゃあ女性にはないのかというと否である。プロラクチンは母乳の分泌を促し、子の世話などの母性行動を促進するホルモンでもあるので、女性は最低でも子供が乳離れするまでは女賢者となっている。人によっては年単位の賢者モードも珍しくない。
と言うより、生物学的にはこれが見られない個体の方が異端で、類人猿であっても雌雄問わず確認例が無い
そもそも性行為を含む繁殖という一連の行動が自然界ではかなりの隙と時間を伴うものである。
ゆえに雄は行為を済ませた後はすぐに周囲を警戒するように、雌は産んだ子供を確実に育てるために進化してきた結果と考えられている。
亀頭球」という構造によって、事後も長時間結合し続ける科の生物であっても、苛立った雌が雄を攻撃し始めたりする事は珍しくない。
逆に、雄が育児中の雌の子を殺し、発情を再開させるという子殺し行動を行うこともまた珍しいものではない。特によく知られるのはライオンのそれである。

動物が交尾を終えた後はそっけないことを見ると、むしろヒトのほうが不思議な動物である。
ヒトのつがいは「事後、ベッドの上でいちゃいちゃ」したり、「子供がまだ未熟なのに次の子を身ごもる」。
これはセックスを繁殖だけではなくコミュニケーションの手段として用いたり、なによりも子が成熟するまでの期間が長過ぎるため、成熟しきるのを待っていると個体数を増やすことができないというヒト特有の事情からである。

人間の場合でも、これが強く残っている人は一時的な性嫌悪に陥り、性的なものを遠ざけたり行為に及んだ事を後悔したり、重度の場合には男女ともにパートナーの存在自体を疎ましく思ったりする。事後の働きを調べると、感情を感知しにくくなっていたという研究例もあり、実際に思考回路が一時的に変化しているようだ。
とは言え、人間の場合相手のある性交と一人で行う自慰では減退の度合いやその時間が変わるという話もあり、これ自体が感情に由来して発動しているものだとする説も根強い。
いずれにせよ、脳が機能停止するわけではない以上、一人の時はともかくパートナーと一緒の時は相手への配慮を欠かぬよう考えを巡らせ続け、ときには腹を割って話し合う方が「賢い」と言えるだろう。

主な傾向

男性に多い関係上、「男同士のあるあるネタ」として語られる傾向が強い。
煩悩を完全に捨て去ろうと、ポルノやアダルトグッズを処分した」などという話は典型で、「賢者タイム」という名称もこの行動パターンから命名された。
ただし、普通その悟りはすぐに消え、むしろその愚かな思い付きを後悔する事になる。そこまでが一区切りのテンプレなのである。

また、「終わったらすぐにその場を去る」という行動にハードボイルドクールさを見出す男性も多い。元々男同士の付き合いは感情より理性が尊ばれる傾向にあるため、「賢者タイム」中の男性はある種の理想形という事になるのだろう。
もっとも、その想いがパートナーに伝わっているかどうかはまた別問題なのだが。

妹ゲーするお姉ちゃん
賢者タイム



外部リンク

産後セックスレスの原因は、女性のNO!(All About)
プロラクチン - Wikipedia

関連タグ

賢者 賢者モード 賢者向け 元遊び人 オーガズム ふぅ… 事後

pixivに投稿された作品 pixivで「賢者タイム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4370161

コメント