ピクシブ百科事典

概要

カテコールアミンと呼ばれるグループに分類される有機化合物の一種。
化学式はC8H11NO2。ベンゼン環を有する芳香族化合物でもある。

ヒトの体内ではチロシンからドーパを経て生合成される。
ドーパミンはの活性化に貢献する重要な物質である。また、快楽物質として有名。
不足するとうつ病の原因になる。
逆に多すぎても問題であり、羞恥心がなくなったり、幻覚幻聴など統合失調症のような症状が現れる(薬物煙草を摂取した際、すぐに大量に分泌されるものの、数十分ですぐになくなるため、日常で自然にドーパミンが出にくくなる)。


関連記事

ホルモン(生化学) 生化学 生理学
アドレナリン ノルアドレナリン セロトニン アミノ酸
有機化合物 有機化学 芳香族化合物
薬物 煙草 ドラッグ コカイン メタンフェタミン 覚せい剤 ニコチン

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドーパミン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2723

コメント