ピクシブ百科事典

グルカゴン

ぐるかごん

インスリンとは真逆の働きをするホルモンタンパク質。血糖値を上昇させる役割を持つ。

概要

ホルモンとして作用するタンパク質の一種。
インスリンと同じく膵臓ランゲルハンス島で産生されるが、作用はインスリンとは真逆であり、血糖値を上昇させる役割を持つ。
血糖値が下がって体がブドウ糖を必要とするようになったときに肝臓に作用してグリコーゲン(ブドウ糖を体内に貯蔵しやすい形に変換したもの)の分解を促進する。

この働きを応用して、重症の低血糖の患者の治療としても利用されている。

ちなみに糖尿病は、インスリンの分泌量の低下だけでなく、グルカゴンの暴走が同時に起こることで引き起こされる病気である。

関連記事

生化学 生理学 ホルモン(生化学) インスリン

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グルカゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1034

コメント