ピクシブ百科事典

糖尿病

とうにょうびょう

高血糖状態が続く病気。2型糖尿病は生活習慣病の一つでもある。どこぞのジャンプ漫画主人公もなりかけている病気だが、決して軽くみてはならない病気である。
目次[非表示]

概要

「糖尿病」とはインスリンの働きが悪くなり、高血糖状態が続く病気である。
※高血糖状態…血液の中のブドウ糖グルコース)の濃度(血糖値)が高い状態が続くこと。

糖尿病には2つの型があり、ランゲルハンス島(膵臓の内部に存在する細胞群)のインスリン生産能力が自己免疫疾患など生活習慣とは無関係な理由で破壊されて起こる「1型糖尿病」と、一般的には生活習慣病として有名な「2型糖尿病」がある。

昔は、インスリン製剤による治療が必要であるかどうかによって「インスリン依存型糖尿病」「インスリン非依存型糖尿病」という分類がなされていたが、さまざまな治療法の進展により、現在ではこの分類は現状に合わなくなってきている。

糖尿病=糖が尿から出る病気?

その名前から糖尿病とは、「尿に糖が出る病気」と思われているが、尿に糖が出ることは血糖値が高いことのひとつの現れである。
糖尿病で本当に問題なのは血糖値が高いことであり、尿に糖が出て体内の糖が失われてしまうのではなく、血糖値が高すぎて尿にまで糖がたくさん出てしまうことが問題ということである。
おしっこが甘い匂いにならなくても気づいたら糖尿病、というパターンもある。

メカニズム

食事をして栄養素を体の中に取り入れている時、パンなどに多く含まれる糖質(炭水化物)は、小腸でブドウ糖に分解された後血液の中に吸収され、他にもタンパク質や脂肪等の栄養分も分解されて吸収され、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)を高める。

通常の場合は、体の中の「インスリン」というホルモンの作用で血糖値はほぼ一定の値に保たれているが、この血糖を調節する仕組みがうまく働かなると上記の高血糖状態になってしまうため、糖尿病になってしまう。
1型糖尿病ではインスリンの絶対的な量が少なくなる。これは自己免疫疾患やウイルス感染などを原因として、インスリンを作り出す膵臓β細胞が破壊されてしまってインスリンが作られなくなることによって生じる。
これに対して、2型糖尿病では、インスリンはきちんと作られている。場合によっては糖尿病ではない人よりもインスリンの分泌量が多い。これは、摂取した糖の量に応じてインスリンが分泌されるためであり、したがって、2型糖尿病は分泌されるインスリンの量に対して血液中に存在する糖の量が多すぎるために生じるということがわかる。なお、高血糖の状態が長く続くと、膵臓が「分泌疲れ」をおこしてインスリンの分泌量を減らしてしまうので注意が必要である。

本当は怖い糖尿病

糖尿病そのものは身体の痛みなどが無く、初期症状もほとんど感じない。手足のしびれ、立ち眩み、便秘などの症状で気づかれることがあるが、この段階では治療しなくとも生活に深刻な支障は生じない。

しかし、血中の糖は、人体内のタンパク質と結びついて変性させる糖化反応を起こすことで毒性を発揮する(糖毒性)。その結果、長期間の高血糖状態により全身の血管神経が傷んでくると、動脈硬化や白内障など全身のさまざまな臓器に影響が起こってくる。また、この段階になるとのどの渇き、多尿・頻尿などの典型的症状が生じ、急に痩せてくることもある。

最悪の場合は腎臓病心筋梗塞などの深刻な合併症を発病したり、失明や足が指先から壊死してくる可能性もある。
村田英雄サンダー杉山など手足を切断した例もある。)
しかも糖尿病は神経障害を起こす事もあり、痛みに気付きにくくなっているケースも多い。また糖尿病が酷いと怪我の治りが遅いため、感染のリスクから外科的手術ができなくなるというデメリットもある。
このように糖尿病が直接的な死因にはならなくとも、合併症が寿命を縮める要因になることが多い。1970年代の調査では、男性で約10年、女性では約15年寿命が縮まるとする研究がある。

また、他の病気にかかった時も悪化リスクが極めて高くなる。
特に近年ではCOVID-19の重症化リスクの大きな要因と指摘されており、特に男性は危険度が高くなる。生活習慣的に甘いものを好む国民性があるマレーシアや中東諸国、「低所得者が買いやすい価格の食べ物がハイカロリーになりがち」な傾向にある欧米諸国でも死者が多い原因と考えられている。
日本でも糖尿病患者のCOVID-19罹患時死亡例や治療薬の投与に制限が出て回復に時間がかかる事例が多く発生しており、著名人でも羽田雄一郎勝武士がCOVID-19罹患時に短期で亡くなっており、一旦は罹患して回復した山本夜羽音も症状が再び急激に悪化して逝去している。

糖尿病を予防しよう

不摂生な生活がたたって発病する「2型糖尿病」は、基本的には予防できる。

通常の生活習慣病の予防と同じように、適度な運動と減量を心がけ、禁煙するとともに、偏った食生活や過度の飲酒を控えたい。また、ストレスや睡眠不足も糖尿病になるリスクを引き上げるため、自分に合う適度なリラックス方法や6時間以上の睡眠は大事である。

また、自分が糖尿病になっているかどうかの検査が病院によっては出来るため、心配ならば検査が出来る病院を調べて行き、早期発見を心がけよう。万が一発病してしまった場合は、食事療法や運動療法、薬によって血糖をきちんとコントロールできれば、症状が出ない状態を持続でき、合併症を予防できるため、必ず病院へ行こう。

特に不摂生でなるタイプの2型患者には診断を受けても対策をサボろうとしがちな性格の者が多く、診断後も暴飲暴食をやめず透析や手足の壊死による切断に至ってしまう事例が非常に多い。
このため家族の精神的負担も大きくなる。

発症には遺伝や年齢の影響も大きく、2型の中にも同じような生活習慣(食生活や運動量など)であっても発症する人としない人がいる。
日頃から摂生していても、遺伝的に(つまり、生まれつき)インスリンの分泌能力が低かったり、加齢とともに能力が衰えてしまったりして発症することもあり、すべての人が生活習慣の乱れだけでなってしまうわけではない。
祖父母や親、兄弟が糖尿病であった人(いわゆる「家族歴」がある人)の多くはインスリンの分泌能力が低いという研究結果もあるため、そのような人は特に注意が必要である。

繰り返しになるが、糖尿病は適切な治療と生活習慣の改善によって発症や悪化を防ぐことが十分に可能である。

はたらく細胞BLACK

はたらく細胞BLACK』(第二部)では4巻から最凶の病魔「糖尿病編」である。この細胞擬人化漫画では赤血球の糖化は人体発火現象として描かれている。糖尿病の進行は進み、ついには膵臓のβ細胞が自ら活動を停止してしまう。そして壊疽(糖尿病神経障害)、糖尿病網膜症と身体のあちこちの末端が崩壊していく…。

関連タグ

病気 生活習慣病 世界糖尿病デー

大相撲…痛風と並ぶ角界の職業病である。

糖尿病の人物(1型は〇印)

岩田稔〇 寺瀬今日子〇 藤原道長 徳川家康 グレート義太夫 安西正弘 富永一朗 秋山好古 中沢啓治 ばってん荒川 林家こん平 夏目漱石 金丸信 アントニオ猪木 村田英雄 サンダー杉山 コレステロールタクヤ 北尾光司 ウガンダ・トラ羽田雄一郎勝武士 山本夜羽音

フィクション

坂田銀時(実際にはギリギリ未発症。初期は「糖尿になりそうな食生活」とネタにされる程度であったが、のちに「糖尿病寸前」と医者に言われたという設定に変わった)
はたらく細胞BLACK…第二部の外の人が糖尿病持ちである。
ドゲンジャーズナイスバディネタバレに直結するため避けるが、あるヒーローの中の人が糖尿病持ちである。

外部リンク

糖尿病ホームページへようこそ(厚生労働省)

関連記事

親記事

生活習慣病 せいかつしゅうかんびょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「糖尿病」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「糖尿病」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1169395

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました