ピクシブ百科事典

ばってん荒川

ばってんあらかわ

熊本県を拠点とし、九州で主に活躍した・舞台役者・芸人・演歌歌手・ローカルタレント。故人。

概要

かつて熊本を中心に主に九州で活動を行っていた熊本出身の芸人。
ばってん荒川=お米ばあさんと認知される程、お婆ちゃんキャラクターで有名であった。
熊本弁(肥後言葉)を多用する喋りで記憶に残っている人もいるだろう。

念の為に言っておくが、れっきとした男性である。日本の男性が扮するお婆ちゃんキャラクターでは吉本新喜劇のメンバー・桑原和男の「カズお婆ちゃん」と並ぶ程。余談だが、ばってん荒川と桑原和男は同じ九州出身という共通点も持つ。

ちなみに板についたお婆ちゃんキャラクターゆえに過去に老年男性からプロポーズされたという逸話もある。なお、お婆ちゃんを演じ始めたのは10代の頃からという長いキャリアを持ち、老女を観察・研究して時には銭湯の女湯を覗いてでも(結局は怒られて駄目だったらしい)芸の肥やしにしようとした逸話がある。

ローカルタレントでありながら全国に知名度を持っていた事でも有名だが、本人はあくまでも地元九州での活動に拘りを持ち、滅多に東京での仕事をしなかった。ビートたけしに東京での活動を勧められたが、「東京で余計な仕事はしたくない」と断ったそうである。
それ故かビートたけしが頭を下げて挨拶をする数少ない芸人の一人だったという。

九州出身の芸人に彼の影響を受けた人物もおり、あの江頭2:50も彼に憧れて芸人を志した一人であり、かつては「ばってん江頭」を名乗っていた事がある。
九州地方の芸能界でも大御所の芸人であった。

戦後絶滅の危機にあった「肥後にわか」を再興させた功績のある人物でもある。

晩年は病に冒された身体にムチを打ってまでも軽妙な動きと笑顔と喋りを貫き通したが、2006年に糖尿病治療の為一旦活動休止するも復帰したが、同年10月に膀胱癌による心不全で亡くなった。69歳没。

関連タグ

ローカルタレント 芸人 九州 熊本県

pixivに投稿された作品 pixivで「ばってん荒川」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 371

コメント