ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避


※「桑原和男」のみで検索すると、検索結果の大半がGANTZの登場人物関連の作品になるため、検索ワードに「吉本新喜劇」を併記するのが望ましい。


説明

本名:九原一三(1936年2月23日~2023年8月10日)


吉本新喜劇にはお婆さん役で出演することが多かった。

新喜劇の前身である「吉本ヴァラエティ」から在籍、メンバーの中では最年長・最古参であり、主に脇役として新喜劇を支える一方、若手の育成にも尽力した。

新喜劇の生き字引的存在で、劇団員が座長へ昇格する際には桑原からお墨付きをもらうことが必要と言われていた。


持ちネタ

「ごめんください!『どなたですか』『○○です』『お入りください』、ありがとう」などと一人で会話する。

艦これ新喜劇


「神様ぁぁぁぁぁ!!」

劇中、あまりにも無情な展開になった時、「なんでこんな事になったんですか神様……神様……神様ぁぁぁぁ!」と悲痛の叫びと共にチゴイネルワイゼンが流れる大袈裟なギャグ。最後には観客・視聴者へ感謝しながら新喜劇の応援をお願いした後、間を空けて「ご静聴ありがとうございました」とオチをつけるのがお約束となっている。

ちなみに桑原+チゴイネルワイゼンでないとこのネタは成立しないらしい。


「今は男や~」

和子お婆ちゃんの時限定のギャグ。お婆ちゃんのくせに女性の登場人物にセクハラ行為をはたらいた際、止めに入った者から「何しとんねん!」と言われたらすかさずこう返す。お婆ちゃんキャラじゃない時に「お前お婆ちゃんだろ」と言われると「今日は男や!」と返すパターンもある。


略歴

1936年2月23日、小倉市(現在は北九州市小倉北区)に誕生。

1955年、高校を卒業後、夢路いとし喜味こいしに師事。

1961年、吉本ヴァラエティに入団する。

1964年、吉本ヴァラエティが吉本新喜劇に名称変更。

1969年、吉本新喜劇の座長となる。

1972年、座長を退き、脇役として新喜劇の黄金時代を支えた。

2018年、体調不良のため定期公演を休演。その後は休養を挟みながらの出演となっている。

2023年、8月10日、老衰により死去。享年87歳。


関連タグ

吉本新喜劇 吉本興業 コメディアン 芸人 喜劇役者

関連記事

親記事

吉本興業 よしもとこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 164921

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました