ピクシブ百科事典

吉本新喜劇

よしもとしんきげき

吉本興業が大阪の花月や東京のルミネの劇場で行う公開形式の演劇
目次[非表示]

芸能事務所の吉本興業が大阪の花月や東京のルミネの劇場で行う公開形式の演劇。なんばグランド花月での公演はテレビで放送される。

1959年3月1日、うめだ花月劇場開場と同時に「吉本ヴァラエティ」として発足。
当時から「吉本新喜劇」の名を使用していたが、1964年6月ごろから吉本ヴァラエティを改め「吉本新喜劇」と正式に呼称する。
1980年代には人気が低迷し存続が危ぶまれる事態になっていた。1989年に「吉本新喜劇やめよッカナ?キャンペーン」を行いリニューアルを図った。これが成功し存続が決まった。
新喜劇を見ていない人にとってはお決まりの一発ギャグの応酬というイメージかもしれないが、そういったギャグは年々減ってきている。シチュエーションで笑わせたり、掛け合いのギャグで笑いを取ったりするボケが増えている。
座長は複数人いて、座長と脚本家が一緒に話し合って出演者と内容が決められる。そのため座長によって出演者や雰囲気は大きく異なる。

超!よしもと新喜劇

いわゆる吉本新喜劇の東京進出を賭けて1998年にTBS系列で木曜日20時台で始まったのだが、本来は「劇場公演」を収録したのが番組としての「よしもと新喜劇」なのだが、こちらは「テレビを主体とした」作りだった為、新喜劇メンバーは大きく困惑した。それでも死ぬ気でやっていたものの、本来の新喜劇の持ち味が出せずに何度かテコ入れしたものの結局受け入れられなかったのである。
この番組のせいでメインとなる座長達が東京単身赴任の形になってしまい、本家の「吉本新喜劇」にまで質が落ちる等の悪影響が出てしまった。

座長

※2020年時点


過去の主な座長

  • 未知やすえ(時折「女座長」公演を行う・内場勝則の妻)
  • 烏川耕一(座長公演経験あり)
  • 高井俊彦(座長公演経験あり、漫才コンビ「ランディーズ」)

  • 花紀京(故人)
  • 財津一郎(1969年に吉本興業を退社。)
  • 木村進(故人)
  • 間寛平(現在は特別公演や地方公演などに不定期に出演する。)
  • 石田靖(現:ルミネtheよしもと新喜劇座長)

座員

チャーリー浜
安尾信乃助
中山美保(体調不良に伴い休養、在籍のまま2017年没)
井上竜夫(在籍のまま2016年没)
やなぎ浩二
若井みどり(元女流漫才コンビ「若井小づえ・みどり」)
末成由美
楠本見江子
島木譲二(2011年の年明け以降、体調不良に伴い休養、在籍のまま2016年没)
島田一の介
Mr.オクレ
浅香あき恵
帯谷孝史
しゃーやん
高橋靖子
五十嵐サキ
宇都宮まき
青野敏行(元・東映ニューフェイス、漫才コンビ「ポテトフライ」。南方英二(チャンバラトリオ)門下。)
中田はじめ
中條健一
島田珠代
秋田久美子
中川貴志(漫才コンビ「ランディーズ」)
西川忠志(西川きよしの長男)
アキ(お笑いコンビ「水玉れっぷう隊」)
諸見里大介(元・お笑いコンビ「ハム」)

元座員

※2020年現在、現役は太字吉本所属は☆。
花菱アチャコ(漫才コンビ「エンタツ・アチャコ」) 
青芝フック(元「漫画トリオ」二代目横山フック) 
ヘレン杉本(現・西川ヘレン、西川きよし夫人)
坂田利夫☆・前田五郎(元・漫才コンビ「コメディNo.1」)
岡村隆史ナインティナイン
千原兄弟千原せいじ千原ジュニア
バッファロー吾郎(竹若元博、木村明浩)
リットン調査団(水野透、藤原光博、現・ルミネtheよしもと新喜劇メンバー)☆
レイザーラモン出渕誠住谷正樹)☆
今田耕司☆(現:ルミネtheよしもと新喜劇座長)
木村祐一☆(現:ルミネtheよしもと新喜劇座長)
東野幸治☆(現:ルミネtheよしもと新喜劇座長)
130R☆(現:ルミネtheよしもと新喜劇座長)

大村崑 芦屋小雁 中山千夏 白木みのる 西川きよし☆ 木下ほうか なかやまきんに君 


関連タグ

吉本興業
乳首ドリル

関連記事

親記事

吉本興業 よしもとこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「吉本新喜劇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 502982

コメント