ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

相撲部屋に所属して四股名を持ち、番付に関わらず大相撲に参加する選手の総称。
本来は神事に関わる者であるため、から特別な神通力)を授けられたサムライ)という意味で「力士」と呼ばれる。
親愛尊敬をこめて「お相撲さんおすもうさん)」とも呼ばれる。
元来は大関のことを指す異称であり、現代では主に幕内(十両以上)を指す。

また日常会話では単にデブのことを「力士」「関取」などと呼ぶこともあるが、強い力士の体脂肪率は20%台程度という筋肉の塊といえるマッチョガチムチであり、デブとは別物と言う事は知っておくべきである。

※体脂肪率20%台は男性の標準値~やや高めと言った程度で、さらにそのほとんどが皮下脂肪であり余分な内臓脂肪が付いていないという点でもデブとは全く異なる。

まぁ力士を含めた無差別級格闘家(彼等にとっては本気で脂肪は鎧である)と一部陸上競技重量挙げ投擲競技等)以外のアスリートは10%以下なんてのも多いが。また引退後に、筋肉が減っても脂肪はそのままで相対的に体脂肪率が増える事も多く、こうなると正真正銘のデブである。

職業上の身分については、基本的に個人事業主(フリーランス)である他のプロスポーツ選手とは異なり、日本相撲協会から雇用契約に基づき給与が支給される被雇用者(サラリーマン)である。このため、横綱であっても本業の年収は各種手当込みでも4,000~7,000万円にとどまり、億単位の年収になることはない。
そのかわり自腹で支払う経費や、申告消費税の納税義務などがないため、手元に残るお金で言えば億単位の年収を稼ぐ他のスポーツ選手と遜色がないのでは、という見方もある。

さらには、個人スポンサーである「タニマチ」の制度が残っており、横綱であれば衣食住(さらには贅沢品)のほとんどをタニマチの提供で賄えることが多いため、実際の支出額はさらに低いと思われる。

四股名は「山」「川」「花」「海」といった文字を盛り込んだり、出身地の地名、自然現象の名前をつけるが、佐渡ヶ嶽部屋の「琴」など部屋ごとに四股名に決まった文字をつける例もある。
自働車」「自轉車 」「文明 開化」「膃肭臍」など珍名をつける力士もいたが、天明期の看板大関だった「相引」、昭和から平成に活動した「玄海 桃太郎」「前進山 良太」(共に最高位・十両)の例もあるが成績はいまいちだった力士も多い。

記事のある力士一覧

(※引退した方々も含む。横綱・大関は番付最高位。太字は現役。)

横綱

雷電爲右エ門※1.小錦(初代)男女ノ川双葉山
若乃花(初代・2代・3代朝潮(3代)大鵬輪島
北の湖千代の富士双羽黒北尾光司北勝海
大乃国旭富士貴乃花
武蔵丸朝青龍白鵬日馬富士
鶴竜稀勢の里照ノ富士


大関

雷電※1.朝潮(初代・2代・4代小錦(6代)※2.霧島
武双山出島千代大海魁皇
琴光喜琴欧洲把瑠都琴奨菊
豪栄道高安栃ノ心貴ノ浪
貴景勝朝乃山正代


その他関取(幕内十両経験者)

高見山荒勢栃乃和歌安芸乃島舞の海
高見盛若の里戦闘竜北桜時天空
豊真将力道山天龍花嵐玉麒麟
貴闘力栃乃洋旭天鵬阿覧安美錦
朝赤龍隆の山豪風蒼国来豊ノ島
臥牙丸大砂嵐
玉鷲千代大龍千代の国妙義龍
松鳳山徳勝龍琴勇輝逸ノ城遠藤
魁聖隠岐の海阿炎御嶽海千代丸
千代鳳炎鵬


幕下以下

華吹 木ノ村 上田山 綱ノ富士 播磨灘 北道山 
※播磨灘・北道山は漫画『ああ播磨灘』の登場人物から名前を取った。

プロレスラーに転向

力道山ラッシャー木村上田馬之助グレート小鹿
ロッキー羽田天龍源一郎田上明大黒坊弁慶
輪島大士戦闘竜北尾光司曙太郎
樋口和貞


芸能界に転向


脚注

※1.『雷電爲右エ門』は横綱制度確立以前の力士で「無類力士」として顕彰。(最高位は大関)
※2.大関の『小錦八十吉』は初代の横綱を含む幕内力士としては3人目の小錦、十両以下を含めては6人目の小錦。また芸能界では『KONISHIKI』の芸名も使用。

関連タグ

大相撲 相撲 お相撲さん おすもうさん 女相撲 スモウレスラー SUMOU
デブショタ デブ 動けるデブ 相撲艦隊
筋肉 マッチョ ガチムチ 筋肉祭り

関連記事

親記事

相撲 すもう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「力士」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「力士」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1416712

コメント