ピクシブ百科事典

照ノ富士

てるのふじ

モンゴル出身の大相撲力士。第73代横綱(令和初および平成生まれ初の横綱)。
目次[非表示]

人物

「照ノ富士 春雄」(てるのふじ はるお)は、モンゴルウランバートル出身の大相撲力士。
本名は「ガントルガ・ガンエルデネ」。1991年(平成3年)11月29日生まれ。身長191cm、体重180kg。第73代横綱。

好きな食べ物は牛タン。嫌いな食べ物はカレーライス生魚
普段は下がり眉の優しい表情をしているが、取組前は眉の角度が一変し、のような形相になるのが彼の特徴。

経歴

入門まで

親戚白鵬父親と仲がよく、その縁で柔道を始め相撲にも興味を持つようになる。当時モンゴルは朝青龍の活躍により空前の大相撲ブームであったため「自分も日本に行きたい」と思うようになる。2009年鳥取城北高校留学生を募集した50名の中で優勝し、この際に準優勝した逸ノ城と同じ飛行機来日。同校1年のクラスに入った。

順調な昇進

2010年に間垣部屋(当時)に入門。幕下昇進まで、全ての段を1場所で通過するなど順調に出世2013年に間垣部屋の閉鎖により、伊勢ヶ濱部屋に移籍した。
2015年に1月場所の東前頭2枚目から、3月場所には一気に関脇昇進。36連勝中だった横綱白鵬を破り、5月場所では優勝を果たした。これにより大関に昇進。三役2場所での大関昇進は、年6場所制になった1958年以降では初となるスピード出世である。

苦難からの復活優勝

このまま最短で横綱になるのか……とも思われたが、2015年9月場所で負傷。以降は主に膝の怪我に悩まされ、2017年9月場所において2場所連続負け越しを記録。大関から陥落した。直後の11月場所に出場する場合は大関特例復帰の条件が与えられていたが、途中休場したため1場所での復帰とはならなかった。更に糖尿病、腎臓結石など内臓系の病気も発症した為その後も番付を下げ続け、十両8枚目の番付で臨んだ2018年5月場所では1勝もできず、昭和以降の大関経験者では初めて幕下へ陥落することがついに決まった。
2018年7月場所に前後して両膝の手術を受け、それ以降は復帰を見据えて治療とトレーニングを行った。4場所連続で全休したため、三段目から序二段まで陥落した。

しかし、2019年3月場所から復帰。連続勝ち越しを順調に続け、2020年1月場所で十両へ同7月場所で幕内へ復帰、当場所では幕内優勝を果たした。三役・関脇の地位に戻っていた2021年3月場所では通算3回目の幕内優勝を決め、特例なしでの大関復帰が決まった。更にその大関に復帰した2021年5月場所では、幕内連続優勝。綱取までリーチをかけ、同場所で発覚した朝乃山及び竜電の不祥事による出場停止処分による暗い話題を吹き飛ばした。

当たり前の話ではあるが、長い大相撲の歴史の中でも「大関から序二段まで陥落し、なおかつそこから幕内優勝を複数回果たして、大関に復帰」という異例尽くしの偉業を成し遂げた力士は彼だけである。
しかも、故障を抱えながら、序二段に落ちてから僅か2年というスピード出世ならぬスピード復帰でもある。

令和初の横綱へ

綱取りをかけて挑んだ2021年7月場所。
照ノ富士は気負いもなく白星を積み重ね、この場所に復帰した白鵬とのマッチレースとなった。
14戦全勝で両者並んだ千秋楽(7月18日)は、勝った方が優勝となる大一番となった。
しかし白鵬のなりふり構わぬ気迫と意地に敗れ、3場所連続の優勝はならなかった。
それでも横綱審議委員会(横審)は照ノ富士を満場一致で横綱に推挙し、ここに、令和時代初および平成生まれ初の横綱が誕生した。
モンゴル人横綱は史上5人目。また、一度大関から陥落しての横綱昇進は第57代横綱三重ノ海以来となる。
その後、日本国籍を取得。
引退後も親方として日本相撲協会に残れることが決定した。


関連タグ

大相撲 力士 モンゴル 横綱 挫折 復活 返り咲き

旭富士:第63代横綱で師匠。奇しくも平成初の横綱でもあり、師弟揃って改元後初の横綱となった。
日馬富士:第70代横綱で兄弟子。横綱昇進を決めた時の相手はこちらも白鵬である。

関連記事

親記事

横綱 よこづな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「照ノ富士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6367

コメント