ピクシブ百科事典

白鵬

はくほう

大相撲第69代横綱。貴乃花と並ぶ「平成の大横綱」の一人。
目次[非表示]

概要

1985年3月11日モンゴルウランバートル市出身。宮城野部屋所属。
戸籍上は「白鵬翔(はくほうしょう)」であり、本名は「ムンフバト・ダヴァジャルガル」

モンゴル相撲力士の父と元外科医の母の間に生まれ、当初はバスケットボール等をやっていたが15歳の時にどうしても相撲をやりたくなり、故郷の先輩である旭鷲山の引きで来日。当時は小柄だったためギリギリまで部屋が決まらず、来日の仲介をした旭鷲山の懇願で現在の部屋に決まった。2001年3月場所に初土俵を踏むも5月場所で負け越すなど当初は苦難が続いたがやがて体格も技術も向上し急速に地位や人気を上げて行く。
2007年名古屋場所から横綱となる。土俵入りは不知火型で、当初は「不知火型の横綱は短命になる」とうジンクスもあったために心配されたが今は白鵬や日馬富士が長く綱を勤めているためにそのジンクスも薄れている。

2010年には双葉山(69連勝)に続く63連勝を記録、2015年には大鵬(32回)を抜く、史上最多33回目の幕内優勝を飾った。優勝回数は現在も更新中、38回である(最近の優勝は2017年5月場所)。

30歳を過ぎてからは負けることが増え、舞の海から「衰え」を指摘されることもあったが、本人は逆に「それがどうした」と言わんばかりに優勝を重ね、放送中の優勝インタビューでそのことについて触れ、正面座席に座っていた舞の海を苦笑いさせたことがある。

今も前人未到の地を行く白鵬を近年は「孤高の横綱」と形容されることも多くなった。

人物

  • モンゴル出身の先輩でもある横綱朝青龍とは、土俵外で睨みあう一幕などがクローズアップされたこともあったが、目標であり、ライバルと思っていたという。それだけに彼が不祥事で急遽引退となった時は大きなショックを受け、涙を流す姿を見せた。対する朝青龍も引退後はツイッターにて15日間横綱としての勤めを果たした白鵬に対して労いの言葉を送るなど土俵の外では親しい間柄である。
  • 社会貢献に熱心で、地方巡業の際は福祉施設を慰問したり、東日本大震災の復興支援にも力を入れている。また、国際親善交流少年相撲大会「白鵬杯」を開催し、少年達に相撲を普及させることにも余念が無い。
  • 休日はチェスとテレビゲームに没頭する意外な一面がある。
  • もちろん相撲に関しても研究熱心で、大横綱の大鵬双葉山を尊敬している。その研究熱心さ故か近年は土俵上で「猫騙し」等の奇策も見られ、「横綱らしくない」とバッシングを受けることもある。
  • 2008年に東京フレンドパークにて内藤大助と共に出演し、双方持ち前の運動神経を生かしてグランドスラムを達成した。またダーツでパジェロの獲得も同時に達成している。


関連タグ

横綱 モンゴル 相撲大相撲 力士

pixivに投稿された作品 pixivで「白鵬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45378

コメント