ピクシブ百科事典

ボートを用意しろ

ぼーとをよういしろ

『メタルギアソリッドⅤ』の作中のセリフ。「一人乗りでいい。水と食べ物を」
目次[非表示]

概要

「ボートを用意しろ」とは、厄介者のヒューイを追放する為の台詞であり、島流しをさせる事である。本人は「お前たちこそ人殺しだ!」「まともなのは僕だけか!?」等と喚くが、ビッグ・ボスことヴェノム・スネーク達はそんな事もお構いなしに、彼を乗せたボートを海に放ったのである。
MGSVをプレイした事が無くても、この台詞を聞いた事がある者も多い。

pixiv等をはじめをしたSNS関連でメタルギアシリーズ(特に儀式の人関連)のイラストや動画のコメントで、ヒューイ風ツッコミ(例「何がビッグ・ボスだ!ただのSARUじゃないか!まともなのは僕だけか!?」)がされた時にその返答を「ボートを用意しろ」と返すのである。場合によっては続けて「一人乗りでいい」や「水と食べ物を」をいう時もある。誤表記で「水と食料を」と誤認する者もいる。

当該の場面

未プレイ・未視聴の方はブラウザーバックをお願いします

詳しい事は本人の記事にも書かれているが、作中の終盤にて、ダイアモンド・ドッグズにより裏切者のヒューイの裁判が行われ、次々と罪状が明らかになった。

罪状を読み上げられながらも必死に自分は無実と否定するヒューイ。
その判決をスネークが下すことになり、多くは死刑を望んでいたが、そのやり取りの流れが…。


スネーク「ボートを用意しろ 一人乗りでいい 水と食べ物を」

ミラー「ボス?」

スネーク「出て行ってもらおう」

ミラー「おい……俺たちをこうした、張本人だ!あの時の仲間も……なのにこいつだけは……こんな奴が俺達の、本当の敵なんだ!」

スネーク「カズ……そう、こいつは敵だ。仲間じゃない。だからこそ、俺達にこいつは裁けない。ただマザーベースは降りてもらう」



その後は、僅かな水と食料を与えられたヒューイはインド洋に流されていったのである…。

裁判の流れを見れば彼があのままでは処刑されていたのは間違いなく、一応はヴェノムに命を救われた立場であるにも関わらず、その事に感謝するでもなく安堵するでもなく最後まで自身の正当性とヴェノム達への非難を喚き、そのくせボートが沈みそうになると、それまで命より大事だと言っていた自身の歩行ユニットを迷う事なくあっさりと海に投げ捨てて去っていった(オセロットからは、「既に無くしたファントムすらも捨てた」と評された)。

それは『自分の脚で立って自立した人間になれ』と、発破をかけられた前作のラストに対する最悪の解答とも言える惨めな最後だった。

本当に処刑すべきことだったか?

結論から言えば、カズが自身の中にある「報復」や「幻肢痛」を和らげようと、それらを作り出した元凶を正統的な理由で殺す為に「裁判」を作った可能性が高い。

9年前のマザーベース襲撃の件でヒューイが裏切ったという根拠は、そもそも襲撃の原因になった偽の核査察団の受け入れを、何故かビッグ・ボスやカズに事前に確認もせずに独断で進めたのがヒューイであり、さらにマザーベースに武装解除をさせた上で、査察団に偽装したXOFを案内し、マザーベースへの攻撃開始の前後で姿を消したからというものである(ヒューイは車椅子に乗っている為に、当然ながら誰かの手を借りなければ失踪などできない)。加えてその後のヒューイは、実際にサイファーやスカルフェイスの下に渡って、代理A.Iやサヘラントロプスの研究・開発を行っていた事も判明している。確かに限りなくクロに近い上に、何の関係性も無かったと考えるのは無理があるが、同時に完全なる裏切り者だと言い切れる明確な証拠は不足している(とはいえこの件に関しては、故意にしろそうでないにしろヒューイ自身の過失が大きかったのは事実なので、何らかの罰を与えないと周囲に示しがつかないというのは当然の判断だと言える)。

イーライの脱走の件は「ヒューイが手引きをした」というより、どちらかと言えば「イーライがヒューイを利用した」可能性の方が高い(イーライの側に人の心を読む事ができる「第3の少年」がいたのだから尚更である(ただし、この件に関しても仮に利用されただけだとしても、実際にマザーベースに大損害を齎したのは間違いないので、やはりヒューイにも責任がある事には変わりはない)。

ストレンジラブ殺害や息子のオタコンを実験台にしていた件については、そもそもダイアモンド・ドッグズとは一切関係がなく、更に録音したテープのストレンジラブを閉じ込めた下りでは、不自然なノイズもちらほら観えるなど、ヒューイを処刑する為の印象操作に利用したとも考えられる。

そして声帯虫の変異誘発は、カズが「異変を発生した装置の検品した人間がヒューイ」だと決めつけているだけで、明らかにヒューイの状況や声帯虫の知識の乏しさを無視している(ただしヒューイは、声帯虫を開発した人物と裏で内通していた事が明かになっているので、彼女の入れ知恵だった可能性は充分考えられる)。

裁判のやり方も明らかに「魔女裁判」の形そのものである事や、追放後のカズとコードトーカーの会話で「自分の中にある痛みを和らげようとした結果、声帯虫の異変を引き起こしてしまった」という台詞から、「ヒューイを自分達と同じ目に遭わせる為の、カズによるカズの為の裁判」が作り出されたとしても、何ら不思議ではない。
今作の時点のヒューイは、確かに最低の人間に成り下がっていた上に、取り返しのつかない事をやらかし続けた人物である事には間違いないが、犯した罪状がどこまで本当に彼がした事なのか、あるいは故意に行われたものだったのかが確定的ではない以上、処刑までするのは明らかに私情に近い。しかし周りの人間達の中には、誰もカズやオセロットの「ヒューイの処刑」を止めようとする者はいなかった。

殺してしまえば、ヒューイの言う通りの「ただの人殺し」になりかねない。かといって、相応の罰を下さなければ誰も納得はせず、ダイアモンド・ドッグズという組織の統制が取れなくなってしまう。ビッグ・ボスの「ボートを用意しろ」という発言と決断は、そういった状況の中で導き出された適切な判断だったのである。

実際に、その後のDD内でのスタッフ同士の会話を聞くと、ビッグ・ボスがヒューイを追放した件については、「ヒューイは殺されて当然の男だった」「だが、スカルフェイスが死んでも次の矛先を捜しているミラーのようにはなりたくない」「その点ボスは冷静だった」とスタッフ達の間では評されており、この件についての最終的な総評はこれが全てだとも言えるだろう。

関連リンク

ニコニコ大百科(詳しい解説。ネタバレ注意)

関連動画




関連イラスト

こちらスネーク2016
MGSV:TPP



関連タグ

MGSV ヴェノム・スネーク ヒューイ(MGS)
カズヒラ・ミラー ダイアモンド・ドッグズ 儀式の人

関連記事

親記事

ヒューイ(MGS) ひゅーい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ボートを用意しろ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84021

コメント