ピクシブ百科事典

スカルフェイス

すかるふぇいす

『メタルギアソリッドV』に登場する人物。素顔を消し去った亡者。
目次[非表示]

CV:土師孝也/James Horan

人物像

 黒いチェスターコートに黒スーツ、黒いテンガロンハット、黒い手袋、黒いブーツと全身黒ずくめであるが、その素顔は白く焼け、頬の肉は焼け落ちて裂けてしまっており(いわゆるグラスゴースマイル)、通り名そのままに髑髏のような顔になっている。レバーアクションライフルを愛用しており、その姿を見た兵士達からは「西部劇」と評された(GZのメインミッションでパスを助けた後、地下で話す兵士2人の会話を参照)。

 『MGSVGZ』にてビッグボス達を罠にかけ、配下となる謎の戦闘集団XOFを率いてMSFを襲撃し壊滅させた張本人。拷問や尋問で相手の弱みをつけこんで利用する手管に長けており、ビッグボスをマザーベースから誘き出す為とはいえチコを嬲り、パスを散々陵辱した挙句に人間爆弾として利用するなど、スカルフェイス個人も極めて残忍で狡猾な性質の持ち主。
 「報復」と「言語」について強く執着しており、「他人の言葉に寄生する者達にはその報いを与えなければならない」という信念を持つ。

 ビッグボスやゼロ少佐について、まるで面識があるかのような発言をしているが…?

 『MGSPW』から暗躍していた非政府諜報機関サイファーの一員であるようだが、サイファー中枢の暗殺を仄めかすような発言をしており、スカルフェイス独自の思惑があるらしい事が窺える。

 GZでは素顔を晒していたが、TPPで再登場した際はアイマスクを着用している。

XOF

 スカルフェイスが率いる謎の集団。かつてゼロ少佐が設立したFOXのマークをそっくり反転したようなマークを部隊章としており、FOXと何かしらの関連があることが示唆されている。
 CIAと繋がりがあり、またサイファーの下位組織でもあるようだが…?

出自

 本名は不明。戦時下の小さな村(のちにコードトーカーとの会話やオセロットの調査でハンガリー語圏の北トランシルヴァニアだった事が明かされている)で生まれ育った。
 ハンガリーがソ連に占領される前、家族が働いていた工場へ遊びに行ったところを空襲で焼け出され、炎上した菜種油を浴びて全身の皮膚を失った。(現実で火傷を負った場合、全身の四割を覆うほどの火傷でも死に至ると言われている。ましてやスカルフェイスのように全身の皮膚を失うほどの大火傷であればまず生き延びられない)それ以来スカルフェイスの皮膚は現実のものを感じる事が無くなり、今もなお全身を焼かれるような幻痛(ファントムペイン)を感じているという。

 また北トランシルヴァニアは元々はハンガリーの国土であったものが第一次大戦後にルーマニアに併合され、1940年代になってハンガリーへ割譲された。さらに第二次大戦中のハンガリーはナチスドイツの白色テロによる支配を受け、戦後はナチスドイツに代わってソ連によって占領されるという複雑な歴史を持っている。
 そんな中で生まれ育ったスカルフェイスは、支配者が変わる度に異なる言葉を話す事を強制され続けたことで、自分の考え方や自我、記憶もまた変容していったことを自覚しており、「人間の精神や記憶、人種は言語によって規定される」という考えを持つようになる。(ちなみにスカルフェイス本人は「人は国に住むのではない、国語に住むのだ。国語こそが我々の祖国だ」とエミール=シオランの言葉を引用しているが、スカルフェイスの考えそのものはエドワード=サピアやベンジャミン=ウォーフによる「サピア=ウォーフの仮説」と呼ばれるものに近いものである)

 人間としての姿形、家族や友人といった人間関係、そして祖国を失った上に、母語を喪ったことで元来の人格までもを歪められてきた結果、スカルフェイスは自身のルーツや存在証明となるものの大半を理不尽に奪われてしまったのである。
 忘れること・忘れられることの恐怖を誰よりも知っていることから、自分も含めた故郷の人々の記憶が世界から忘れ去られる事を恐れており、それがスカルフェイスの行動原理になっている。
 
 ハンガリー語圏出身である為、台詞にはごくまれにハンガリー語が混ざっている。GZではテープ内でハンガリー語(海外のファンからはロシア訛りのハンガリー語であることが指摘されている)を喋っており、またTPPでも声の工場にてハンガリー語を喋っている。

別名・表記ゆれ

素顔を消し去った亡者

関連タグ

MGSV ビッグ・ボス スネーク ゼロ少佐 XOF FOX サイファー 髑髏

正体(ネタバレ注意)




















 かつてはゼロ少佐の腹心であり、スネーク達FOXを援護する裏方として暗躍してきた人物。成人後はハンガリー動乱に起きたソヴィエトのスパイ狩りに便乗し、空襲の原因ともなったハンガリー国内のスパイや占領国軍を殲滅した後に西側へ亡命、当時SASを率いていたゼロ少佐と合流しゼロの副官となった。

 スカルフェイスが率いるCIA管轄下の対テロ特殊部隊XOFの正体は、本来はFOXを援護する為にゼロ少佐が設立した極秘の非正規特殊部隊で、それを率いるスカルフェイスはゼロ少佐から「XO(eXecutive Officer、「副官」の意)」のコードネームで呼ばれていた。
 ビッグボスを「律義な男」と評している通り、スカルフェイスはビッグボスがCIAにいた頃からビッグボスの存在を認識していたが、直接の面識はなかったようである。


 スネークイーター作戦でアメリカに渡った「賢者の遺産」の用途について、ゼロ少佐から愛国者達SOPシステムの構想を聞かされる。しかし、ゼロの目指す「無意識を統制することによる統一世界」とは即ち、サイファーの支配基盤であり現代の世界共通語(リングワ・フランカ)となりつつある「英語」によって民族も文化も画一化された統制社会であり、過去に幾度も為政者たちの都合で自分達の言語を無理やり奪われ、変えられ、自我を歪められ続けてきたスカルフェイスにとっては耐え難い暴虐に他ならず、密かに反旗を翻した。
 ゼロ個人に私怨があったわけではなく、むしろ恩人とさえ思っていたが、スカルフェイスが最も憎む行為である「言葉」を他人に植え付けるという行為、そしてその力で人々を支配する情報操作の体現者こそがゼロであったことが離反の決め手となった。
 
 独断でMSFを壊滅させた責を追求されて南アフリカに左遷されたスカルフェイスは、サイファー中枢から離れたことを逆手にとってXOFをほぼ私兵化するなど巧妙に立ち回り、パスを尋問して得た情報から寄生虫を使ったトラップでゼロを襲撃、再起不能に追い込む。
 その後、ヒューイと寄生虫技術の生みの親たるコードトーカーに研究を強制し、特定言語の発話者を抹殺する寄生虫兵器「声帯虫」や、金属を代謝して高速に変化させる極限環境微生物「メタリックアーキア」、そしてメタルギア・サヘラントロプスという成果物を自分の下に独占することに成功する。
 そして、中部アフリカにて少数言語民族の粛清のための「民族浄化虫」として遺伝子改変の実験中だった声帯虫を秘密裏に改良、「英語」を世界から駆逐する「民族解放虫」を作り出し、ウラン濃縮アーキアを利用した核兵器手作りキットの量産及び世界中への拡散とメタルギア・サヘラントロプスによる相互核抑止の飽和を招く事で、大国支配からの民族解放「世界を報復で一つにする」という野望を実現しようと画策する。
 だが、計画の最終局面にてビッグボスと対面した際、イーライの報復心に同調した第三の子供の裏切りで野望は潰え、暴走したサヘラントロプスが踏み潰した鉄骨の下敷きとなって重傷を負う。
 動けないまま虫の息となっていたところを、カズとビッグボスから報復として自身のライフルで腕と脚を撃ちちぎられ、放置されたところをヒューイによってトドメを刺された。

 全身の火傷を治療する為に寄生虫補完(パラサイト・セラピー)を利用していたことで擬似的な不死身となっており、射殺された後も体組織の生命活動自体は継続していた為、スカルフェイスの遺体はコードトーカーによって念入りに焼却された。

 こうしてこの世から完全に消滅したスカルフェイスだったが、スカルフェイスが撒いた報復心と影響力は残り続け、のちのMGSシリーズ全体に大きな禍根を残すことになる。

 総じて、MGSVのテーマである「人種」と「復讐」、そして裏テーマである「言葉(VOICE)」を色濃く体現するキャラクターといえる。
 国家や権力によって全てを奪われてきたという点において自らの境遇をザ・ボスと重ねていることから「ゼロ少佐による『ザ・ボスの遺志』の解釈は間違っている、自分こそが最も理解している」と自負しており、事実、スカルフェイスの唱えた「世界はありのままでいい」という考えは、皮肉にもゼロはおろかビッグ・ボスですら最後の最後になるまで辿り着くことができなかった彼女の真意に最も近いものであった。

解説動画

 youtubeにて彼(厳密には彼を演じた土師氏)が解説するTPPの公式プレイ動画が公開されている。
 彼が解説するのはサイドオプスのマサ村落周辺の戦車部隊戦とセラク発電所の傀儡兵戦の二つ。
 スカルフェイス風のしっとりとした味わいのある喋りをするかと思いきや、声こそスカルフェイスっぽいもののリアクションは非常にコミカルで、実にキャラ崩壊が激しい「腹筋を殺しにかかってくるスカルフェイス」をお見舞いしてくる。
 特に後者でスカルフェイス自身も一枚噛んでいる(動画中はネタバレ防止もあって、自身の関与についてはぼかした言い方をしている)傀儡兵相手にガチビビリした挙句、傀儡兵がスネークに噛み付いてくるシーンで情けない悲鳴を上げる有様は視聴の価値アリ。その絶妙なヘタレ具合や独特の声色により、かつて土師氏が演じたアミバと呼ばれる事も。
 一方前者では落ち着いたしゃべり方や声が似ていることや、アクチラミン(発見された際敵の動きが遅くなる「リフレックスモード」を任意で発動できる薬品)を魔法学校では教わらない魔法のようなアイテム」と説明していることから、スネイプと呼ばれている。

マサ村落周辺戦車部隊戦


セラク発電所傀儡兵戦

pixivに投稿された作品 pixivで「スカルフェイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55367

コメント