ピクシブ百科事典

メタルギア・サヘラントロプス

めたるぎあさへらんとろぷす

メタルギア・サヘラントロプスとは、ゲーム「メタルギアソリッドⅤ THE PHANTOM PAIN」に登場する架空の兵器である。
目次[非表示]

機体解説

サイファーの管理下を離れたスカルフェイスが、ソ連と共にアフガニスタンで極秘裏に建造を進めていたメタルギア。
機体コードはST-84。STとはサヘラントロプスの略。
開発にはMSF崩壊後、XOFに囲われていたヒューイが携わっており、彼がその前に手がけたメタルギアZEKE、そして後に彼の息子のハルが開発するメタルギアREXにも通じる意匠を持つ。

アフガニスタンのような高低差の激しい地形での運用を目的とした「直立二足歩行兵器」として開発されており、これによってREX形態から直立二足歩行形態への移行が可能となっている。
その結果、サヘラントロプスは人間さながらの直立歩行や武器の携行を可能とし、その全高を活かして遠くから敵を発見・攻撃する事が出来る。
なお、この直立二足歩行形態は技術的な難易度の高さと、前述の高低差の克服を目的としていたため、他のメタルギアには搭載されていない、本機独自の機構である。

また、本機の装甲には劣化ウランが使用されている。
これは、装甲に含まれる微量のウラン235を、ウランを代謝する性質を持つ極限環境微生物「メタリックアーキア」によって急激に濃縮し、サヘラントロプスそのものを巨大な核爆弾として自爆させるためである。
劣化ウランに含まれるウラン235は本来ごく微量であり、核兵器に利用できるものではないため、あらゆる監視の目をすり抜けて輸出入が可能な一種のステルス核兵器なのである。
スカルフェイスにとっては、このウラン濃縮アーキアこそが重要だった。というのも彼の真の目的は、劣化ウランさえあればごく短時間で兵器グレードのウランを精製できる、いわば「核兵器手作りキット」を、核開発関連の技術を持たない小国に販売し、大国の核が持つ政治的・戦略的意義を封殺することにあり、サヘラントロプスはそのデモンストレーションの為に用意されていたに過ぎない。
彼の計画においてはサヘラントロプスの存在を世界に知らしめる事自体が肝要であった。

なお劣化ウランは比重こそ大きいが、装甲としては最適でなく、同じ重さではより硬い金属に防御力で劣る。(劣化ウラン装甲を採用した戦車として有名なM1エイブラムスは拘束セラミック装甲が作れずに仕方なく劣化ウランを採用したといわれている)そのためか、脚部や操縦席内部といった弱点以外に通常の火器が通用しない傾向のある他のメタルギアと異なり、(攻撃に弱い/強い部位はあるものの)概ねどの部位にも攻撃が通じる。

しかし、兵器の直立歩行というコンセプトは技術的観点から開発の難航を招いており、当初は有人制御を前提に開発されていたが、機体制御用AIを機体内部に組み込んだ結果、性能をそのままにサイズを十分の一までダウンサイジングしたにも拘らずコックピットは大人が入り込めないという致命的な欠点を抱えてしまう。(少年兵でようやく乗り込める程度のスペースしかなく、その為ヒューイは当時4歳にも満たなかった息子のハル(オタコン)を実験台にして、搭乗実験を行なっていた)
頭部を大きくすれば問題の解決はできるが、そうすると頭を支える体もそれに合わせて膨れ上がってしまう。結果、機体のサイズが現実的ではなくなってしまうために開発は行き詰まりを迎える。

その後もAI制御による無人操縦や遠隔地からのリモートコントロールなど複数の操縦方法が提案されたがいずれもデメリットの多さや技術力の不足が指摘され(AI制御は参考にしようとしたレプタイルとママルのハイブリッドAIが当時AIの開発者だったストレンジラブが既に死亡しており、ヒューイの手には余った、そして遠隔操縦の方は精度に難がある上にジャミングに弱くなるため兵器としての信頼性に欠けるため)不採用となり、最終的にピースウォーカー等と同じくAIを外付けする方向に仕様変更される事になる。
しかし開発にあまりにも時間が掛かり過ぎる事から(上半身を折りたたんで重心を下げたREX形態であれば辛うじて動かせたのだがそれ以上を求めるとなると必要なデータの量がバカにならなかった)スカルフェイスは未完成のままこの機体を持ち出し、自らの報復心に感応した「第三の子供」の超能力を以って無理やり稼働させていた。
第三の子供のサイキックはヒューイの想像を超えた機動性と人間的な挙動を可能とし、開発者であったヒューイやこれを実際に目をしたヴェノム・スネークらを驚愕させた。

とまあこのように本機ははっきりと言ってしまえば最初から欠陥品である。ここまでの解説を読んでいただければ一目瞭然だが本機は第三の子供がいなければ動くことすらなかった機体である。
そもそも上記の通りスカルフェイスの建造目的からして、最初からほとんど使い捨てのような機体である。

武装は頭部機銃、背部レールガン、股間部火炎放射器の他、右腕部パイルバンカーやメタリックアーキアの働きによって地面から爆発性の金属塊を隆起させることもできる蛇腹剣「アーキアル・ブレード」など、格闘戦を想定した装備が施されている。
腰部にマウントされた専用投擲弾「アーキアル・グレネード」には腐食性のメタリックアーキアが充填されており、戦車やウォーカーギアといった機械兵器を腐食させて動作不可にしてしまう事が可能。
他にも脚部の誘導ミサイルとバックパックから発射されるサーチミサイルによって戦闘ヘリなどとも十分に渡り合える。
また、本編では使用していないがオプションとして腕部にマウント可能なシールドを携行する事も出来る。
装甲は他のメタルギア達と比較すると弱いが、それでも当時のソ連製戦車砲弾の大半を止めることができるだけの防御性能は有しており、歩兵の火器などではまず歯が立たない程度の堅牢さは持つ。

最初に戦うのはアフガンCBCからヒューイを回収する際だが、この時はレールガンとレドームが付いておらず、武装も頭部機銃とサーチミサイル以外は全てハリボテで使ってこない。
そのかわり倒すことが想定されていないのでかなり強い。だが、一応ある条件を満たすことで機能停止状態にすることは可能だし、部位HPがべらぼうに高いが部位破壊も一応可能。
本格的に戦うのは第一章のラストを飾る「サヘラントロプス」での戦闘。
本編で装備しなかったシールド以外の全ての武装を駆使してこちらを追い立ててくるが、部位破壊によってその部位に対応した攻撃が誘導性能の低下、発射数の低下、威力の低下、判定の弱化など様々な弱体化を起こす。
また、ある条件を満たすとサヘラントロプスが一時的に機能停止に陥り、そこに自動で空爆が仕掛けられ大ダメージを奪うことも可能。

ちなみに、初戦で機能停止したサヘラントロプスの真下にトラックを置き、トラックをフルトン回収すると、トラックが消滅するまで擬似的だがサヘラントロプスが持ち上がる

名前の由来、サヘラントロプス・チャデンシス

機体コードの由来となった「サヘラントロプス」とは700万年前に生息していた霊長類「サヘラントロプス・チャデンシス」に由来し、その骨格からはじめて二足歩行した霊長類、すなわち最古の人類であるとされている。
人類は直立二足歩行によって脳の巨大化、発声に適した気道の形状を獲得したといわれており、これが言語の獲得につながったとされ、スカルフェイスの標榜する「言語による民族解放」、あるいはMGSV:TPP全体の裏テーマである「言語(VOICE)」そのものの象徴となっている。

MGSVの時代設定は1984年であるが、現実にサヘラントロプス・チャデンシスの化石が発見されたのは2001年のことである。メタルギア世界においてサヘラントロプスの骨格は発見後にサイファーによって秘匿されており、サヘラントロプスという霊長類の存在は(少なくとも1984年時点では)一般に知られていないという設定になっている。

現実のサヘラントロプス・チャデンシスの化石について、大後頭孔が頭蓋骨の中央から下に向かってへ開いており、首ひいては脊椎が頭の真下から真っ直ぐ伸びていたと考えられる。これは直立歩行する上で必要な特徴といわれており、現実のサヘラントロプス・チャデンシスも直立歩行していた可能性が高い
(対してチンパンジーやゴリラなどの類人猿は頭蓋骨のより後方から斜めに向かって開いており、歩行時は前傾姿勢になるため直立歩行することができない)。
ただし発見されている化石が潰れた頭蓋骨しかなく、肝心の胴体や手足が発見されていないので、サヘラントロプス・チャデンシスが実際に直立歩行していたかどうかは未だ議論が別れている。

ちなみにサヘラントロプスとは「サヘルの人」という意味であり、中央アフリカのサハラ南端(サヘル)のチャドで発見されたことに由来する。また、“トゥーマイ”の愛称でも知られている。












顛末(ネタバレ)

初出は壊滅したハミド隊が隠し持っていた携行地対空ミサイルを回収するミッションの時である。このときは深い霧に覆われていたこともあり、全容がはっきりせずスネークを手で掴み、逆さ吊りにする程度で終わった。
スカルフェイスの報復心を仲介する第三の少年によって動かされていた本機だったが、最終決戦においてより強い報復心を持つイーライに反応。スカルフェイスからイーライの報復心で動くようになる。イーライの恨みを載せてスネークに襲いかかるも返り討ちにあい、その残骸はマザーベースの研究プラットフォームに安置されることとなった。
これによってサヘラントロプスの重量から研究プラットフォームは数フィートも海没してしまい、反論もあったが、スネークの意見ではこれを「報復を遂げた証」にするという意味合いがあったらしく、それを聞いてからは反論もなくなった。

一方でスカルフェイスの下からダイアモンド・ドッグスへ亡命したヒューイだったが、周囲の不信から本機への接触を禁じられていた。だが諦めきれないヒューイはマザーベースに保護された少年兵達を使って間接的に修理を敢行し、本人の予想を超える速さで修理は完了した。
そして、少年兵達を裏で操っていたイーライと、その報復心を仲介する第三の子供の力によって本機は奪取されて、彼らの蜂起とマザーベースからの脱走に利用されてしまう。

本編ではここで打ち切りに近い幕切れとなるが、開発段階ではオチとなる続きがあり、限定版にのみ『蝿の王国』というタイトルで作成途中のムービーやコンセプト・アートで構成されたディスクが付属している。
それによると、イーライと彼に賛同する子供達はともにある南国の島へとたどり着き、第三の子供によって手に入れていた声帯虫の英語株を散布して島に住む大人を排除、そこに子供だけの王国を築いて本機をその象徴とした。
だが実際はこれはスネークを誘い出すためのお膳立てであり、それを受けてたったスネーク、引いてはダイアモンド・ドッグズやさらにそこに介入してきたXOFとの全面戦争に発展する。
激しい戦闘の末に本機は両腕両足を失い、腰部が断裂して完全大破。もはや頭部以外鉄くずと化した残骸はダイアモンド・ドッグズによって回収されたが、その後の処分は語られていない。
いずれにせよ修理はもはや不可能なレベルで大破し、さらに仮に元通りに修理できたとしても、そもそも本機は第三の子供の力が無ければ動かすこともできないのでそのまま解体されて、資源として利用されるなりしたと考えるのが自然である。

















メタルギアサヴァイヴにて

メタルギアサヴァイヴにて再登場を果たした(再登場といっても蝿の王国後のまだ動く残骸だが)。
マザーベースとともにディーテ(本作の舞台)に飛ばされていたらしく機体の残骸丸ごと滝の下流付近に放置されていた。それをダンらカロン部隊の生存者によってロード・オブ・ダスト(本作のラスボス)を倒すため整備されていた。
主人公一同がセスによってその存在を知らされ回収に向かいダンと遭遇し、一時誤解をされ銃を突きつけられるがヴァージルの説得によって事なきをえる。

その後サヘラントロプスを回収に成功するが、塵の王(ロードオブダスト)を倒すべくなんと、サヘラントロプスで戦闘することになる(正確にはその残骸の武器を使用して戦うだけだが)。まずアーキアル・ブレードでロードの動きを止め装備されているレールガンで倒すという作戦、結果ロードの体の一部の切断に成功するもすぐに再生してしまった(ロードには死の概念が存在しなかったため)。

しかし次の作戦で死を理解したヴァージルがロードと一体化し死の概念を与え、再びレールガンで打ち抜く。結果、ロードを破壊することに成功する。ヴァージルは、ママルポッドやレプタイルポッドと同じく核戦争を想定されて設計されていたため破壊されずに済んだ。

しかしこれほどの威力を持つレールガンを喰らって一撃で死なないヴェノム・スネークは一体・・・。

スマブラ

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALではスピリッツとして参戦している。何故かこの機体のスピリッツを超化させると本機になる。
ビジュアルは直立二足歩行形態時のものである。

関連項目

メタルギア
MGS MGSV

関連記事

親記事

メタルギア めたるぎあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メタルギア・サヘラントロプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18149

コメント