ピクシブ百科事典

MSF

こっきょうなきぐんたい

コナミの潜入アクションゲーム『メタルギアソリッド』シリーズに登場する組織。
目次[非表示]

解説

正式名称は『Militaires Sans Frontières』。フランス語で国境なき軍隊という意味。

アメリカある組織から離反・出奔したビッグボスが、カズヒラ・ミラーと共に創設した民間軍事組織。
国家、組織、思想、イデオロギーに囚われることなく軍事力を必要とする勢力に必要なだけ供給し、そして戦うために生きる者達の理想郷となることを目的とした組織である。

1974年までは小隊程度の組織規模で傭兵部隊として活動しながら世界中を放浪していたが、ミラーの提案とコスタリカに侵入してきた謎の武装組織を排除するというガルベス教授の依頼を受けたことをきっかけに、コスタリカ沖の洋上プラントをマザーベースとしてその規模を大きく拡大。
他国や企業からの派兵要請に応じてあちこちに兵士を派遣する傭兵業を展開する他、直接的な戦闘のみならず、装備の整備開発や兵站・物資調達、戦闘訓練など、軍事に関わる様々な業務を遂行できるような後世におけるPMCの走りともいえる組織にまで成長した。
ただし、大型の兵器は自前で開発できる程の資金力や生産力は無いようでもっぱら鹵獲したものを配備するのがやっとであり、ZEKEに至ってはAI兵器のジャンクパーツを用いて建造という有様である。

トレードマークは二億五千万年前に存在した超大陸パンゲアと髑髏を模した物で、国家に帰属せず地球に自分たちの戦力を還元させるというビッグボス達の信念が込められている。

ちなみにレクリエーションとしてサッカーといった球技大会や隊員達の誕生会、お祭りといった行事をたびたび行っており、他にも洋上プラントに移動した際には食料確保ついでの魚釣りをする者もいる。
これらの数少ない娯楽で隊員達の結束力を養っている模様。

劇中の動向

MGSPW

当初はコロンビアのバランキヤ海岸のベースキャンプを拠点としており、組織の規模も一個小隊程度のものだったが、ガルベスの依頼の前金代わりにコスタリカ沖カリブ海に建造された海洋温度差発電研究のための洋上プラントを譲渡され、そこを改修・増設してマザーベースとして拡大していく。
人員もCIAから派遣されていた傭兵やクレムリンの意向で派遣されていたソ連兵を拉致・説得したり捕虜にされていたFSLNメンバーを奪還するなどして増強していたが、後に活躍を聞きつけた志願兵(そのキャリアも他国正規軍所属だった元軍人から研究員、看護婦、コック声優に至るまで様々)も来るようになる。

所属する兵士達はビッグボスやミラーから直接CQC訓練を受けており、個々人によって能力に差はあるものの、ほぼ全員がCQCによる戦闘を行うことができる。

装備品は鹵獲品の他、MSF内の研究開発班によって様々な武装が開発されて行くようになる。
このMSF研究開発班は何かと優秀であり、人員の強化によって開発レベルが上がっていくに連れて、ダンボール戦車からMP3プレーヤーケースレス銃レールガン電磁波兵器メタマテリアルなど1974年という時代設定では完全にオーバーテクノロジーとしか言いようの無いものまで作り上げる。(実在するレールガンに至っては、2014年現在も試作段階にある。メタマテリアルは現在も研究中である)
その技術力の高さで後述のMGSVでは空中投影式の情報端末iDROIDを完成させている。
さらに食料品に関してもボンカレードリトスマウンテン・デュー等を開発するようになっていく。いっそ食品企業でも立ち上げたほうが良いのではなかろうか。
挙句には雑誌までも装備として発行する始末。ほとんどはこの時代に無いはずの実在の雑誌だが大半はゲーム雑誌という謎のチョイスである。MGSPWを特集している雑誌の中で一冊のみ何故かラブプラスを特集している雑誌がある。ちなみに表紙は高嶺愛花
(勿論、これらはゲーム的なサービス要素であり、世界観を壊す程ストーリーに深く関わるものではない)

兵器群に関してもCIAやKGBからの鹵獲品が数多く存在しており、ソ連製BTR-60装甲車LVTなどに始まり、当時最新型のMi-24ハインドDT-72(それも最新鋭のERA・コンタークト1を装備している。なお1974年の物語世界から見ればT-72は前年に正式採用されたばかり、ERAに至っては82年にイスラエルが採用したのが世界初なので、時代的にはオーバーテクノロジーである)、試験運用のみのAH-56MBT-70の機甲兵力など、小国の軍隊をゆうに上回る装備を配備するまでになる。
(余談ながら、MGSVの端末用アプリのゲームではシャゴホッドピースウォーカーといった既存の兵器に加え、未来の兵器であるメタルギアRAY月光といった兵器も保有可能である)

さらに平和歩行計画関連の事件が収束した後、ザ・ボスの意志と決別したビッグボスの指示により、一介の民間軍事企業の範疇を大きく超えた存在にまで拡大したMSFの抑止力として、水没したピースウォーカーから回収した1メガトン級の核弾頭を搭載したメタルギアZEKEを建造する。

しかしZEKEの存在を察知した非政府諜報組織『サイファー』がMSFを自らの傘下にすべく介入してきたことをきっかけに、ビッグボスは彼らと彼らが創りあげようとする『時代の規範』に対抗するため、『規範の外側の世界(アウターヘブン)』を築くことを決意。際限無きMSFの戦力拡大へと傾倒していく。

MGSV:GZ

コスタリカの一件で核を手に入れたMSFだが、情報のリークにより、IAEA(国際原子力機関)の核査察団がマザーベースに訪れることになる。
IAEAの議題にも挙がっていない査察であり、NPT(核拡散防止条約)に加盟しておらず、国家ですらないMSFに対する査察に訝しむが、ヒューイが勝手に査察を承諾したことで様々な対策をしなければならなくなった。
その為、キューバの米軍租借地にある基地で尋問を受けているパスの救助は後回しにされた。
ZEKEは海中に、大型兵器は問題になりそうな兵士と共に陸上に隠され、セシールら民間人はヒューイを除いて帰国させるなどして、ベース外へと出された。
ストレンジラブはZEKEが完成し、AI研究が一区切りついたとして既に帰国。
FSLNのアマンダはキューバに出ていたため、帰還を遅らせることで査察団対策とした。
そんな中、方針に反して独自にパスの救出に向かったチコから救援要請があり、スネークは査察団が向かいつつあるマザーベースを出てチコとパスの救出に向かう。
しかし査察団と偽った謎の部隊XOFの襲撃により、マザーベースは崩壊し、多くのMSF兵の命は失われてしまう。

XOFの襲撃によるマザーベース崩壊は多くの目撃者がいたが民間武装組織の施設の炎上として報道され、同時に目撃された軍用機の存在は明かされることは無かった。
米国政府は関与を否定、IAEAは核査察の実施を否定、そしてMSFの顧客は取引の関係を否定した。

一方で、このマザーベース崩壊の最中、同じくマザーベースでもう一つのある大事件が発生していた・・・。

MGSV:TPP

MSFマザーベース崩壊後、XOF襲撃から生き延びたミラーを始めとするMSF残党が集って新たなる組織『ダイアモンド・ドッグズ』の基盤を立ち上げ、9年の昏睡から目覚めたビッグボスことヴェノム・スネークと合流。
スネークとミラー、オセロットの下でダイアモンド・ドッグズはアフリカ大陸東のセーシェル近海に建てられたプラントを新たなるマザーベースとして組織を拡大・発展させながらスカルフェイス率いるXOFとその背後にいるサイファーに報復戦を挑んでいく。

一方、表向きは炎上事故として報道されたMSF崩壊事件であったが、各国の情報機関にまでは完全に隠蔽することができておらず、MSFという『民間軍事会社』が存在していたことと国家に帰属しない戦闘集団である彼らが核兵器を所有していた事実は世界に大きな衝撃を与え、米ソ以外の国家の間でも核開発競争が過熱化するという結果を招いた。
また、金で軍事力の代替や汚れ仕事を任せることが出来るMSFが消えてしまった穴は、それまでの顧客たちにとってはもはや塞ぐことが出来ず、スネークが合流するまでの9年の間、冷戦が終局に向かい、新たに民族紛争テロといった不正規戦が頻発しつつある世界情勢も手伝って、MSFを模倣した傭兵企業であるPF(Private Force)が次々と生まれていた。(しかしスネーク達が志した理想とは似て異なり、彼らは唯、国の利益の為に消費される駒でしかなってない)
そうした状況は『合法的にビジネス化された戦争』という新たなる市場モデル、すなわち『戦争経済』を形成し始めていることが語られており、将来的にサイファーが築こうとする支配構造に対して良からぬ影響を与えるであろうことがオセロットによって予言されている

さらに歴史の表舞台から抹消されたとは言え、未だビッグ・ボスを信じ崇拝する傭兵達は相当数おり、そうした勢力の間では「ビッグ・ボスは自らを犠牲にする事でサイファーの危険性を知らせてくれた」という誤った解釈の都市伝説すら流れている有様であった。
(MSFの生存者の一部は独自にPFを作り上げたものもいるが、中には襲撃はMSFを捨てるための自作自演だと思い込んで敵対者となっているものもいる)
そしてBIGBOSSを崇拝している傭兵達の間では、” いつ日か核を持ち、自分達もサイファーに対抗する ”とした志した信念も広がっているが、それも戦争市場で生き抜くスローガンとして成り下がってしまっている。
だからこそミラーは、彼らを回収しBIGBOSSの生存と各PFに呼びかける事で、サイファーのBIGBOSSの暗殺への抑止力として成り立つ様にしている。
今作、多くの志願者を受け入れているのと、頻繁に解雇者を出しているのは、その筋で活動しているからだと思われる。

メタルギアサヴァイヴ

GZでのマザーベース崩壊時にワームホールが発生、兵士らと共にマザーベースの残骸はクリーチャーの徘徊する異世界へと転送されてしまう。

メタルギア

ダイアモンド・ドッグズがその後どう変化していったのかは不明であるが、1995年の南アフリカにおいてアウターヘブンが台頭した。当時FOXHOUND総司令官であったビッグボス裏で暗躍していた武装集団であった事が判明する。

メタルギア2ソリッドスネーク

アウターヘブン壊滅から4年後、1999年に謎の武装要塞国家「ザンジバーランド」が台頭してくる。
その正体はアウターヘブンで死亡したと思われたビッグボスが立ち上げた国家である事が判明。
ここで国境なき軍隊の歴史は一旦途絶えてしまう。

その後の顛末は→アウターヘブン


関連タグ

MGSPW MGSV
メタルギア
アウターヘブン

pixivに投稿された作品 pixivで「MSF」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34717

コメント