ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「セイ・ピース!」

CV:水樹奈々

概要

メタルギアソリッド ピースウォーカー(MGSPW)』のヒロイン

コスタリカの少女で、名前の意味はスペイン語で平和。ハイスクールに通う16歳でガルベス教授の教え子であり、料理が得意で、人差し指を鼻の下に当てる癖がある。


経歴(ネタバレ注意)

MGSPW

コスタリカに侵入していた謎の武装集団の基地に踏み込んでしまったところを拘束され、乱暴されるが自力で脱出してきた後、スネークが率いるMSF(国境なき軍隊)へガルベスと共に訪れ、彼らに武装集団の追放を依頼する。

コスタリカの地理や気候、歴史などに詳しく、ミッション前のブリーフィングファイルでは彼女からミッションの舞台となるステージについての特徴などを聞くことが可能。


マザーベースではなく寄宿舎から無線でスネーク達と連絡をとっていたが、物語終盤にコールドマンらに拉致され、人質にとられてしまう。しかしコールドマンに裏で協力していたガルベスことザドルノフが本性を表して彼を裏切り、スネーク達が駆けつけたことでなんとか事無きを得る。


スネーク達の活躍でピースウォーカー計画が阻止された後は行く宛も無くなったため、しばらくMSFのマザーベースで生活することになり、ゲームでは糧食ステータスが高く特殊スキル『家庭料理』を持ち、MSFでは糧食班に配置することで兵士達の士気を大きく上昇させることができるようになる。


MSFの兵士からも彼女の人気は高く、ちょっとしたアイドルのように丁重に扱われ、またある人物からは同性でありながら、寒気がするほどのいかがわしい目で見られていたという


ちなみにスネークとパスが一緒に浜辺でデートするイベントがあり、ある事をすると彼女の胸にパイタッチをしたり、眠らせた彼女をその上にホフクでまたがる事ができる(もちろんタッチすればビンタされるし、またがった状態で無線をかけると仲間達から非難轟々の嵐を食らう)。

ミッション完了の条件は2人用ダンボールに一緒に入るというもので、ダンボールをもぞもぞさせながら「恥ずかしいな……」と彼女がつぶやく

そして好感度を最大にした状態でクリアすると、次からは水着を着たパスと一緒にデートする内容になり、小島監督もとい、小島プロダクションは一体何を考えていたのかと言いたくなるミッションに変わる。


誰が呼んだかパスプラスである。






しかし物語のラストで驚愕の真実が明らかとなる。


その正体は謎の非政府諜報組織『CIPHER』の工作員。本名は「パシフィカ・オーシャン」で、CIAKGBに通じてCIPHERへと情報を流していた三重スパイ(トリプルクロス)であった。


「16歳のハイスクールに通う平和を愛する少女」というのも全てスネーク達を騙すためにCIPHERから用意された「設定」であり、実年齢は20代。

人差し指で鼻の下を指す癖も、上唇と歯茎に挟んだ嗅ぎ煙草の小袋の位置を直すためのものだった。


MSFのマザーベースに滞在しはじめた頃からザドルノフ脱走騒動を囮にし、スネーク達がMSFの抑止力として建造していたメタルギアZEKEを秘密裏に人間が搭乗できる有人型に改造して奪取。そして独自の戦力をもたないCIPHERの組織の確立まで、MSFを自分たちの戦力として傘下に入る事をスネークに要求するも断られたため、ZEKEから核を発射し、MSFのような何処にも属さない自由な軍隊を「危険な組織」だと世界中に認識させようとする。


しかしスネークとの対決で敗北し、コックピットから振り落とされ海に落ちそのまま消息を断った。


パスの日記

その後発見された彼女の日記からは、スパイとしてMSFに潜りこんだものの、過酷な訓練で生きるか死ぬかの環境で愛情の無い生活をしてきた彼女にとって、マザーベースでのスネークやカズヒラ・ミラーチコ達やMSFの兵士達とのコミュニケーションや、迷い込んだ野良猫に「ニューク」と名付けて可愛がるといった、最初こそ見下していたが、次第に和気藹々とにぎやかで平和な共同生活を本心で楽しいと感じていた様子を窺い知ることができる。


MSFのマザーベース内でお祭りが開かれることになった際は、カズヒラ・ミラー達とバンドを組んで彼が作曲した曲を歌う計画に参加させられたものの、彼女自身も密かに歌の練習をして当日を楽しみにしていた。

しかしCIPHERの計画開始命令が予定よりも早まってしまい、3日後のお祭りを無事開催させるために独断で計画を遅らせようと、メタルギアZEKEの脚部に破壊工作をして使用不能にしようとしたが、偶然現場をチコに目撃されてスパイである事がバレてしまう。


銃を手元に所持していた事から、彼を殺して口を封じることも考えたが躊躇して出来ず、たとえチコが言わなかったとしても他にスパイがいて組織に漏れる可能性もあると考え、涙を必死にこらえながら作戦を強行することになり、メタルギアZEKEに搭乗してスネークの前にラスボスとして現れる。


本作のラスボス戦で使われた曲はそのお祭り当日に披露するはずだった歌であったため、彼女の日記を読む事で、お祭りを迎えることができなかった彼女の無念・苦悩さや、ラスボス戦では敢えて悪役として振る舞い、強がっていた事が分かるようになっている。

ちなみに物語終了後は行方不明になるものの、システム上マザーベースの人員配置からは消えないので、人事面ではご安心を。


MGSV:GROUND ZEROES

カリブ海洋上を漂流中にベリーズの漁師に救助されたが、キューバ南端グアンタナモの米軍の収容キャンプに収監される。

CIPHERにより二重スパイの嫌疑を掛けられており(厳密にはこの人物の独断)、髪を剃られて痩せこけた姿になりながら尋問を受け続け、拷問に関しては音声だけでも耳を塞ぎたくなるほど凄惨なものであり、テープの内容から性的な陵辱をも何度も受け続けていたと思われる。

彼女の救出のためにチコが独断で向かうが失敗したため、二人を救助する為にスネークが敵の収容キャンプへ潜入する事になる。


チコの弁から死亡したと思われていたが収容所内で生存しており、スネークが救助に成功するも、その体内にはスカルフェイスによってトラップの爆弾が仕掛けられ、人間爆弾にされていた。

帰還中のヘリ内でチコがパスの異変に気付き、同乗していた衛生兵により腹部内の爆弾を麻酔無しで摘出される(なおこの開腹手術シーンは医療従事者が監修した本格的なもので、中の人の悲痛な演技のみならず、特に海外版では手術中に内臓の一部が体外へ飛び出し、目を覆いたくなるほどにショッキングな映像である)。(なお当の医療従事者は「もっと手荒く扱っても死なない」と言ってたとのこと。)

しかし体内にはもう一つの爆弾が埋め込まれており、それを知っていた彼女はスネーク達を救うために、自ら飛び降りて爆発したヘリと爆弾の炎の中に消えていった。


スタッフロール後のスカルフェイスとの会話はパス、チコ共に尋問されていた時の録音であり、「カセットテープ:チコの記録6」に収録されている。

また、この手術シーンの考証に携わった医者は「もっと強めに内臓をまさぐっても死にませんよ。」と言っていたのだとか。


ちなみに当初小島監督はパスの肉体が壊死して腐敗し始めている状態で登場させる予定だったが、案の定スタッフから猛反対を受け、現在の物に落ち着いたとのこと。


MGSV:THE PHANTOM PAIN

『GROUND ZEROES』で起きた出来事から9年後、ストーリーを進めると生きていることが判明し、仕掛けられた2つの爆弾は両方共除去され、奇跡的に生還しダイヤモンド・ドッグズのマザーベースの医療施設にて保護されている。

仕掛けられた場所はチコのテープや摘出時のムービー等から察するに、恐らくは女性にしか無い臓器だろう。


重大なトラウマから解離性同一障害などの記憶障害を引き起こしており、本来は潜入用に用意された「平和を愛する女子学生」という設定がそのまま自分の記憶となっている。

なお、スネークらの乗るヘリが撃墜した原因は敵のヘリからのロケット砲が直撃したためであった。


関係するミッションをこなしていくと写真を入手でき、彼女の元へ渡すと少しだけ話を聞くことができる(ただし話が終わると頭痛で寝てしまう)。

またそれと同時にパスの日記の続きのような別バージョンのテープをどこからか入手できる。

写真を見ていくにつれて彼女の記憶が戻っていくが、それと同時にパスの日記も内容が少しずつおかしくなり始め、それぞれ別の日に撮った物のはずなのに「平和の日まで後三日」と言った次のテープでまた「平和の日まで後三日」と言い始め、日記の中でパス本人すら「前も三日って言った様な」などと言い出す。

そして最後のミッションを終えてから彼女の部屋へ向かうと、自分で腹から何か抉り出そうとしている彼女に会うことになる(海外版は内臓の一部が出てくるなどかなりグロテスク)。

次の瞬間、腹から出てきたのは摘出したはずの爆弾であり、スネークが止めに入ろうとするも間に合わず爆発する。


そしてスネークが目を覚ますと、そこに部屋はなく鉄骨の上で気を失っていたことに気がつき、振り返ると壁にはピースマークが描かれており、一匹のモルフォ蝶が舞っている。目の前に来た瞬間蝶を掴むスネークだがそこにモルフォ蝶はおらず、壁のピースマークも消えていた。






実はパスはあの爆発で既に死亡しており、そもそもヘリで救出された時点で既に彼女は爆弾を埋め込むため、臓器の殆どを摘出された上で薬物で無理やり延命された状態で、保って数日の命という有様だった。


つまり、どんな奇跡が起ころうと、例えロケット砲の直撃が墜落原因というのが真実だったとしても、パスが今現在も生きているはずがなく、スネーク(ヴェノム)はずっとパスの幻(ファントム)を見ていたことになり、これは彼の正体に関わることで、もう一つの爆弾に気がつけなかった苦悩と後悔の結果からである事が示唆されている。


なお、幻覚である可能性はイベント前から示唆され、パスの病室内ではなぜか屋外と同じ波の環境音や、天候等によっては屋外同様に画面に水滴が付き、医療棟自体にも後にスネークが目を覚ます鉄骨のある場所の扉の傍にはピースマークが描かれ、医療棟のヘリポートから出撃する際に見ることが出来る。

さらに言えば、「ボス(スネーク)が誰も居ない建設中の区画に頻繁に視察に赴いている」というDD隊員の会話もある(ちなみに、パスの病室内で部屋の角にマーカーを付けて退出すると、マーカーの位置が何故か病室の外〈しかも海〉にある)。



……しかしこれが本当に全てがヴェノム・スネークの幻覚で片付けるには難しく、パスがカセットテープに想いを連ねているところを聴くと、彼の幻覚はパスが望んでいた未来を観ているに等しいからである。


恐らくMGSPWの時に見せたザ・ボスの魂がピースウォーカーに乗り移った時の現象と同じく、爆発の際に降りかかったパスの歯や骨の散らばった欠片がヴェノムの体内にめり込んだことによって、パスの幻肢痛を観せていたのかもしれない。彼女曰く、パスはヴェノムに幻肢ではなく心の一つとして生きていくと、カセットテープの記録(幻肢)として遺した。


その最後のカセットテープには「平和の日は来なかった」「このテープは貴方が望んでいた私の物」等と彼に呼びかけて答えているのだが、彼の名前を一度も呼んでいない為、パスもヴェノム・スネークの正体を知っていたのかも知れない。



ちなみにDDの新たなマザーベースには、各所で彼女がモチーフとなったと思われるイラストポスターがいくつか貼られ、中には彼女をアイドル(もしくは魔法少女)化したものまである。


無題魔法の呪文 セイ ピース!


恐らくは彼女を知る元MSF兵がデザインしたのであろうが、MGSVでは仲が良かったMGSPWの時とは打って変わり、組織の裏切り者として嫌悪していたカズヒラ・ミラーがマザーベースにこれらの貼り出し許可している辺り、彼にも思うところがあったようで、かつてのMSF兵からもそれだけ愛されていたのだろう(実際、ミッション中で放浪する生き残りの元MSF兵に彼女の関連するある事をすると、敵対せずにこちらへ寄ってくる)。


ただ彼女の絵の他にも、裏切り者とされるヒューイに繋がるとされて嫌われているクワイエットすらデフォルメしたデザインもあり、描いた兵士やカズヒラはこれらを認められる人格者となってしまうが。



なお余談だが、小島秀夫氏はTwitterで「パスを『ラブプラス』に転校生として登場させてほしい」と冗談なのか本気なのかわからないツイートをした事があり、メタ的にはゲーム中で登場する上記のパスをモチーフにしたイラストを描いた人物は『ラブプラス』のデザイナーであった箕星太朗氏であるものの、関連性は不明。



余談

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(スマブラSP)』にて、スピリットとして久々に登場している。

発売前、「MGSPWの時の姿だし、家庭料理スキルがあったから、回復系アシストフィギュア時代のしずえみたいなものだろう」などと思われていた。


しかしいざフタを開けてみると……


センシティブな作品

「ボ ム へ い 持 ち 込 み」


メタルギアシリーズを知らない人には意味の分からない設定だったろうが、上記の彼女の最期を考えれば、全くもってシャレになっておらず、笑えない能力であった。


ちなみにスピリッツバトルの内容もボムへい祭り。その名の通り、無数のボムへいが降り注ぐステージで戦わされるというもので、ボムへい自体のスピリッツバトルよりはるかに殺意溢れる無茶振りになっている。

MGSの世界を離れても、思念体(スピリット)となっても、爆弾との縁が切れるどころか逆に強まってゆく彼女の心境や如何に。



なお、広い世界にはゲスト出演作品に『ラブプラス』と『ボンバーマン』が並ぶという、わけのわからない経歴の持ち主も存在していたりする。

彼女もそうした方向性のネタキャラとして再起を図る道がある・・・のかもしれない。


関連タグ

MGS MGSPW MGSV メタルギア


メカルン(ゼノブレイド):『スマブラSP』で発生した、笑えない能力繋がり。ただし、こちらにはハッピーエンドが用意されており、スマブラ内での扱いもやや良い。

関連記事

親記事

MGSPW めたるぎあそりっどぴーすうぉーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1262610

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました