ピクシブ百科事典

ギャルゲー

ぎゃるげー

ギャルゲーとは、「ギャルゲーム」(Gal game)の略であり、主に魅力的な女性が登場することを売り物とするタイプのコンピュータゲームの俗称。類似の概念に美少女ゲーム、萌えゲームがある。
目次[非表示]

概要

基本的に男性向け

「これがギャルゲーだ」と誰かがはっきり決めたというような事はないので定義は曖昧で、最低限の条件をあげると「女性キャラクターの魅力をセールスポイントの中心に据えたゲーム」ぐらいになる。これだけだとアダルトゲーム百合ゲームも含まれる事になってしまうのだが、別物とみなす事が多い。

ギャルゲーという言葉は『ときめきメモリアル』(1994年。以下『ときメモ』)によって広く知られるようになったようだが、1980年代後半にはもう存在していたとされる。少なくとも1992年には雑誌『ファミコン通信』で使われている。

『ときメモ』の登場以前、「プレイヤーの分身である男性主人公が意中の女性を射止める事」を中心にしたゲームというのはアダルトゲームくらいでしか成功を収めていなかった。それが『ときメモ』により一般層に広がり、多数のフォロワーも生まれ大きなジャンルとなった。その後はそういった全年齢向け恋愛ゲームを指してこの言葉を使う事が増えたようである。

しかしこれは「ギャルゲーでもあり恋愛ゲームでもある」という作品が多くなったというだけで、本来ギャルゲーに決まったジャンルはない。アクションでもシューティングでもセールスポイントがギャルならばギャルゲーと呼ばれる。

また、主人公とギャルの関係性にも特に決まりは無く、主人公と結ばれるヒロインでも、敵でも、『タイムギャル』(1985年)や『夢幻戦士ヴァリス』(1986年)のように主人公自身というのでもいい。むしろ『アテナ』(1986年)、『マドゥーラの翼』(1986年)、『ワンダーモモ』(1987年)などなど、黎明期のギャルゲーではギャル本人が主人公というのは良くある事だった。

名前の似た「ガールズゲーム」は全く別の物で、こちらは「女性の為のゲーム」を指す。

恋愛ゲーム系のギャルゲー

『ときメモ』をはじめとした恋愛ゲーム系のギャルゲーの主人公アダルトゲームの主人公と似たタイプである場合がある。 ゲーム系ライターの岩崎啓眞のブログによると、そもそも『ときメモ』はアダルトゲームのヒット作『同級生』(1992年)と『きゃんきゃんバニープルミエール』(1992年)を多分に参考にして制作されたらしい(関連リンク参照)。
黎明期には、姿形が見えない主人公がステータスを磨くゲームや複数の主人公が攻略用のギャルを取り合うゲームもあった。

男女比を変えた「乙女ゲーム」も定義が広まっていて、ギャルゲーと同様の歴史を持っている。

ギャルゲーの定義の歴史

ギャルゲーという言葉自体はファミコンの時代から存在している。

この頃は使える容量も少なく、一枚絵の表示すら簡単には行えず、ゲーム内でキャラの魅力を十分に伝える事は困難であった。
そのため、主人公をギャルにしてパッケージや広告などでキャラの魅力をアピールするという方法が多く用いられた。

しかし、残念ながらこういったゲームでは難易度などのバランスが著しく悪かったり、主人公であるギャルの可愛さ以外に特筆すべき魅力が無いゲームが多く、「ギャルの魅力だけが売りのゲーム(クソゲー)」的な意味合いで「ギャルゲー」と呼ばれていた。

この様相を大きく変えたのが「ときめきメモリアル(以下、ときメモ)」の誕生である。
「ときメモ」は恋愛シミュレーションゲームというジャンル分けがあるのだが、「ギャルの魅力を中心に据えたゲーム」であるとして「ギャルゲー」と呼ばれるようになっていく。

その後「ときメモ」の大ヒットを受けて同様の恋愛ゲームが爆増し、「恋愛ゲーム=ギャルゲー」という認識が急速に広まっていく事となる。

現在では主人公がギャルというゲームは珍しくもなくなり、またゲームジャンルの多様化も相まって、ギャルゲーの定義はますます曖昧になったと言える。

関連タグ

ゲーム ジャンル ギャルゲー主人公
男性向け ハーレム 美少女 美女 ヒロイン
萌え絵 判子絵 アニメ絵 萌え系 キャラゲー
エロゲー エロゲ R-18

関連リンク

関連記事

親記事

コンピュータゲームのジャンル一覧 こんぴゅーたげーむのじゃんるいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャルゲー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1146975

コメント