ピクシブ百科事典

目次[非表示]

タグについて

本来は単に「格闘ゲーム」の略称だが、現在では、『ファイナルファイト』や『くにおくん』シリーズのようなベルトスクロール型格闘アクションやその他の格闘系ゲームは含まない場合が多い。なお、pixivでのタグ数は「格闘ゲーム」の3倍強。

ストリートファイター X 鉄拳
the queen of fighters



格ゲーの概説

「格闘技を身に付けたキャラを操作し、相手を倒すことを目的としたテレビゲーム」の総称。
初期はベルトスクロールアクションの一環や、そのオマケ程度の扱いで、現在のような「対戦」に比重は置かれていなかった。
比重を置いたものも1984年に販売された『対戦空手道 美少女青春編』(販売はデータイースト、開発はテクノスジャパン)や1985年販売の『イーアルカンフー』(開発・販売はコナミ)などあったがCPU戦に留まっており、唯一対人戦が可能であったのは任天堂の『アーバンチャンピオン』(ファミコンソフト。後に「VS筐体」に入りアーケードゲーム化)くらいであった。

これが1992年カプコンの『ストリートファイターⅡ』が、“対人対戦要素を基軸とした格闘ゲーム”を打ち出し、以後こんにちまでの標準として踏襲されている。
その後NEOGEO(SNK)やデータイースト(デコ)等の参入で第一次格ゲーブームが到来。
さらに『THE KING OF FIGHTER'S』シリーズの登場でアーケード対戦有りきという、乱入上等の“無差別対戦形式”が確立された。

SEGAが『バーチャファイター』を登場させたことから3DCGによる格ゲーが勃興し、その後の立体形式格ゲーの基盤となっていく。

90年代終盤から2000年代初期はRPGブームや3Dアクションゲームの興隆で一時沈静化したが、アークシステムワークスが『ギルティギア』シリーズによって「ハイスピードコンボアクション」の形式を持ちだし、さらにCG技術の向上から『鉄拳』シリーズなどの3DCG格ゲーが2Dに代わって台頭するなど、作品ごとがしのぎを削る“第二次ブーム”が到来。
さらに『MELTY BLOOD』や『アカツキ電光戦記』など、同人サークル出身の2D対戦格ゲー、それまでPCゲームのマイナージャンルだった“美少女格闘ゲーム”というジャンルをエクサムの『アルカナハート』が表舞台に持ち込んでくるなど、もはや第一次ブーム期以上に“なんでもあり”な土壌が形成されていった。
一方で「グラフィックは3Dだが、システムは2D」という組合せの「2.5D格ゲー」も市民権を得つつある。

現在はかつての2D格ゲーで重視された「差し合い」「読み合い」の良さに回帰しつつ、“コンボゲー”として複雑化しすぎた操作方法をより簡単に、さらにコンボゲーで培ったド派手さと軽快なアクションを踏襲しながら、新たな次元へと進化の道を模索している。

2010年中頃に差し掛かるとe-sportsが発展し、格闘ゲームの重要性が増している。

基本ルール

対戦形式の場合、1P(第一プレイヤー)と2P(第二プレイヤー)が各々好きなキャラクターを選択し、お互いそのキャラクターを操作して相手を打ち負かし、勝敗を決する。

往々にして「体力ゲージ」というものが存在し、これが先に空になったほうが負けとなる。
また制限時間がある場合、相手よりゲージの残量が多い方が“判定勝ち”となる。

攻撃は作品ごとにボタンの指示系統はまちまちだが、多くは「パンチ」「キック」や「弱」「強」など、特定の割り振りがなされている。

キャラクターごとに攻撃のリーチ、ダメージを受ける「当たり判定」、出せる必殺技の種類やコマンドは違い、それらをプレイヤー本人が学習し、如何に勝つかというしのぎ合いを演じていく。

よって、いかにそのキャラを使い込み、いかにそのゲームのキャラを熟知するかという、当たり前の“やり込み”が大いに反映されるゲームジャンルでもある。

一覧

2D対戦格闘ゲーム

カプコン
ストリートファイター ヴァンパイア サイバーボッツ ウォーザード カプエス MARVELvsCAPCOM

SNK(プレイモア)
餓狼伝説 キングオブファイターズ サムライスピリッツ 龍虎の拳 月華の剣士 風雲黙示録

アークシステムワークス
ギルティギア バトルファンタジア ブレイブルー P4U グランブルーファンタジーヴァーサス DNFduel

エクサム
アルカナハート デモンブライド アクアパッツァ ニトロプラスブラスターズ アルカナブラッド

セガ
バーニングライバル エターナルチャンピオン ダークエッジ ゴールデンアックス・ザ・デュエル ブレードアークス

ADK
ワールドヒーローズ 痛快GANGAN行進曲 ニンジャマスターズ

カネコ
パワーアスリート 富士山バスター 大江戸ファイト カンフーマスター・ジャッキー・チェン

コナミ
マーシャルチャンピオン イーアルカンフー ドラグーンマイト


その他
北派少林 飛龍の拳
ファイターズヒストリー 水滸演武 空手道 神凰拳
カイザーナックル カオスブレイカー
モータルコンバット サバイバルアーツ キラーインスティンクト アニマル武乱伝ブルータル
形意拳 スペクトラルVSジェネレーション
ナックルヘッズ 豪血寺一族 レイジオブザドラゴンズ
わくわく7 ギャラクシーファイト アストラスーパースターズ
ザ・ランブルフィッシュ ダブルドラゴン 超人学園ゴウカイザー バトルブレイズ
堕落天使 バトルクロード あすか120% フィスト 負けるな!魔剣道
ヴァリアブル・ジオ ジョイメカファイト アーバンチャンピオン 闘姫伝承
バトル・マスター デッドダンス バトルタイクーン
ブレイカーズ ファイトフィーバー アシュラブレード アシュラバスター
カオスコード アンダーナイトインヴァース バトルファンタジー
羅媚斗 速攻生徒会 格ゲー野郎 パーフェクトソルジャーズ タオ体道
トウィンクルクイーン 恋姫†演武 Blade_Strangers ファイトオブゴッズ

3D対戦格闘ゲーム

ナムコ
鉄拳 ソウルエッジ ソウルキャリバー

セガ
バーチャファイター ラストブロンクス ファイティングバイパーズ トイファイター

テクモ
デッドオアアライブ 

カプコン
ジャスティス学園 スターグラディエイター 超鋼戦紀キカイオー タツノコvsカプコン

SNK
武力ONE 侍魂シリーズ サムライスピリッツ閃

コナミ
ファイティング武術 武戯 バトルトライスト ランブルローズ
G.A.S.P!! ライトニングレジェンド

その他
モータルコンバットシリーズ 
インジャスティスシリーズ
ファイターズインパクト サイキックフォース
ブラッディロア ファイティングレイヤー
闘神伝 闘真伝  D-XHIRD
幻影闘技 クリティカルブロウ
ブシドーブレード エアガイツ TOBALシリーズ
御意見無用
三國無双 デストレーガ
ヘヴンズゲート
封神領域エルツヴァーユ 
ファイティングアイズ
スラムドラゴン 

同人ゲーム・同人出身ゲーム・フリーゲーム

QOH EFZ
ヴァンガードプリンセス アカツキ電光戦記エヌアイン完全世界 メルティブラッド クロス・テアトル ヤタガラス ニトロ+ロワイヤル
WonderfulWorld FateAxis 黄金夢想曲

版権ゲーム

MARVEL DCコミックスジャスティスリーグスーサイドスクワッド
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズミュータントウォーリアーズトーナメントファイター
タツノコプロタツノコファイト タツノコvsカプコン
ジョジョの奇妙な冒険 らんま1/2 ドラゴンボール NARUTO 北斗の拳 幽☆遊☆白書 BLEACH ウルトラマンファイティングエボリューション
機動戦士ガンダム ソニック 舞-HiME 戦国BASARA 天外魔境カブキ一刀涼談 真伝ろくでなしBLUES Fate 押忍!空手部 修羅の門  電撃文庫

格闘ゲームとするか意見の分かれるもの・近い扱いを受けるもの

東方萃夢想 東方緋想天 東方非想天則 東方心綺楼 東方深秘録 東方憑依華
ディシディアディシディアファイナルファンタジー
旋光の輪舞
デスブレイド

対戦アクションゲーム

格闘ゲームとは違うが、海外では「Fighting Game」と一括りにされる。
3Dのものに関してはぶっちゃけ格闘ゲームとするか対戦アクションゲームとするかはメーカーの匙加減。特殊なルールを採用しているとこちらに分類されやすい(気がする)。
下記を見るとわかるがオールスターものに採用されやすい傾向がある。
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ ジャンプフォース ジェイスターズ
バーチャロン クライマックススクランブル ジオウ

格闘ゲームエンジン

2D格闘ツクール95 2D格闘ツクール2nd M.U.G.E.N

関連タグ

格闘ゲーム ACTアクションゲーム) ベルトアクション ジャンル 格ゲー風 待機モーション
格闘技 武道 武道家 武闘家 必殺技

・・・・すごい漢だ。 命は投げ捨てるもの レッツゴー!陰陽師
中野TRF ウメハラ こくじん ┌┤´д`├┐ (*´ω`*) リョナ
核ゲー 萌える格ゲー

パラド/仮面ライダーパラドクスファイターゲーマーレベル50

必殺技

波動拳 昇龍拳 竜巻旋風脚 ソニックブーム サマーソルトキック ダブルラリアット
ミッドナイトブリス 北斗有情破顔拳 デッドスパイク ジェノサイドカッター

外部リンク

格ゲー.com

他の記事言語

Fighting Game

関連記事

親記事

コンピュータゲームのジャンル一覧 こんぴゅーたげーむのじゃんるいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「格ゲー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「格ゲー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53513090

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました