ピクシブ百科事典

アミガルド

あみがるど

動物戦隊ジュウオウジャーに登場する怪人、プレイヤーの一人
目次[非表示]

「逆らっても無駄だ!この星の生き物は、全てこの私のバトルショーの餌食となるのだ!」

CV:金尾哲夫/スーツアクター:草野伸介

概要

身長/196cm(コンティニュー時39.2m)
体重/176kg(コンティニュー時352.0t)
リーダー/クバル
対応機種/ファイトマホーク
ジャンル/対戦型格闘

チームアザルドより2話遅れて登場した、チームクバル所属のプレイヤー1番手。
身体の各所に投網の意匠を持つバイキングの様な姿で、その外見の通り伸縮自在の投網によって大量の獲物捕獲する事を可能とする。更に、投網に掛けた獲物に網から激しい電撃を与え苦しめるコンボ技、「コングラッチュレーション!」が得意。

上記のコンボ技名の由来は、この技で捕らえた生物を自分が企画したバトルショーへ強引に参加させる為(コングラッチュレーション(おめでとう)!君はショーへの参加権を得たと言う意味か)。しかし、捕獲の際にも使われた電撃網で覆われるリング内で繰り広げられるそのバトルショーは、敗者がに詰められ宇宙に捨てられると言う理不尽が課せられる物。また勝者の方も、実質相手を見殺しにした罪悪感を永遠に抱える事となる。
こうして、おめでたい所か最悪な事を強要されるバトルショーに、親友恋人等のペアで強い絆を持つ人間達を無理やり参加させ、そのを踏み躙る極悪非道ブラッドゲームにエントリーする。

一方戦闘では、小惑星をも両断出来る切れ味の片手持ち戦斧『ファイトマホーク』で戦うz(この武器やすさまじい能力から3人目のチームアザルドのプレイヤーかと勘違いした視聴者もいる)が、上述したバトルショーの企画や進行等が主である為なのか、戦闘力はイマイチ。ただし巨大化戦では、ファイトマホークでキューブアニマルの攻撃を防いだり、網で捕獲する等、ある程度の戦闘能力を発揮した。
また、ファイトマホークからの光線で敗者を樽に変えるが、樽のボタンを押す事で解除される。

性格は敬語で接してくる紳士的な性格だが、上記の通り、親友や恋人等のペアで強い絆を持つ人間達を無理やり参加させ、敗者を樽にした勝者に対し「君のせい」だと言い放ち精神的に追い詰め、その絆と心を踏み躙る事を喜ぶ外道な一面を持つ。メダル投入口は左腋。

活躍

4話

チームクバルの1番手として地球に降り立ち、夜の街中で青年ストリートミュージシャンや女学生等の大勢のペアを次々と捕獲、翌日にその中から選んだ青年のペアを強制的に戦わせるのを皮切りにしてゲームを開始する。
青年の一人が勝ち開放された一方、敗者であるもう一人をに変え、勝者の青年を精神的に追い詰めるが、そこを買物途中のセラアムレオの3人に察知されてしまい、メーバと共に迎え撃つ。捕獲した人々をタイガーに開放された為、今度はタイガーを捕まえようと網を投げるが、彼女を庇って捕われたレオとセラを連れて撤退する。
なお、樽に変えられた青年はタイガーが偶然ボタンに触れた事で元の姿に戻る事が出来、助かった。

その後、何処かの施設にて、捕らえたレオとセラにバトルショーを強要。ジュウオウチェンジャーを奪った上でジュウオウジャー同士の戦いを演出し、張り巡らせた網によって電撃が周囲のロープに流れるリング内でセラとレオを戦わせる。2人の同士討ちをメーバと共に高みの見物をするが、レオの靴下から臭いを嗅ぎ付けたタスクにより場所を知られ、駆け付けたジュウオウジャー3人によりジュウオウジャーの同士討ちは結局失敗、セラとレオも脱出してしまう。

ショーを台無しにされた為、メーバを率いてジュウオウジャーに立ち向かう。メーバをイーグルエレファント・タイガーの3人に差し向けつつ、施設の外で自身はシャークライオンと交戦する。
2人の怒りの猛攻に押されつつも、ファイトマホークからのエネルギーの斧を無数に飛ばして攻撃するが、野性解放したライオンとシャークの敵ではなく、最後はイーグル達3人のジュウオウシュート、シャークとライオンのジュウオウスラッシュの連続技を受け敗北。

その直後、クバルの要請によりナリアにコンティニューメダルを投入され、延長戦として「コンティニュー」して巨大化する。
今度はジュウオウキューブを捕獲し、それらを使ったバトルショーをしようと目論みジュウオウキングと交戦。キューブエレファントとキューブタイガーの攻撃をファイトマホークで防御して防ぎ、額部分からの光線で攻撃、持っていた網で捕獲するなど善戦したが、ジュウオウジャーが召喚したキューブキリンに網を吸い取られ、2体を解放されてしまう。
最期はジュウオウキングのキリンバズーカ・ジュウオウファイアを受け、「バトルは…見るに限る…」と言い残して爆散した。

ジニスはジュウオウジャー同士の戦いを見て満足した事でクバルを褒めたが、クバル自身はせっかく投入したプレイヤーが敗北した事に気まずい気分になっており、その事をアザルドにからわかれてしまう。

24話

バングレイがセラの記憶を読み取って再現した巨大な個体が登場し、トランパスと共にワイルドジュウオウキングトウサイジュウオーと交戦。先の戦いで戦法を見知られている事と自身の能力を使用しなかった事で、ワイルドジュウオウキングの格闘やトウサイジュウオーの投げるコウモリブーメランに圧倒される。最後は更に合体したワイルドトウサイキングのジュウオウダイレクトショットを喰らい消滅した。

34話

バングレイがクバルの記憶を読み取り、24話と同じく巨大化した状態でトランパス、イルジオンと共に2度目の再現。市街地で暴れ回っていた所をジュウオウジャーが駆る3体のロボと交戦する。
モグラドリル、クマアックスを装備したジュウオウワイルドと交戦するが、両腕の武器を使った連撃に吹っ飛ばされ他の2体ごと一ヶ所に追い詰められる。
それでもロボ3体に向かって行ったが、そこへ更に合体したワイルドトウサイキングのジュウオウダイレクトストレートを喰らい、3体まとめて串刺し状態へなり爆散・消滅した。

41話

遂にジニスへの反逆を実行したクバルの手駒として四度登場。バングレイから強奪した右手でナリアの記憶を読み取り再現された。
クバルの策で地球へ降りて来たジニスを攻撃するが、自身の弱体化を克服、シン・ジニスと化した相手には全く敵わず、呆気無く倒され消滅した。

余談

ヒゲを蓄えた顔をしているように見えるが、実際は兜型の頭部の宝石部分が目であり、モノアイ状の顔している。
声優の金尾哲夫は以前は俳優として数々の特撮シリースを(『科学戦隊ダイナマン』、『光戦隊マスクマン』、『仮面ライダーBLACK』など)顔出します。

関連タグ

デスガリアン クバル(ジュウオウジャー) プレイヤー(ジュウオウジャー)

pixivに投稿された作品 pixivで「アミガルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 247

コメント