2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ジュウオウキューブ

じゅうおうきゅーぶ

「動物戦隊ジュウオウジャー」に登場する戦力。メインイラストはキューブイーグル。
目次[非表示]

概要

本作における巨大ロボットに相当し、地球のパワーが結晶となった存在。
その名の通り立方体キューブの形をしており、「動物モード」に変形して戦う。

普段は手のひらほどのサイズだが、ジュウオウチェンジャーを操作することで縦13m×横13m×高さ13mの大きさ(1辺13メートルの立方体)に巨大化する。

本来の立方体へ戻っても戦闘が可能だが、防御能力に特化している。

合体時は四角い火の輪をくぐった後にキューブ状態で積み重なり、上段は胸部と腕、中段は腰と太腿、下段は脚部になる。

総数はワイルドトウサイドデカキングの『ジュウオウドデカダイナマイトストリーム』の演出を見るに、100体だと思われる。

一覧

ジュウオウイーグルが召喚する型のキューブアニマル。ナンバーは「1」。
頭部上部にあるファンから強風を発して攻撃する。
合体位置は上段。ワイルドジュウオウキングの左腕を構成する。

ジュウオウシャークが召喚する型のキューブアニマル。ナンバーは「2」。
水中から高い跳躍力を生かして噛み付く。
合体位置は中段。

ジュウオウライオンが召喚するライオン型のキューブアニマル。ナンバーは「3」。
四角い鬣が特徴。口から咆哮と共に光線を撃つ。
合体位置は下段。

ジュウオウエレファントが召喚する型のキューブアニマル。ナンバーは「4」。
空気中の水分を集めて鼻から水流を放つ。
合体位置は下段。

ジュウオウタイガーが召喚する型のキューブアニマル。ナンバーは「5」。
前足の上部に装備した別の爪から斬撃を飛ばし攻撃する。
合体位置は中段。

第6話で初登場。ジュウオウゴリラが召喚するゴリラ型のキューブアニマル。ナンバーは「6」。
右肩に「ビッグワイルドキャノン」という大砲を装備しキューブ型の光弾を発射する他、
ビッグワイルドキャノンから伸ばした空中ブランコによるロープアクションやキューブ落としといった攻撃を繰り出す。
合体位置は上段。

第18話で初登場。ジュウオウザワールドが召喚するキューブの1つでワニ型のキューブアニマル。ナンバーは「7」。
回転も加えた噛み付きと口からの光線が武器。水中での活動の為にザワールドが搭乗する事もあった。
トウサイジュウオー及びワイルドトウサイキングの右腕になる。
玩具版では他のロボの中段になることも可能。

第18話で初登場。ジュウオウザワールドが召喚するキューブの1つで、型のキューブアニマル。ナンバーは「8」。
岩場を跳ね回れる跳躍力と超音波を伴う遠吠えで戦う。
トウサイジュウオーの頭部と胸部になる。ワイルドトウサイキングの左腕を構成する。因みに上下逆にしても同じ番号だが、金のパーツが上にくる方が上向きである。
玩具版では他のロボの下段になることも可能。

第18話で初登場。ジュウオウザワールドが召喚するキューブの1つで、型のキューブアニマル。ナンバーは「9」。
唯一キューブ形態を持たずトレーラーを模した巨大な体格をしている(ジニスが改造したとされている)。
巨体と暴進力を生かして突進する。
トウサイジュウオーのほぼ全体になる。合体する時にはつの部分が外れる。

第28話の回想で初登場。大王者の資格を得たケタスの元に現れた最初のクジラ型のジュウオウキューブ。ナンバーは「10」(※ジューランドでは重要な数字との事)。
他のジュウオウキューブより巨大な姿をしており、海中だけでなく空中浮遊も可能で、大規模戦力との多勢に無勢であっても物ともしない頑強さを誇る。鰭の付け根から大型ミサイルを放つ。
海水にばら撒かれた毒を浄化する能力も持っている。
後にバングレイが地球に来たのもキューブホエールを狩るためであったと判明する。
ジュウオウホエールが搭乗し、単独で“動物変形”する事でドデカイオーとなる。
キューブモードは縦44.5m×横45m×高さ64mの直方体となっている。
小型化しても、他のキューブと違い、どうにかしないと隠せないぐらいのサイズである。
第43話では、キューブホエールはアザルドに何やら反応して、大和の指示の前に彼を攻撃して、その後はやっと大和の指示を聞いてレオ達を救助する。

夏の劇場版で登場。コンドルジューマンの少年ペルルが所有するキューブ。ナンバーは「0」。
ジューランドの風景を幻として見せる事が出来る。
首元の脇からビームを撃ち、ロケットナックルも飛ばせる。
合体位置は上段。
ワイルドトウサイドデカキングの必殺技に出現する100体のキューブの1体として確認できる。

ジュウオウキューブウエポン

通常のものより小型のキューブ。
詳細はジュウオウキューブウェポンを参照。

合体及び変形形態


海外では

韓国で『パワーレンジャー・アニマルフォース』として輸出された際に、玩具オリジナルリカラー商品としてタイタンキング(リカラー元:ジュウオウキング)、ビーストキング(リカラー元:ジュウオウワイルド)が商品化された。
タイタンキングの構成元はハクトウワシ型、シャチ型、ウサギ型のジュウオウキューブ(カラーリングはほぼ元ネタ通り)、ビーストキングはマンドリル型、チーター型、マンモス型のジュウオウキューブとなっている(ワイルドジュウオウキングに相当するビーストタイタンキングという形態もある)。なお、描かれている文字はAからFまでのアルファベットである。

関連タグ

動物戦隊ジュウオウジャー 戦隊ロボ

だるま落とし積み重ねてくし刺しで固定する合体機構がまんまコレ。

オトモ忍ジュウオウキューブキュウボイジャー

関連記事

親記事

ジュウオウジャー じゅうおうじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジュウオウキューブ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジュウオウキューブ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82603

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました