ピクシブ百科事典

トウサイジュウオー

とうさいじゅうおー

動物戦隊ジュウオウジャーに登場する戦隊ロボ
目次[非表示]

概要

デスガリアンが作り出したジュウオウジャーザワールドが召還する7・8・9番のジュウオウキューブ合体した巨大ロボ。7番キューブクロコダイルが右腕で、8番キューブウルフは頭部と胸部、残りの部位を9番キューブライノスが構成。ザライト(後のジュウオウザライト)を操縦桿としてコックピットシートに接続し、キューブステアリングと併せて操ることで操縦する(この操縦形式は分離時の各キューブ操縦時にも共通している)。
“キューブが積み重なり、そこから各部が展開し人型になる”と言うこれまでの合体と違い、“中心のメカがあらかじめ変形、そこにキューブが取り付いて担当の部位に変形”と言う合体シークエンスを持つ。
そもそも中心となるキューブライノスがトレーラー型と、明らかにキューブになれない姿になっている時点でイレギュラーな要素を持ったロボである(その理由として、タスクはザワールド共々デスガリアンに改造されたと予想しているが、現状では不明)。
またトレーラーだけあって、キューブモードの7・8番をコンテナの様に荷台部分へ乗せられる。恐らくトウサイジュウオー(搭載獣王?)と言う名はここから来ている。
出撃時にはキューブライノスが三つの荷台の内前後のそれに他2体のキューブを乗せた状態で召喚され、迷惑にも毎回岩山をぶち砕いて駆け付けてくる。

圧倒的な強さを持つザワールドの搭乗機である為、その戦闘力はやはり強大。
初登場時はパワーに優れるワイルドジュウオウキングと真正面からぶつかりながらも相手を凌駕。右腕のクローでキングソードを受け止めて奪い取ったり、ワイルドダイナミックストライクの発射体制を突いて攻撃し封殺する等して追い込んだ後、右手から止めの必殺技を放って撃破した。
幸い、防御力に優れるキューブモードになって分離した為大事は無かったが、これと前話での出来事によりジュウオウジャーは一時、ザワールドの名を聞いただけで恐怖に怯えた。

続く19話で、ワイルドジュウオウキングはトウサイジュウオーと再戦。今度は最初からクマアックスを手に戦うがやはり圧倒されてしまう。
しかし、「ザワールドを助けたい」と願う風切大和の思いに呼応したのか、突然クマアックスがワイルドジュウオウキングの手から離れ、黄金に輝く『キューブパンダ』に変化。それが変形したパンダアックスを手にしたワイルドジュウオウキングは先程から一転、トウサイジュウオーと互角に渡り合う。
そして、2機が鍔迫り合いの体勢になった隙を見計らい、大和ことジュウオウイーグルがトウサイジュウオーのコクピットへ突入、そこにいたザワールドと取っ組み合う。その勢いでロボの外に2人が飛び出したのを他の4人が追いかけた為、再戦の結果は引き分けとなった。

そして、ザワールドがジニスの洗脳を振り払い6人目のジュウオウジャー、門藤操/ジュウオウザワールドとなった事でトウサイジュウオーもまた、ジュウオウジャーの新たな頼もしい戦力となった。
必殺技は右腕のクロー、ビッグクロコダイルジョーズから放つ7・8・9番の動物モードのジュウオウキューブを模した光線を三重で放つ『トウサイトリプルザビースト』。

余談

初登場時が敵側の戦隊ロボと言う点では百獣戦隊ガオレンジャーガオハンターが前例にあるが、“トレーラーとその荷台に乗ったメカが合体する”点では炎神戦隊ゴーオンジャーガンバルオーが該当する。
(ちなみに2体とも、メカのモチーフワニ(アリゲーター)とイヌ科(オオカミorシェパード)がいる)

関連記事

動物戦隊ジュウオウジャー ジュウオウキューブ ワイルドトウサイキング
戦隊ロボ

ギガライノス:星獣戦隊ギンガマンに登場した鋼星獣の一体。サイが基本モチーフで、敵の手で改造されたと言う共通点がある(実質的にも3号ロボ)。
豪獣神:5年前6人目が駆る専用ロボ。必殺技のビジュアルや名称が似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「トウサイジュウオー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5460

コメント