ピクシブ百科事典

鋼星獣

こうせいじゅう

星獣戦隊ギンガマンに登場した鋼の星獣。
目次[非表示]

概要

初登場は二十九章。かつてはそれぞれの星を守る星獣だったが、宇宙海賊バルバンに星を滅ぼされた上に瀕死の重傷を負い石化し、宇宙を漂っていたところを闇商人ビズネラによって捕獲され、バルバンに売りつける目的でサイボーグに改造された。(そのため星獣達は手が出せなかった)その後ビズネラに彼らを操作するためのリモコンを渡されたイリエス魔人族バルキバルキによって操られていたが彼が「ギンガマンに渡すくらいなら!」とリモコンを破壊したため制御不能となり、ギンガマンを倒すという命令を遂行するために容赦なくギンガマンや星獣達を攻撃する。
しかし、星獣たちとギンガマンの必死の呼びかけで星獣の心を取り戻し、以後はギンガマンの味方となる。(ビズネラはこの件の責任を取らされ、全財産を失う羽目になった上にバットバスの部下として働くこととなった。)
だが、Vシネマ「星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー」でギガライノスとギガフェニックスが大破してしまい、その後はの消息は不明となる。(ギガバイタスは残ってたためその後修復された可能性もある)

鋼の星獣たち

普段はギガバイタスの中に分身獣として格納されており、必要時にギガバイタスの判断でどちらか、もしくは2体を出撃させる。その時にはギガホイールは車輪や武装を、ギガウィングは羽をばたつかせるなど生物的な行動が見える。そして合体時にはかつての姿が一瞬映るようになっている。敵側にいた際は顔部分が異なる。

ギガライノス
赤いボディの鋼星獣で、かつては沼の星、ライノス星を護っていたサイ型の星獣だった。持ち前のパワーを生かした肉弾戦を得意とする。武器は1秒間に30発のプラズマ弾を発射できるギガンティスバスター。

ギガフェニックス
青いボディの鋼星獣で、かつては山岳の星、フェニックス星を護っていたフェニックス(またはグリフォン)型の星獣だった。持ち前の俊敏さを生かしたトリッキーな戦法を得意とする。武器は剣や盾になる巨大ブーメラン、ギガンティックブーメラン。

ギガバイタス
ギガライノス、ギガフェニックスを格納、修復するための母艦的な役割をしている鋼星獣。かつては海の星、バイタス星を護る(もしくはシャチ)型の星獣だった。普段は滝壺に隠れており、ギンガマンの呼びかけで出撃しギガライノスかギガフェニックス、もしくは両方を出撃させる。普段はクルーザーモードとなっているが鋼星獣を出撃させる際には人型のスクランブルモードとなる。武器は両腕付いた艦砲、バイタスキャノン。

関連タグ

星獣戦隊ギンガマン
星獣
サイボーグ

pixivに投稿された作品 pixivで「鋼星獣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1647

コメント