ピクシブ百科事典

ギガフェニックス

ぎがふぇにっくす

星獣戦隊ギンガマンに登場した青い鋼星獣。
目次[非表示]

全高:48m
全幅:32.5m
重量:4500t
出力:2000万馬力
最高速度:マッハ3

概要

かつては山の星、フェニックス星を護る青いフェニックス(もしくはグリフォン)型の星獣だったが、バルバンに星を滅ぼされた上に瀕死の重傷を負い石化、宇宙を漂っていたところをビズネラに発見され、ギガライノスギガバイタスと共にサイボーグに改造された。当初はビズネラに操られギンガマンを攻撃していたが、彼らの必死の説得で星獣の心を取り戻し、その後はギンガマンの味方となる。しかし、「星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー」でゲルマティクスと相打ちとなり大破、以後消息不明となる。(ギガバイタスは残っていたため修復された可能性もある)

武装

並外れた俊敏さ、抜群の跳躍力、変幻自在の技、優れた反射神経を持ち、素早さを生かしたトリッキーな戦法を得意とし、空中戦が得意。さらに4Km上空からアリを発見できるほどの優れた視力を持つ。武器は剣や盾としても使える大型ブーメラン、ギガニックブーメラン。マッハ6で放つロケットパンチ、ブースターナックルもあるが、こちらは未使用。一度だけギガライノスのギガンティスバスターを使用したこともある。この他にギガライノスと共に放つ回転体当たりを使うこともある。

分身獣

普段はギガバイタスの格納庫に分身獣、ギガウィングとして格納されている。出撃時には羽をばたつかせるなど生物的な挙動を見せる。因みに、合体時と合体完了時にはかつての姿が一瞬映る。また、どうやら変形合体機構にどうしても馴染めないようで、上半身と下半身と別々に合体させてから下半身を両腕で強引に引き寄せて合体するのが特徴。


ギガウィング1

全長26m
重量1100t
最高速度マッハ1.8
ギガフェニックスの上半身を構成する大型戦闘機型分身獣。

ギガウィング2
全長21m
重量700t
最高速度マッハ2.5
ギガフェニックスの背中と胸を構成するブースター型分身獣。

ギガウィング3
全長15m
重量700t
最高速度マッハ800
ギガフェニックスの腹部を構成するホバー型分身獣。また、余剰パーツがヘッドギアになる。

ギガウィング4
全長27m
重量1000t
最高速度マッハ3.5
ギガフェニックスの右足に変形するジェット機型分身獣。

ギガウィング5
全長27m
重量1000t
最高速度マッハ3
ギガフェニックスの左足に変形するジェット機型分身獣。

関連タグ

星獣戦隊ギンガマン
鋼星獣 サイボーグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ギガフェニックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1610

コメント