ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

メガウインガー

めがういんがー

メガウインガーとは、特撮テレビドラマ『電磁戦隊メガレンジャー』に登場する巨大ロボの一つ。
目次 [非表示]

データ

全長38.6m
全高28.1m(フライヤーモード) / 58m(ファイターモード)
全幅41.3m(ランダーモード) / 70m(フライヤーモード) / 27m(ファイターモード)
重量30000トン
最高速度マッハ3
地上最高速度時速300キロ
最大出力5000万馬力
変形コード電撃変形

概要

物語後半より登場する、メガレンジャー4号ロボ

メガシルバー専用のロボでもあり、大型の宇宙戦闘機から「電撃変形」することにより完成し、「メガウインガー、レディーゴー!!」の掛け声とともに戦闘態勢に入る。

このメガウインガーの投入に伴い、メガシルバーのメガスーツにも改修が施され、それまで変身時に課せられていた2分30秒の時間制限を解消することによって、メガウインガーの操縦を可能としている。


大きな特徴として、宇宙航行用の「フライヤーモード」、地上走行用の「ランダーモード」、そしてロボ形態の「ファイターモード」の3形態への可変機能を搭載していることが挙げられる。

主武装として、フライヤー・ランダーの2モードでは両翼のレーザー機銃を、ファイターモードでは四連装キャノン砲の「ウインガーキャノン」を使用。後者は巨大な岩石を一瞬の内に蒸発させるほどの威力を持つ。またファイターモード時には、両手から電磁バリヤーを発生させることもできる。


メガウインガーには、メガシルバーの巨大戦力であるという以外にも、メガボイジャーを強化する」という役割も備えており、主翼の「メガウイング」を分離させメガボイジャーに装着させることにより、ウイングメガボイジャーへとパワーアップさせることができる。

・・・この説明からも分かるように、実はメガウインガー自体にメガボイジャーとの連動性は備わっていなかったりする。というのも本来、開発予定であったのはメガボイジャー用の飛行ユニット――即ちメガウイングのみであり、メガウインガーはあくまでも早川裕作によって秘密裡かつI.N.E.T.上層部にも無断で開発・建造された、謂わば「オマケ」ともいえる存在である。

もっとも、メガウイングを切り離した後でもファイターモードでの戦闘は問題なく行えるため、巨大戦において常に2対1で敵と対峙できるという利点もあり、単なるオマケに堕しているだけではないのも事実である。


備考

DX玩具は3つのボタンの操作による瞬間変形ギミックが搭載されており、(一部手動での変形を要するものの)作中での「電撃変形」ぶりを再現している。また玩具オリジナルのギミックとして、フライヤー・ランダーの2形態にもウインガーキャノンが装備できるようになっている。


前述の通り、メガウインガーはメガウイングが本体とも呼べる機体であり、必殺技らしい必殺技もなく、唯一の武装であるウインガーキャノンすらメガウイングに付属しているため、パイロットであるメガシルバーの存在感とは対照的に、全戦隊ロボの中でもかなり地味な印象が否めない。

ニコニコ動画において『メガレンジャー』が公式配信された際、「タコの入ってないたこ焼きの呼び方は焼き」という通称に由来してか、メガウイングをメガボイジャーに渡した状態のメガウインガーを

メガウインガーから『メガウイング』が引かれてガーである。

と呼ばれたこともあった。


関連タグ

電磁戦隊メガレンジャー メガシルバー 戦隊ロボ


タッカード:『テツワン探偵ロボタック』の登場人物(ロボ)の一人。彼もまた味方のロボに自分のパーツの一部を渡すことで、飛行能力を付加することができるという共通項を有する

海賊戦隊ゴーカイジャー:同作におけるメガレンジャーの大いなる力としてメガウイングが登場。作中では、同作の巨大ロボのひとつである豪獣神と合体した「ウイング豪獣神」なるオリジナル形態も披露された


追加戦士が使用する巨大戦力

キングピラミッダーメガウインガーブイレックス


歴代4号ロボ

タックルボーイメガウインガーギガフェニックス

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1586

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました