2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

タックルボーイ

たっくるぼーい

タックルボーイとは、特撮テレビドラマ『超力戦隊オーレンジャー』に登場する巨大ロボの一つ。
目次[非表示]

データ

全高:34m(ロボ)、直径:17m(ホイール)
全幅:28.5m(ロボ)、ドレッド幅(10m)
重量:2500t
走力:8.5秒/1km(ロボ)、1.2秒/1km(ホイール)

概要

物語後半より投入された、UAOHの開発による4号ロボ。先行して建造されていたオーブロッカーの支援機として位置付けられており、搭載されたAIによってパイロットを必要としない自動操縦を可能とする。

出撃時には、巨大な車輪型の「ホイールモード(※)」の状態で、レッドパンチャー射出砲台によって現場へと打ち出され、人型の「ロボットモード」に変形した後は小柄なボディを活かした軽快なアクションで、巨大マシン獣を翻弄する。
固有の武器や必殺技こそ持たないものの、前述の通りオーブロッカーと連携しより強力な必殺技を繰り出す事が可能である。その必殺技である「ダイナマイトタックル」は、ホイールモードに変形したタックルボーイをオーブロッカーがボウリングの要領で投擲した後、超高速で敵に肉薄しつつロボットモードへ再変形、全身を炎のようなエネルギーで包んで体当たりをかますというものである。最終決戦では単独でこの技を発動し、決定打こそ与えられなかったものの苦戦するオーレンジャーロボたちを逆転に導いた。
これ以外にも、高速回転によって敵の発した原子分解ガスを跳ね返したり、Vシネマでは他のロボたちがホイールモードのタックルボーイをパスし合って敵を翻弄するという戦法も用いている。

玩具は前年のニンジャマン(サムライマン)や、直後に登場したガンマジンと同様に、スイッチ操作による瞬間変形を売りとしているが、これら同様のギミックを備えたロボたちとの差異として、ホイール状態のタックルボーイを転がし、倒れ込んだ際に背面のスイッチが作動し自動的に変形するという、作中と同様のアクションを取る事で自然に変形するという趣向が凝らされている。
企画当初は変形プロセスや攻撃方法こそ類似しているものの、巨大ロボではなくオーレンジャーが使用する小型ロボット、即ち手持ち武器の類として考えられていた。ジャイアントローラーもそうであるが、この当時のバンダイにはタイヤというものに何らかのこだわりがあったのだろうか・・・?

 DX玩具では「ローラーモード」と呼称)

パワーレンジャーZEO

こちらでは追加戦士であるゴールドレンジャーの愛機であるウォリアーホイールとして登場。

初代ゴールドレンジャーであるトレイがメンテ中のピラミダスの代替として、2代目ゴールドレンジャーとなったジェイソン・リー・スコットに贈ってきた。

操作方法はドラゴンゾード同様に遠隔操作式。

余談

戦隊ロボ初の4号ロボであるが轟轟戦隊ボウケンジャーの「30戦隊大全集スペシャルファイル」では3号ロボとして紹介されていた。

関連タグ 

超力戦隊オーレンジャー 戦隊ロボ ジャイアントローラー

テトラボーイ4年前のスーパー戦隊シリーズにおける、無人操縦のサポートロボの先輩格。軽快なアクションや他のロボの武器に変形するなどといった共通項も有する
ゴローダーGT13年後のスーパー戦隊シリーズにおける、タイヤ型の形態から自律稼働のロボット形態へ変形し、さらに他のロボの武器としても活用される、タックルボーイの後輩ともいうべき戦隊ロボ

歴代4号ロボ
タックルボーイメガウインガー

関連記事

親記事

UAOH ゆーえーおーえいち

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「タックルボーイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5175

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました