ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

🎳概要

レーンに10本のピンを並べ、ボールを投げて転がして倒す球技の一種。

倒した本数によって得点が得られ、決められた回数を投げた後の合計得点を他者と競う。


ボーリング」と表記することもあるが、文部科学省は「ボウリング」を正式表記として認めている。

「ボーリング」表記も全くの間違いではないが、こちらは「をあける」という意味と混同する恐れがある。


1ゲームは10フレームで構成され、1フレームごとに2回までボールを投げることができる。

1投目で10本全てのピンを倒すとストライクとなる。

ストライクを出すとそのフレームは終了し、次の2回の投球で倒れたピンの本数が得点に加算される。

1投目で全て倒れず、2投目で残ったピンを全て倒すとスペアとなる。

スペアは次の1回の投球で倒れたピンの本数が得点に加算される。

最後の10フレーム目はストライクかスペアを取れば3回ボールを投げることができる。

10フレーム目まで全てストライクを取り続ければ、得点は300点になる。これをパーフェクトと呼ぶ。


2018年のアジア大会(ジャカルタ)で観戦者・競技者に分かりやすい新たなスコアリングシステムとして新たにカレントスコアリングシステムが開発・導入された。この方式では第10フレームの第3投目が消え同じ2投になり、ストライクが30点、スペアが1投目に倒した本数+10点となる。(スペアミスは従来通りで最高点も同じ300点)

今年から始まったJPBAの「io league」でも用いられているので現状対応しているボウリング場は少ないものの今後増えていくものと思われる。

詳細はこちらへNAGEYO

スコア方式に関してページ中頃に言及があります。

現状

2020年代に入ると既にボウリング場は機材の新調もおいそれとできないような斜陽産業となっている。そもそも競技の特殊性や道具の容易に手間取る性質上、1960年代から1970年代のブームが異常であり、1990年代以降の斜陽化はむしろ正常な傾向に過ぎないという声もある。


余談

高校専門学校においてよくテストの後にこれらの大会がある事も日常茶飯事で、インドアな人やスポーツ嫌いな人も出向かされるのも当たり前だったのに対し、ズル休みする人も多い事だろう。しかし、彼らも悪いわけではなく、学校教諭ですらアンチと言わんばかりにスポーツ嫌いな人も多いことだし、日本の高校はまぁ落第点でも勉強に愛情があって素直に学校に出向く人は高校卒業までしてもらえるので無理せずに仮病でも何でんかんでん装ってさぼってしまう方がいい。要するにスポーツ嫌いは非国民ではないし、先生こそいい年こいて無理強いはやってはいけません。


関連イラスト

センシティブな作品bowling match


関連タグ

スポーツ 球技 ボーリング ボール

ストライク ガーター スペア ターキー

ボウリングの日(6月22日)


バンクボウリングVS嵐

玲香ドリームクラブ

ボウリンゲン


外部リンク

公益財団法人全日本ボウリング協会・・・アマチュア

公益社団法人日本プロボウリング協会・・・プロ

関連記事

親記事

球技 きゅうぎ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1866393

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました