ピクシブ百科事典

ボウリンゲン

ぼうりんげん

動物戦隊ジュウオウジャーに登場するデスガリアンのプレイヤー
目次[非表示]

「もう!せっかく調子良かったのに! 邪魔すんな!」

データ

身長/201cm(コンティニュー時40.2m)
体重/181kg(コンティニュー時362.0t)
リーダー/アザルド
対応機種/カコーンボウ
ジャンル/ボウリングゲーム

CV:木村昴/スーツアクター:大林勝

概要

チームアザルド所属のプレイヤー
ボウリング球そのまんまの頭部(指を入れる三つの穴を両目と投入口に見立てているのがポイント)に、レーンを模したシャツスコアマークを散りばめたデザインズボン、球のストック台を象った肩当てにピンを収めた柵の形をしたバックル等、バブル期風の服装(ボウリングのユニフォーム)にボウリング場の意匠を盛り込んだ格好をしたプロボウラーである。

腰のバックルから出す光線、ピン・セットフラッシュを浴びせた人間達を操り、ボウリングのピン配置に並べた所へ自分がボウリング球になって突っ込み吹き飛ばすコンボ技、「ゴロロローン、ストライク!」を使い所詮『人間ボウリング』を行うブラッドゲームにエントリーする。

戦闘ではボウリングのピンに似た棍棒『カコーンボウ』を使うが、同時にレーンを賑やかすマラカスとしても使えるらしい(持つ姿は何処かジャグラーを思わせる)。
最も、デスガリアンとの戦闘に慣れたジュウオウジャー相手では役不足であり、ザワールド乱入(救援)無しではあっさり負ける程度の戦闘力である。

地球の全生物でパーフェクトゲーム(ボウリング用語で、1ゲームの全投球でストライクを取る事を意味する)達成してやる」と言う台詞の通り、軽いノリで生物を甚振ろうとする、デスガリアンではテンプレ性格のプレイヤー。ザワールドに適当な助けられ方をされた事に不満がる一方で、自分が倒されそうな時にザワールドが来ると迷わず頼る等、お調子者の一面もある。

上述の通り、メダル投入口は頭部(額)。

活躍

19話

18話ラストで不具合を起こし、人間の姿に戻ったザワールド不満を持ったアザルド腹いせとして地球へ送り込んだ。
メーバ達をアシストギャラリー役にして、町中の人間を使ったボウリングによるブラッドゲームを開始するが、いつも通りそれを察知したジュウオウジャーと交戦。
メーバを全滅させられ、いきなり窮地に追い込まれるが、そこへ『不具合』を直した事をアピールする為にザワールドがナリアと共に出現。「プレイヤーを助ける事も俺の使命」と言うザワールドに掴まれ、遥か遠くへと投げ飛ばされて撤退(?)した。

その後、先程のザワールドの乱入が気に入らないアザルドが、“自分の判断が無い限り乱入させるな”ジニスに釘を刺した上の元、何処かの工業地帯でゲームを再開する。
だが、やっぱりジュウオウジャーに察知され再び交戦。今度はバックルの光線をメーバ諸共ジュウオウジャーに浴びせ、ピンになり動けない所をボウリング球になった自分の体当たりで上空へ吹き飛ばす。
しかし、吹き飛ばされた上空で野生開放し、自由に動ける様になったジュウオウイーグルの撃ったジュウオウバスターの一撃で怯み、続いて落ちて来たメーバとぶつかった所で、同じく自由になった残りのジュウオウジャーの一斉射撃を受けてしまう。
そしてそのまま、メーバ諸共ジュウオウシュートを食らい敗北。

直後、ナリアからコンティニューメダルを投入され巨大化(この時、お約束の台詞に合わせカコーンボウでマラカスを振る仕草をした)。
ワイルドジュウオウキングと交戦するがやっぱり敵わず、撃破寸前まで追い込まれる。
この状況とジニスの言葉に折れたアザルドの申し出により、ザワールドがトウサイジュウオー召喚して乱入。それとバトンタッチする事で巨大化したまま撤退した。

20話

ジニスの洗脳を振り切ったザワールドを回収しにアザルドとクバルが地球へ降り立ったが、そのザワールド改め門藤操/ジュウオウザワールドジュウオウゴリラに2人が返り討ちに遭ったので、2人が撤退する為のしんがり役として巨大化したままの姿で無数のトライアングラーを引き連れて再登場(コンティニューしてしまったため、元のサイズには戻れなかった模様)。この時、タスクが前回ザワールドが逃してしまった事をうっかり口滑らしてしまっため、当の本人は体育座りで落ち込んでしまった

だが、その詫びとして再奮起したジュウオウザワールドの操るキューブクロコダイル、キューブウルフにトライアングラーを全て撃墜された上で、前回自分を助けてくれたトウサイジュウオーと交戦。
ボウリング球になって吹き飛ばそうとするが受け止められ、続いてトウサイジュウオーが両肩から打ち出しボウリングのピン配置に並んだキューブに思わず球と化して突っ込む。だが、「まだピンは倒れちゃいないぜ!」と言うジュウオウザワールドの台詞を聞き、ピンの格好をしたトウサイジュウオー(キューブライノスの頭に7・8番のキューブが縦状に乗っているだけ)の姿を見て暫し呆然と立ちつくしてしまう(プロボウラーのプライドを損なったからか?)。
そしてその隙に再合体(呆然とし過ぎだろ…)したトウサイジュウオーの必殺技トウサイトリプルザビーストを止めに食らい、「手玉に取られた~っ!ピ~ンっ!!」と言う断末魔を残して爆散した。

余談

声を担当した木村は本作がスーパー戦隊シリーズ初出演となる。また木村は某国民的人気アニメガキ大将を演じているため、以下のようなコラボイラストが作られた。

ジュウオウゴリラ PWNS ジャイアン



そして次回作にてナレーション・変身アイテムの声を担当する事が、2017年1月15日に本人のTwitterと公式サイトにて発表された。
木村昴氏のツイッター

“一回倒され、巨大化した後に撤退し命拾い”と言う、
恐らく戦隊怪人でも獣拳戦隊ゲキレンジャー以来の珍しい生き延び方をしている。
さらに、再登場では最初から最後まで巨大戦要員であった。

スーパー戦隊シリーズの定番である怪人巨大化は、
殆どの場合“追い込まれた時の最後の手段≒実質上の死亡フラグである為。
もしくは最初から巨大戦目的で巨大化するパターンも多いが、そうなると結果的に、
ボウリンゲンは両パターンの理由で巨大戦を行った事になる。

関連項目

デスガリアン アザルド(ジュウオウジャー) プレイヤー(ジュウオウジャー)

pixivに投稿された作品 pixivで「ボウリンゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1551

コメント