ピクシブ百科事典

ブラッドゲーム

ぶらっどげーむ

「ブラッドゲーム」とは「動物戦隊ジュウオウジャー」と登場する敵組織「デスガリアン」のゲーム。
目次[非表示]

概要

ジュウオウジャーの敵組織「デスガリアン」のオーナー、ジニスが考案した遊び。
狙った惑星を遊び場として選び、チームリーダー率いるチームのプレイヤーがどれだけ生き物を苦しめ葬るのかを争い合う最悪のゲームで、これにより今まで生命豊かな星を99個も滅ぼしており、記念すべき100個目の星として地球を選びゲームを開始した。
惑星の征服が目的ではなく、侵略行為をゲームと捉え、あくまでゲーム感覚で生物の命を苦しめて甚振り楽しむ事が目的である。 

デスガリアンにとって命と言う物は、敵の物であれ味方の物であれ大して重要では無いらしく、第1話で幹部の一人ジャグドが死んだにも関わらず全く意に介していない。
それどころか「今までの星は歯ごたえがなさ過ぎた」と対抗勢力の存在を喜ぶ余裕を見せている。

勝利条件は生命がもがき苦しむ様が大好きなジニスを喜ばせる事で、たとえ出動件数が少ない者でもジニスを一番喜ばせられれば勝利となる模様。結局勝者の判定はジニスの裁量で決まるので、実質外的な要因が無ければ(主に玩ぶ星が壊滅する等)ブラッドゲーム自体が止まる事は無い。
後述する様に、最終的に競い合うチームリーダーが全滅したので勝者への見返りに付いては一切不明で終わった。

第26話から第31話まで、バングレイが参戦した影響でブラッドゲームは休止していたが、第30話でジニスが伝説の巨獣「キューブホエールの力を確かめる為に休止していた事が判明した。

それからそのバングレイが戦死したのを境に、ジニスへの復讐を胸に秘めていたクバルが反逆劇を決行して失敗、第42話で殆ど自滅する形で戦死。そこから時を置かずにアザルド真の姿を取り戻すが、覚醒後の態度がジニスの不興を買い第46話で実質謀殺されてしまう。
これを持って地球へ来訪した際にいたチームリーダーは全滅、ブラッドゲームの結果はドローで終わったのだが、その状況に納得していないジニスが遂に自らゲームに乗り出す。

第47話で、ジニスは自らの拠点であったサジタリアークや量産型ギフトナリアをも惜しみなく使った『最後のゲーム』を行うのだが、王者の集まりとして自分達と多くの“繋がり”を作って来た地球を守り抜く決意を新たにしたジュウオウジャーの前に阻止されてしまう。これによって実質、デスガリアンは壊滅しブラッドゲームは完全終了したが…。

ブラッドゲームの一覧

話数プレイヤー内容
1話ジャグドスティブラスターカノンで四方八方に撃ちまくり、周りを火の海に変える
2話ハルバゴイヤリスギッスピアの雨を降らして、街を破壊
3話ボウガンス高所から次々と人間が運転している車を狙撃
4話アミガルド仲の良い人間のペアを捕獲し、バトルショーで競わせる。敗北した方は樽に変えられて宇宙へ追放されてしまう
6話ガブリオビル等の建造物を喰らい尽くす
8話ヤバイカーマフラッパーから出すパラリラノイズで生命を凶暴化させ、同士討ちを起こさせる
9話ハナヤイダー悪夢パフュームにより人間を永遠に覚めない悪夢に落とし、無防備になった所を自分の育てた食肉植物「カニバリブルボ」に喰わせる
10話ギフトジニス主催による特別ゲーム。触れた生物を消滅させるバリアを町中で発生・縮小させる事で、バリアの解除スイッチを探す事をジュウオウジャーに強いる。さらに解除スイッチを押されても、それに擬態した殺戮マシーン「ギフト」が起動。大規模な破壊活動を展開する
12話ハッテナーワードハンティングで文字(数字等も含まれる)を奪い、人間を読み書き出来なくし、文字のやり取りで成り立っている文明社会を麻痺させる
13話ノボリゾンスイドリルで山からエネルギーを吸い取り、山の植物を枯らし絶滅させる。ただし、エネルギーを吸う過程がひたすら地味で時間がかかる為、アザルドに時間稼ぎの派手な罠を山中に仕掛けて貰っていた
14話ドロボーズ現金や宝石を強奪して、地球の経済を滅ぼす…らしいが、どう見ても単なる窃盗行為でブラッドゲームでは無い。ただし、盗みの過程で弱みを握った人間に取引をする恰好で盗みを手伝わせ、用が済んだ後は約束を反故にして騙そうとした。ジニスは彼のゲームに対し「疲れるゲーム」と言いあまり楽しそうでは無かった
15話ハンタジイ撃った獲物を人形に変える弾丸を用い、遠距離狙撃で人間を人形へと変える。目標は1日で1000人
17話トランパスマークの書かれたカードを人間に張り付け、町中を彷徨わせる。同じマークの人間が近づくとお互い感電してしまう
18話トランパスペアである人間の片割れをボックスに閉じ込め、ボックスを開く為として正面に貼られたカードを引かせる。しかしカードは全てババ(爆発して吹き飛ばされるハズレ)で、当たりは一切無い
19話ボウリンゲン腰のバックルから放つ光線で人間達をピン状に並べ、そこへボールになった自分が突っ込み吹き飛ばす(所詮人間ボウリング)
21話プリズナブル人間を捕らえ、囚人として地下牢獄に送り込むが、それでどの様なゲームを行おうとしていたかは不明(開始する以前にジュウオウジャーに倒された為)
22話イルジオン町中にありふれている物体を爆弾に変え、爆発させる事で破壊や恐怖、混乱を巻き起こす
23話クルーザウチマクラスターで町や人間を無差別砲撃する
24話バングレイテストプレイ(暫定的なプレイヤー扱い)の名目でエントリー。自身の能力でターゲットの記憶から死別した人物を再現。暫く後、再現した人物をターゲットの前で斬り殺し絶望させる
25話ジャシンガーゲキシャッターで人間を写真に閉じ込め、それでアルバムを作る
32話オモテウリャー人間同士の裏の顔を曝け出し、仲違いさせて争わせる
33話スモートロン特殊な戦闘フィールドで相撲を強要、負けた相手に相撲の強制特訓をさせる事で混乱と屈辱を与える
36話サンババサンバを踊る事で猛火を発生させ、町を破壊する
37・38話サグイルブラザーズ物体を切断する力を持ったロープを二人一組で張り、それでのダブルダッチを強要させるべく町を破壊しながら人間を追い回す
39話シェフードン美味だが異常に高カロリーな料理を人間に食べさせ、動けない程の激太りにして屈辱を与える
40話キルメンチ出会った人間にケンカをふっかけ、負けた相手のボンタン(ズボン)を剥ぎ取る事で痛め付け恥をかかせる。…所謂只の『ボンタン狩り』(もっと言えば追い剥ぎ)で、面白いとは言い難い
41話ジニス自身の強化形態のテストも兼ねて、以前より泳がせていたクバルが反逆したのをゲームのターゲットとして逆利用。強化形態でクバルの配下を次々と仕留め、相手が逃げ出したら残った配下を操り巨大化させて町ごと攻撃する。その一方でクバル自身にはワザと攻撃を当てずに逃し、絶望と恐怖を与える
42話クバル日没までに独力で地球を滅ぼす(※物理的に無理な上、クバルらしからぬ力押しな内容。精神が錯乱した故の、成功する見込みすら無い事実上の自殺劇である)
43話ガッカリゼ描いた絵を実体化させる能力を駆使して、人間社会に混乱を引き起こす
46話アザルド・レガシージニスに“対等宣言”をした上で、どちらが先に地球を滅ぼすか競争、大規模破壊を行う。…しかし実際は“対等宣言”に不興を感じたジニスにより、ナリアを介して自身が意思と記憶を消去され、ただ暴れ回るだけの存在と化してしまった
47話シン・ジニスサジタリアーク中央にあった矢を地球へ撃ち込み、矢から宇宙船に伸びたケーブルを介して自身の細胞エネルギーを地球に注入。そのエネルギーで地球を破壊する


ゲームの真相

数々の星でゲームと称して星々を破壊し楽しんでいたジニスだが、これには彼の正体が影響している。ジニスは自らが無数のメーバから構成された存在であり、それに激しい劣等感を抱いているのだが「ゲーム」と称して自分より進んだ星の高等生物を滅ぼし進化した存在を証明する、つまり自らが下等生物である事を劣等感の元になる生物の存在自体を否定しながら、それを苦しめる優越感で快楽を得るという彼の歪んだ思想が生み出したものだった。
(プレイヤーの存在自体も自分の秘密を知りえる可能性を持つ外部の敵対者を防いだり逆に裏切ったり反逆者が出ればそれ自体もゲームの駒にしてリスクを抑えつつ楽しみの一つになるという利点もある為、使い捨ての素材としても利用価値がある)

こうした背景故に「ゲーム」という部分が強調されるが上記の通り苦しめジニスを喜ばせる事以外は、明確なルール自体は特に徹底して決まっている訳では無く自ら参加したり、部外者を招いたり、対等宣言したというだけでアザルドを暴走させるなどゲームマスターとして見るとかなり無茶苦茶な事をしておりある意味彼の閉じた世界を象徴しているといっても過言ではない。

もう一つのブラッドゲーム、「デスガリアンvsジュウオウジャー

上記した内容で繰り広げられるブラッドゲームは、いずれも地球の生命を脅かす物ばかりである(例外もあるが)。当然それを止めるべく出動するジュウオウジャーとデスガリアンは交戦する事になるが、そうなってもジニスはジュウオウジャーを攻撃する事も無いばかりか、一度倒されたプレイヤー達をコンティニューする程度の支援しかしない。
結局ジニスに取っては、ジュウオウジャーもそれに倒されるデスガリアンの仲間達も、「もがき苦しんで自分を楽しませる命」の一つに過ぎない模様である。その為妨害や抵抗をするジュウオウジャーとの戦闘は、各プレイヤーの仕掛ける各々のブラッドゲームと同時進行する、もう一つのブラッドゲームとして事実上扱われる。
しかし、こちらをクリア(=ジュウオウジャーに勝利)するプレイヤーは一人もおらず、更にはチームリーダー達やナリアすらも同様に脱落(戦死)。そして、前述の様に最後のゲームに失敗したジニスも無し崩し的にこれへ挑む事となったが、そこで自身が長らく隠し続けた劣等感を曝け出した末心身共に打ちのめされて完全敗北、ゲームオーバー(死亡)となった。
そしてこれを持って本当に、ブラッドゲームは完全終了した。

関連項目

動物戦隊ジュウオウジャー デスガリアン
ジニス ナリア クバル アザルド ジャグド
プレイヤー

関連タグ

ゲゲル -グロンギが行う殺人ゲームで、ゲーム感覚で行っている。
ただし、その本質は究極の闇を齎す者への挑戦権を得る“儀式”』の為、ブラッドゲームと違い仔細かつ厳格なルールが設けられている。

仮面ライダークロニクル-幻夢コーポレーション社長の檀黎斗バグスターと死のデータを集めて開発し、彼の死後パラドが完成させた殺人ゲーム。一般人がライドプレイヤーなる量産型ライダーに変身してバグスターと戦うゲームと見せ掛けて実はバグスターが人類を滅亡させるのが目的。ブラッドゲームにおけるジニス同様、パラド達バグスターが楽しめればそれで良いと言う点が酷似している。

デェムシュ レデュエ-2年前の30分後に登場した怪人達。片や弱者を嬲ることは強者の当然の権利だと思い、それに起因する破壊活動そのものに快感を覚える外道。
片や同胞を含めた他者全てを使い捨ての「オモチャ」と認識、自身の快楽の為に他人の命を弄び、特に血を分けた血族同士が殺し合う様を見て悦ぶ猟奇的な外道である。
因みにこの二人の上司はアザルドと同じ声

コメント