2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

復讐

ふくしゅう

不当な仕打ちをした相手に仕返しすること。特に敵討ちや仇討ちといった私刑を差す場合が多い。
目次[非表示]

"Don't get mad, get even." - Robert F. Kennedy
怒るな、やり返せ。 ―― ロバート・F・ケネディ

負の連鎖

復讐が復讐を呼ぶと言われるように、復讐した側が今度は復讐される側になる事もしばしばであり、泥沼化して終わりの見えない修羅場になる事は0ではない。また、復讐を果たしても埋められない悲しみと虚しさが復讐者を襲う事があり、新たな惨劇の根源となるものもある。
こういう事もあり、現在の法律では復讐は認められていない。というより犯罪を正当化するものではない
極刑である死刑制度は被害者が復讐者(殺人者)にならないようにする最後の手段となっている社会的防壁でもあるとされている。

また、敵討ち・仇討ちの場合は「犠牲になった者が本当にそんな復讐を望んでいるのか」という問題も生まれる。
犠牲者の全てが命を奪った悪人を憎悪するわけではなく、自分の死をある程度受け容れつつむしろ自分亡き後の家族・友・恋人の幸福を願って世を去る者も確かに一定数存在するからである。
この辺りの確認を蔑ろにし、ただ怒りのままに暴走する復讐者の場合は周囲(フィクションの場合は読者・視聴者も)から「犠牲者(の心)を踏みにじっているのはお前も一緒だろう」という手厳しい指摘が入る場合もある。

最近は「復讐は何も生まない」「復讐しても死者は蘇らない」というありがちな否定理由を綺麗事と捉え、個人が納得できるかどうかを優先して「復讐すればすっきりする」という肯定的な意見もよく見られる。
ただ繰り返しになるが、復讐は犯罪を正当化するものではない
むしろ、人が「復讐は何も生まない」「復讐しても死者は蘇らない」と言うのは復讐を完遂し、その後に何も残らなかったという虚しさを知ってしまった者だからこそ至った境地、復讐者に堕ちた者だからこその警句だとも言われる。

このような理由で、物語において復讐者が主人公あるいは重要キャラとなる際は、相応に同情できる理由(対象が世界規模の脅威をもたらす巨悪、何らかの事情で警察などが解決に動いてくれない、など)が描かれる事が多い。

なお、ハンムラビ法典の有名な一節「目には目を、歯には歯を」は、断じて復讐を正当化・奨励したものではなく、倍返しを禁じるために制定されたものである。

別名・表記ゆれ

敵討ち 仇討ち 逆襲 仕返し 報復 リベンジ

関連項目

攻撃 憎しみ 恨み 逆恨み 呪い カウンター 雪辱
エリーニュス 復讐鬼 復讐者 復讐劇 【ピク復讐】
復讐もの CoD:MW2

関連記事

親記事

逆襲 ぎゃくしゅう

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「復讐」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「復讐」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17359796

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました