ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

バビロン第一王朝(BC1894~1595)第六代王、ハンムラビ(ハムラビとも。生誕B.C 1810頃、死没B.C 1750頃、治世はBC1792~1750)が制定した「法典」。いわゆる「目には目を」という同害復讐の報復律規定により特に有名

この「法典」は自立できる棒、のような柱状のモニュメントに刻まれた(メイン画像)。
モニュメント上部にはメソポタミア神話太陽神シャマシュから王権を授与されるハンムラビ王の姿が彫刻されている。

法典と呼ばれているが、そうすることへの問題点(具体的な例を扱っていて普遍性に欠ける、犯罪に対する禁止規定がない等)も多々指摘されている。
日本語訳が出版社リトンより刊行されており、この翻訳書の書題もハンムラビ「法典」と法典のところが「 」で挟まれている。

特徴

目には目を、歯には歯を


タリオ(同害復讐)に関わる条文は196~200条、その中でも特に有名な「目には目を、歯には歯を」は196条である。
正しくは「もしアウィールムが、アウィールムの仲間の目を損なったならば、彼は彼の目を損なわなければならない」(197条では目を損なったなら、が骨を折ったならに置き換わる)。
 
続く198条には「もし彼(アウィールム)がムシュケーヌムの目を損なったのならば、銀1マナ(約500g)を払わなければならない。」とされるなど、常に「目には目を」という罰が与えられたというわけではなく、状況によって罰も変化したことが見て取れる。

アウィールムとムシュケーヌムは市民としての地位の差であるらしいが、詳細はわかっていない。

その他

現代における誤解

この「目には目を」の条文は現代ではしばしば「やられたらやり返せ」との意味に解釈されるが、本当はそんな意味ではなく、「仕返しは同程度まで」という、倍返しなどの過剰な報復や、復讐の連鎖を防ぐためのものである。つまり「やり過ぎ禁止」というわけである。
それも常にタリオが適用されるというわけではなく、アウィールム同士の間であっても、金銭による解決等も可能であったらしい。

ハンムラ「ビ」かハンムラ「ピ」か

ハンムラビ、ハンムラピ、ハムラビ、ハムラピと様々に表記されるが、アッカド語においては、「bi」と「pi」が同じ文字で表され、発音の判別をつけることが困難であるため、名前の最後の一文字がどちらになるか確定はしていない。

だが、両者の文字が異なるウガリト語の文書において、「pi]と表記された文書が見つかっている。

関連記事

親記事

法律 ほうりつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンムラビ法典」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 269856

コメント