ピクシブ百科事典

復讐もの

ふくしゅうもの

『復讐もの』とは主に『小説家になろう』をはじめとするサイトで閲覧できる小説のジャンルの一つである。※画像はあくまでイメージ図です
目次[非表示]

『復讐もの』とはどんな内容か?

読んで字の如く、『主人公が自分にひどい仕打ちをした者に復讐をする』という内容なのだが、
作品によって主人公が復讐を決意するに至るまでの経緯が異なるのでそれらをここに記載する。
(ただし、作品によっては設定が異なる場合もあるため、記載するのはあくまでも一例である。)
※:後述以外のケースも複数存在するので、それらのケースや後述のケースに更に詳しい方がいれば追記をお願いします。

①クラス転移(召喚)型

ある日、学生である主人公は自分達がいる教室丸ごと異世界転移(異世界召喚)してしまう。
そこで自分達を呼び出した張本人(主に『魔王などの世界を脅かす存在を倒すためにが呼び出すパターンが多い』)から事情を聞き、納得できないながらも、その張本人からソシャゲチュートリアルのような感覚で一人一つずつスキルを受け取るのだが、主人公の手に入れたスキルだけは他のクラスメイト達と比べて戦闘では役に立たなそうだったり、弱そうだったりととてもイマイチすぎるものになってしまう。それに対して(強そうだったり便利そうなスキルを手に入れた)クラスメイト達は主人公を嘲笑して、呼び出した張本人すらも主人公に対してとても嫌そうな顔をする。当然主人公はスキル習得のやり直しの要求や抗議をするのだが聞き入れてもらえず、クラスメイト達や呼び出した張本人は『こんなダメスキルを持つ奴が役に立つわけがない』という完全な思い込みで、主人公を追放する。(そしてその主人公の行き先は『海底のように深い地下』や『地獄と言えるほどに環境の悪い別の場所』であることが多い)主人公は追放された先で、自分の手に入れたスキルの使い道効果などの詳細を知り、自分を裏切ったクラスメイト達や自分をこんな目に遭わせた張本人に復讐することを決意するのだった……。が、中にはまとも且つ親しくて主人公が死んでしまい(と思っている)、生き別れになってしまった良き理解者の女子がいる場合、その娘との再会も目的の1つになっている。

②勇者への復讐型

主人公は異世界で生まれ育った住人で、大切な幼なじみと共に平和ながらも楽しく暮らしていたのだが、だがある日、主人公と幼なじみの暮らすに、魔王討伐の使命を持った勇者がやってくる。なんでも勇者の話では「幼なじみは強力なスキルや戦闘能力の持ち主で、魔王討伐にとても役立つ戦力になる」という…当然幼なじみと離れ離れになりたくない主人公は抗議するのだが、勇者には突っぱねられてしまい(中には暴力を伴う場合もある)幼なじみはそんな主人公を勇者から庇うため(もしくは主人公との平和な未来を守るために)勇者パーティに加わって旅立つことになってしまう。主人公は魔王が討伐されて幼なじみが無事に戻ってくることを願っていたのだが、(魔王討伐に成功した勇者パーティが主人公の住む村や町を訪れる等で)再会した時には幼なじみは勇者によって寝取られ心変わりしてしまい、主人公は自分の持つ(手に入れた)スキルを使って自分から幼なじみを奪った勇者への復讐を決意するのだった…

③勇者本人が復讐型

上記の逆バージョンだが、一部は召喚や下記の転生にも統合する場合もある。世界を救ったが周りに裏切られるか、代償に家族や兄弟等の大切な物を失ってしまう。仲間の勇者達に奴隷扱いされる等、勇者本人にとって理不尽な展開や扱いをされる。前者の場合処刑されるが、不思議な力を手に入れて復活するか旅立ちの前辺りに時間が巻きもどる。後者は魔王等の最後戦いのの途中にこれまた不思議な力に目覚め、こちらも時間が巻きもどる場合もある。物語の中には主人公ではなく仲間が復讐に燃える勇者の場合がある。

④転生者が復讐型

イジメや理不尽な社畜にパワハラ等による死んでから異世界に転生するよくある異世界転生物だが、前世同様あるいはそれ以上に酷い仕打ちで絶望し、転生した先で手に入れた力で前世と今世の世界(作品にもよるが復讐対象か全人類)を滅ぼす事を決意する。だが、流石に1人では実現は出来ないので、同じ目的を持つ仲間を増やすのを第1目標として始めることが多い。

登場人物等の設定

主人公

作品にもおけるが、基本的に物語のプロローグで周りからひどい仕打ちを受けて無心状態又は死亡している。魔王との戦闘開始直前又はその後、転移後による能力による差別、死亡後に不思議な力に目覚めて生き返るか旅立ち(転移)の日かその数日前に時間が巻き戻る、転生後に転生後の家族や親しい人が皆殺しにされる等の展開を引き金に高確率で(自分の中の)人格や性格、信じていた世界観や価値等が歪み、復讐の火種が着くのである。

クラス転移で主人公と生き別れた少女

主人公が貰った能力がゴミと罵りられている所を庇うのだが、それも虚しく主人公は追放等で生き別れになってしまう。クラス中や主人公達を呼び出した張本人達は主人公の事を全く心配しないが、まともな少女は心のどこかで「主人公は生きていてまたいつか必ず会える」と信じており、再開では涙ながらに喜ぶ。その後は主人公一行に加わる事が多く、エピローグでは主人公と(ハーレムものも含まれているか否かに関わらず)婚約する場合が多い。

主人公の家族

作品によっては回想シーンのみの登場や一切登場しない場合が多い。作品によっては主人公が突然行方知らずになって心配する常人だったり、主人公を虐待等をする毒親、転生ものなら前世よりやさしい新しい両親や兄弟等様々。前者以外は物語の展開次第(毒親の行為を思い出す・転生後の家族が殺される)で主人公の復讐のトリガーになったりする場合が多い。中には前世・元の世界に戻れる手段を手に入れたりする場合があり、毒親を抹殺する展開もある。異世界を舞台にした復讐ものでは主人公の兄弟が女性である場合が多く、彼女の仇をとったり、復讐の同行者になる、行方不明になって捜索するなど、基本的に主人公の味方になっている事が多い。

クラスメイト

主人公と共に召喚・転生された主人公の同級生達。稀に教師も巻き添えを食らう事もある。上記も書かれているが、主人公が手に入れた能力が役立たずのゴミスキルと罵って笑ったり見下したりする。その後は(状況等にもよるが)モンスターか主人公に殺される場合が多いが、作品によっては主人公は彼らの生死はどうでも良くなったり、罵倒をした事を水に流す等の意外な展開もある。

関連タグ

小説家になろう 復讐 因果応報 無慈悲
追放もの:『主人公を酷い目に遭わせた者が報いを受ける』という点が共通している。
ざまぁ:小説のタグに高確率で付いている。
命乞い:自分達へ復讐するために現れた主人公に追い詰められたクラスメイトや張本人が用いる手段。詳細は個別記事を参照。

関連記事

親記事

復讐 ふくしゅう

兄弟記事

コメント