ピクシブ百科事典

なろう系

なろうけい

『小説家になろう』に投稿されてそうな作品の事。
目次[非表示]

「なろう系」とは、小説投稿サイト『小説家になろう(以下、なろう)』に投稿された作品に多く共通する要素、サイト独特のテンプレートをジャンルとして区分する言葉、およびレッテル貼りの一種として扱われている言葉である。

なろう系の定義

『なろう』に投稿された作品の中で商業進出にピックアップされやすい上位作品には、ある種のお約束とも言うべき似通った作風の傾向が見られ、それを「なろうテンプレ」と呼ぶ。
一時期「なろうテンプレ」の代表格とされていたものが異世界転生した主人公が、特に苦労する事なくチート能力を手に入れて大活躍する」という、所謂「異世界チートもの」であった。

外部の人間が「なろう系」という言葉に抱くイメージは大抵がこの「異世界チートもの」であり、外部に「なろう系」を知らしめる切っ掛けになったものの、あまりにもご都合主義な内容などから反感を抱かれやすいジャンルでもあった。

異世界チート=なろう系?

「異世界チートもの」自体は他の小説投稿サイトにも広まっているジャンルであり、なろう固有のジャンルではない。
「なろう系主人公」などと揶揄されがちな「チート能力を持ち、女性にモテモテな主人公」というキャラクター像自体も、大昔の神話の時代から描かれ続けているありふれた類型の一つに過ぎず、別に昨日今日になって急に出てきたものではない。キャラとしての魅力に欠けているとすれば、それは単純にその作者の力量と読者の好みの問題である。

また、なろう内部の流行も一貫したものではなく、流行りすぎて「異世界チートもの」がウンザリするくらい乱立した事も相まって、流行に対する逆張りである「アンチテンプレ」も形成され、それが新たな「なろうテンプレ」となって流動的に主流が変化していくものである以上、異世界チート=なろう系という認識は、ただの偏見以上のものではない。

そんな状況であるにも関わらず「なろうテンプレ」を踏襲したとされる作品は「なろう出身作」という印象を抱かれやすく、例え「なろう出身作」ではなくても一纏めに「なろう系」と括られる。
これはカクヨム出身作品やその他の商業作品でよく見られるケースである。

逆に「なろうテンプレ」に当てはまらなくても出身が「なろう」だった事で「なろう系」と言われることもあり、メディアミックスの際に原作がなろう投稿作品であった場合、公式に「なろう系」の表記を用いる例もある。
後になろう作品初の実写映画(後に劇場アニメ化)にもなった『君の膵臓をたべたい』は「異世界チートもの」ではないにも拘わらず、「なろう系」の代表格の一つとされる最たる例である。

結局のところ「なろう系」を表す明確な基準はなく、意味が定まらないまま拡大解釈を続けており、安易に用いると「根拠のないレッテル貼り」や「ゲーム系迷惑サイトによる印象操作」と認識される危険な言葉と化している。
作品の傾向や出自を言い表す場合、サイト名や出版社などの明確な出自、別のキーワードを用いたジャンル名を使った方が無難かもしれない。

関連項目

小説家になろう スマホ太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「なろう系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14760

コメント