ピクシブ百科事典

異世界転生

いせかいてんせい

異世界転生とは、エンターテインメント作品のプロットのひとつである。
目次[非表示]

概要

主人公が異世界転生し、そこでの活躍を描いた作品に付けられるタグ。Web小説の隆盛に伴い台頭が著しい。

このようなプロットをとる作品は古くからあるのだが、近年の隆盛は、元々二次創作の1ジャンルである「作品内のキャラへの転生」のフォーマットをオリジナル作品(一次創作)として落とし込んだのが源流とされる。

元の世界(現実世界とは限らないが……)でトラックに轢かれて(※1)、その後に神様(それに類する人物)から「あなたを異世界へ転生しますので、その際にひとつだけ能力を与えましょう」的な発言(※2)を受け、そこから能力(あるいは記憶など)を引き継ぎ(※3)、異世界(※4)へ転生(※5)するというのが一種のテンプレとなっている。
(作品によっては、いわゆる知識チート等もいるのだが……)

※1:場合によってはトラックに轢かれるの部分が「何者かに殺されて転生した」等に変わる。また、死因が不明の場合もある。
※2:案内人が現れず、気がつけば異世界に生まれ変わっているパターンもある。
※3:作品によっては案内人はいるのだが、能力が与えられずにそのまま異世界へ放り投げられる事もある。
※4:転生先はRPGっぽいファンタジー世界が鉄板だが、現代ファンタジーやSF、過去や未来の世界、中には漫画アニメの世界へ転生する作品もある。
※5:転生後の姿が人間とは限らず、亜人動物モンスターなどの無機物やAI(人工知能)のような生物以外、など多くのパターンがある。中には温泉といったものに転生する作品も。
こういった生物以外の場合は「無機物転生」と呼ばれる。

また、もう一つのパターンとして、異世界で子供が前世の記憶を持って産まれる(※1)という物があり、こちらの場合は前世で具体的に死亡したと語られない事も多い。
※1:構成によっては、ある程度成長してから思い出すパターンもある。
※1:前世・現世の供述がなく、生まれつき異世界で生まれ育った人間(ハイファンタジーものの主人公)として自堕落に生きる設定もある。「世界は元は一枚の地図(紙)だった」「宇宙・地球はビッグバンから生まれた」「人類は紀元前は石や火を使って生活をしていた」「生き物は海から生まれた」など、主人公(人間)よりも世界・属性の起源の説明が中心にされるケースが多く、ファンタジーSFの一種で、無機物転生の要素も含んでいる。
※1:異世界人の主人公が人間界の愚かな人間達(脇役)に制裁を加えたり、憐れんで救うパターンもある。人間(読者)と異世界人(二次元キャラクター)の立場が入れ替わっているパターンで、人間の愚かさが自虐自嘲自己嫌悪的な目線で描かれる。ラスボスは人間ではないケースが多い。

両者に共通の要素として「元の世界での人生は一旦終わった物として扱い、その上で異世界で新しい人生を始める」という構図がある。そのため後述の異世界転移と違って元の世界に戻る展開になる事は少ないが、作品によっては生き返ったり別人になったりした上で帰還と言うパターンもあるかもしれない。

なお、死亡も誕生もせず、元の人間が何らかの形で直接異世界に移動する作品は、異世界転移として小説家になろうでは分けられる傾向がある。
(一度死亡していても、生前と同じ姿で世界移動する場合は異世界転移に含まれる場合が多い。ただし、作中で転生と明言されているはずが転移とひっくり返るのは……ある種のメタ発言と言えなくもない為、特に終盤で明言された作品以外では転移扱いとしない方が望ましい)

小説家になろうでは異世界転生と異世界転移の作品ばかりがランキングを独占した結果として、ジャンルの再編成が行われた程である。


作品の一例


pixivにおける異世界転生

イラストにこのタグをつける例は大百科が立てられた当初は絶無だったが、次第にオリジナルイラストでもタグが付けられるようになっている。

その一方で、小説カテゴリでは多数このタグの付いた作品が見受けられる。

キャプション検索を含めると、イラストもある程度発見出来るだろう。

関連タグ

パラレルワールド

異世界人 転生 転生パロ

カフェ野ゾンビ子:異世界バーチャルYouTuberと言う肩書を持つ。

pixivに投稿された作品 pixivで「異世界転生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 506343

コメント