2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

大規模な災害戦争によって人類の文明が崩壊し(→アポカリプスも参照)、文明が依存するライフラインが絶たれた世界で人間はどう生きるのかについて描く、SFのサブジャンルのひとつ。

終末もの」や「破滅もの」とも呼ばれることもある。特に日本では『北斗の拳』の影響で世紀末という呼称が定着している。

学位や社会的地位、経済力といった社会制度に由来する要素が意味を成さず、サバイバル知識や技能、原始的な道具が重要となる。

「パニックもの」と違うのは世界秩序や公的機関が機能を失っており、外部からの助けが期待できない点。文明の崩壊からの経過時間によって世界観の描写も異なってくる。
このため「崩壊後の世界」と「崩壊しつつある世界」の作品が混在している。

描写例

  • 崩壊直後は混乱や暴動が予想されるため、序盤にパニック要素を持つ作品もある。また現代社会なら犯罪にあたる略奪や殺人が横行し弱肉強食が世の掟となったバイオレンス要素の強い作品も多い(例:『バイオレンスジャック』・『北斗の拳』)。
  • 建造物の大半は維持されることなく廃墟となり、時間が経つにつれて汚損・倒壊していくが、疫病の蔓延などで短期的に人類が死に絶えた場合などは綺麗な町並みが残る。前者は自然に還る建築物、後者は誰もいない綺麗な町並みなど、取り残された人間の孤独感や虚しさや静けさ・寂しさの描写をメインとする作品もある(例:『ヨコハマ買い出し紀行』)。
  • 文明崩壊の原因が消え去っておらず、生き残った人類がこれらから逃避するという設定も多い(例:『ゾンビ』)。
  • 崩壊前の技術が利用できる設定もあり、生き残った人類の一部がこれらを独占したり、逆に排斥されるなどの設定もある。これは主人公や特定の勢力が圧倒的に強い理由付けとしても用いられる(例:『未来少年コナン』)。
  • 文明社会ではありふれた物(化学調味料発泡スチロール等)が「もう生産不可能な前文明の遺産」として高額で取引されるという終末世界観そのものがギャグになっている作品も存在する。(例:神坂一短編『O・P・ハンター』等)
  • 環境の変化により交通手段が大きく変わっていることもある。例えば2以降の『マッドマックス』シリーズの場合海が干上がり、空港も砂に埋まってしまった為役に立つ乗り物は車両のみという設定だが、『ウォーターワールド』では逆に海面上昇で人工島を除き陸が無くなってしまった為、主な移動手段は船舶と航空機になっている。また『BLAME!』ではロボットにより複雑に入り組んだ都市が拡張され続けているため乗り物が使用できず、移動手段は徒歩のみとなっている。
  • 作品によっては現生人類の文明崩壊後、新たに登場した別の種族がそれに代わって社会、文明を形成している場合もある(例:『火の鳥未来編』、『猿の惑星』、『アイ・アム・レジェンド』)。
  • 核シェルターなどに避難した人々の様子を中心とした作品では、崩壊の様子は断片的に提示される。『ザ・ラストシップ』は主な舞台が「洋上の艦内」であるため、崩壊の様子は救援を求める無線や上陸時に遭遇した人の様子が中心である。
  • 地質学者のドゥーガル・ディクソンは人類滅亡後の地球の生態を推測した作品を発表している(『フューチャー・イズ・ワイルド』『アフターマン』『マンアフターマン』)。これらは創作であるが未来の環境を予測するという科学教育の面もある。
  • 世界や文明が終末を迎えているのにもかかわらず主人公たちは安全な場所に避難してそれを傍観したり新しいコミュニティの建設に精を出すという、ロビンソン・クルーソーのポストアポカリプス版のような作品は「心地よい破滅もの(コージーカタストロフ)」と呼ばれる(例:『トリフィドの日』)。


派生

「終末」から長い時間が経ち、新しい秩序・文明が現れた世界を描く作品もポストアポカリプスに分類されることがほとんど。
「終末」が起こった事実が忘れられたり、隠されたため、物語の序盤ではそうだとわからない作品も多い。

  • 平穏を取り戻した状況で生き残った人類やその末裔、別種族の生活をコミカルに描く作品もある(例:『ざわざわ森のがんこちゃん』・『けものフレンズ(アニメ)』)。
  • 「終末後」というより「終末後の遥か未来」なので、終末の気配は薄く、退廃的な雰囲気がほとんど感じられない場合もある。また退廃的な世界観であっても終末そのものが原因ではないパターンもある。
  • はるかな未来における地球そのものや宇宙そのものの終焉を描いたものは「ダイイング・アースもの」とも呼ばれる(例:『タイムマシン』『異次元を覗く家』)

類似ジャンル

  • 偏った価値観が支配するディストピアとは似て非なるものだが、文明崩壊によって秩序がリセットされ、新しく興った秩序がディストピアという設定、逆にディストピアが崩壊し秩序がリセットされるという展開ならば両ジャンルが共存する。またシリーズものであれば、続編では復興していることもある。
  • 明確な定義は決まっていないが、新日常系と呼ばれるジャンルは『悲惨な世界での日常系』というポストアポカリプスの変則とされる。
  • ファンタジー作品の場合にはダークファンタジーと呼ばれることが多く、『進撃の巨人』や『終末期の赤い地球』などが該当する。
  • 生き残った人類を探して旅をする設定も多く見られ、ロードムービー要素はメインではなくとも多くの作品に入っている。
  • タイムスリップものには、世界崩壊の原因を突き止める・除去するため過去へ行くという設定の作品も多い。これらは過去の世界での活動が中心となることが多く、崩壊後の描写は最初と最後に少しだけという作品もある(例:『12モンキーズ』)。
  • 人類絶滅を免れた一部が地球を脱出し新天地を目指すという設定は「エクソダスもの」とも呼ばれ、オーバーラップする作品は多い(例:地球最後の日・14歳)。
  • 文明崩壊後に幸せな文明が再建されたならば、ユートピア作品も作品属性に入る場合あり(例:スタートレック)。


題材にしている作品(国内)

※作品名五十音順。

漫画


アニメ


小説


ライトノベル


特撮・実写


ゲーム

アクションゲーム


RPG


アクションRPGシミュレーションRPG
ダンジョンRPGテーブル・トークRPG

シューティングゲーム


TPS


格闘ゲーム


アダルトゲーム


メディアミックス


題材にしている作品(海外)

小説


映画


アニメ


ドラマ


ゲーム


余談

  • ポストアポカリプスや終末モノの中にはハルマゲドン(最終戦争)や最後の審判など、ヨハネの黙示録からの引用や匂わせる演出が入る作品が見られる。だが、黙示録ではハルマゲドンの後に神が地上を直接支配する千年王国の時代が来る。つまり、悔い改めた者に限るのはともかく、筋書きはバッドエンドではない。


  • 地獄の黙示録』の原題は「Apocalypse Now」=「黙示録来たれり」。向うの"敬虔な"キリスト教徒が街中でプラカード持って叫んでるソレであるが、実際彼らは「明日にでも黙示録の世界が来るから悔い改めて」と言う意味で叫んでいる。
    • これはキリスト教が確実化した2,3世紀頃からずっと言われ続けている事なので、キリスト教徒にとっては「いつでも明日は黙示録」=「いつでも明後日はポストアポカリプス」なのである。

関連イラスト

オリジナル

壊れた世界
世界の終りの七日間


dayfly
a broken world



版権

けものフレンズ
終末旅行


ディスカバリー
新宿ヒャッハー



関連タグ

ディストピア サバイバル
終末 世紀末 終末もの
黙示録アポカリプス) ラグナロク

修羅場 廃墟 資源

ギャング 暴力 ヒャッハー! モヒカン

感染症第三次世界大戦ゾンビ:世界が崩壊する原因としてよく使われる設定。

外部リンク

終末もの - Wikipedia
ポストアポカリプスとは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

終末 しゅうまつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ポストアポカリプス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ポストアポカリプス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5365990

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました