ピクシブ百科事典

ポストアポカリプス

ぽすとあぽかりぷす

ポストアポカリプスとは、「黙示録の後」を意味し、文明が退廃した後の終末的な世界観を表す言葉である。
目次[非表示]

概要

大規模な災害戦争によって人類の文明が崩壊し(→アポカリプスも参照)、文明が依存するライフラインが絶たれた世界で人間はどう生きるのかについて描く、SFのサブジャンルのひとつ。
終末もの』や『破滅もの』とも呼ばれることもある。

学位や社会的地位、経済力といった社会制度に由来する要素が意味を成さず、サバイバル知識や技能、原始的な道具が重要となる。 

パニックものと違うのは世界秩序や公的機関が機能を失っており、外部からの助けが期待できない点。文明の崩壊からの経過時間によって世界観の描写も異なってくる。
このため『崩壊後の世界』と『崩壊しつつある世界』の作品が混在している。

  • 崩壊直後は混乱や暴動が予想されるため、序盤にパニック要素を持つ作品もある。また現代社会なら犯罪にあたる略奪や殺人が横行し弱肉強食が世の掟となったバイオレンス要素の強い作品も多い(例:『バイオレンスジャック』・『北斗の拳』)。
  • 建造物の大半は維持されることなく廃墟となり、時間が経つにつれて汚損・倒壊していくが、病理の蔓延などで短期的に人類が死に絶えた場合などは綺麗な町並みが残る。前者は自然に還る建築物、後者は誰もいない綺麗な町並みなど、取り残された人間の孤独感や虚しさや静けさ・寂しさの描写をメインとする作品もある(例:『ヨコハマ買い出し紀行』)。
  • 文明崩壊の原因が消え去っておらず、生き残った人類がこれらから逃避するという設定も多い(例:『ゾンビ』)。
  • 崩壊前の技術が利用できる設定もあり、生き残った人類の一部がこれらを独占したり、逆に排斥されるなどの設定もある。これは主人公や特定の勢力が圧倒的に強い理由付けとしても用いられる(例:『未来少年コナン』)。
  • 環境の変化により交通手段が大きく変わっていることもある。例えば『マッドマックス』の場合海が干上がり、空港も砂に埋まってしまった為役に立つ乗り物は車両のみという設定だが、『ウォーターワールド』では逆に海面上昇で人工島を除き陸が無くなってしまった為、主な移動手段は船舶と航空機になっている。また『BLAME!』ではロボットにより複雑に入り組んだ都市が拡張され続けているため乗り物が使用できず、移動手段は徒歩のみとなっている。
  • 作品によっては現生人類の文明崩壊後、新たに登場した別の種族がそれに代わって社会、文明を形成している、場合もある(例:『火の鳥未来編』、『猿の惑星』、『アイ・アム・レジェンド』)。
  • 核シェルターなどに避難した人々の様子を中心とした作品では、崩壊の様子は断片的に提示される。『ザ・ラストシップ』は主な舞台が「洋上の艦内」であるため、崩壊の様子は救援を求める無線や上陸時に遭遇した人の様子が中心である。
  • 地質学者のドゥーガル・ディクソンは人類滅亡後の地球の生態を推測した作品を発表している(『フューチャー・イズ・ワイルド』『アフターマン』『マンアフターマン』)。これらは創作であるが未来の環境を予測するという科学教育の面もある。
  • 世界や文明が終末を迎えているのにも関わらず主人公たちは安全な場所に避難してそれを傍観したり新しいコミュニティの建設に精を出すという、ロビンソン・クルーソーのポストアポカリプス版のような作品は「心地よい破滅もの(コージーカタストロフ)」と呼ばれる(例:『トリフィドの日』)。

派生

「終末」から長い時間が経ち、新しい秩序・文明が現れた世界を描く作品もポストアポカリプスに分類されることが殆ど。
「終末」が有ったことが忘れられたり、隠されたため、物語の序盤ではそうだとわからない作品も多い。

  • 平穏を取り戻した状況で生き残った人類やその末裔、別種族の生活をコミカルに描く作品もある(例:『ざわざわ森のがんこちゃん』・『けものフレンズ(アニメ)』)。
  • 「終末後」というより「終末後の遥か後」なので、終末の気配は薄く、退廃的な雰囲気がほとんど感じられない場合もある。また退廃的な世界観であっても終末そのものが原因ではないパターンもある。
  • はるかな未来における地球そのものや宇宙そのものの終焉を描いたものは「ダイイング・アースもの」とも呼ばれる(例:『タイムマシン』・『異次元を覗く家』)

類似ジャンル

  • 偏った価値観が支配するディストピアとは似て非なるものだが、文明崩壊によって秩序がリセットされ、新しく興った秩序がディストピアという設定、逆にディストピアが崩壊し秩序がリセットされるという展開ならば両ジャンルが共存する。またシリーズものであれば、続編では復興していることもある。
  • 明確な定義は決まっていないが、新日常系と呼ばれるジャンルは『悲惨な世界での日常系』というポストアポカリプスの変則とされる。
  • ファンタジー作品の場合にはダークファンタジーと呼ばれることが多く、『進撃の巨人』や『終末期の赤い地球』などが該当する。
  • 生き残った人類を探して旅をする設定も多く見られ、ロードムービー要素はメインではなくとも多くの作品に入っている。
  • タイムスリップものには、世界崩壊の原因を突き止める・除去するため過去へ行くという設定の作品も多い。これらは過去の世界での活動が中心となることが多く、崩壊後のは描写は最初と最後に少しだけという作品もある(例:『12モンキーズ』)。
  • 人類絶滅を免れた一部が地球を脱出し新天地を目指すという設定は「エクソダスもの」とも呼ばれ、オーバーラップする作品は多い。
  • 文明崩壊後に幸せな文明が再建されたならば、ユートピア作品も作品属性に入る場合あり。


ポストアポカリプスの作品(五十音順)

映画・ドラマ

  • 12モンキーズ
    • 世界を崩壊させたウィルスの情報を入手するため過去へタイムスリップする。
  • アイ・アム・レジェンド地球最後の男
    • 全人類が吸血鬼になった地球でただ一人吸血鬼にならなった男が毎昼吸血鬼狩りをしていたがある日吸血鬼に捕まり…
  • ウォーキング・デッド
  • ウルトラマンサーガ
    • 異星人の侵攻により地球人がほぼ全滅した地球が舞台。
  • 仮面ライダージオウ
  • ザ・ラストシップ
    • ウィリアム・ブリンクリーの小説(1988年)。新型ウイルスの蔓延で崩壊しつつある世界を舞台に、難を逃れたアメリカ海軍の駆逐艦が解決のため奮闘する。2014年にテレビドラマ化された際には実際のイージス艦が撮影に使われた。
  • 猿の惑星
  • ターミネーターシリーズ
  • 渚にて
    • 北半球が核戦争による放射能で壊滅した後、生き残りの潜水艦がオーストラリアに入港してくるが…
  • 日本以外全部沈没
  • バイオハザード
    • ゲームは崩壊しつつある世界、映画版である『RESIDENTEVIL』(『Ⅲ』以降)は崩壊後の世界が舞台。
  • 復活の日
    • 細菌兵器の流出により南極の観測基地以外の全人類が絶滅
  • ポストマン
    • デイヴィッド・ブリンの小説(1982年)。世界大戦により崩壊したアメリカを舞台に郵便配達員になりすました役者が次第にリーダーとして祭り上げられる。1997年に映画化されたが内容は大幅に改変されている。
  • マッドマックス
  • ラ・ジュテ
    • フランスの芸術映画。第三次世界大戦で汚染されたパリを舞台に、捕虜をタイムスリップさせ崩壊を防ぐエネルギーを持ち帰らせるという実験を描く。白黒写真を連続して映す『フォトロマン』という技法で撮影されており、上記の『12モンキーズ』の原案とされる。
  • リベリオン
    • ポストアポカリプスのディストピア」という両ジャンルを合わせた世界観設定。またラストは「ディストピアの崩壊」である。
  • レボリューション
    • テレビドラマ。全世界規模の大停電で社会が崩壊し、多数の軍閥が群雄割拠するアメリカが舞台(ポストアポカリプスのディストピア)。
  • ロメロのゾンビ映画三部作
    • 『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』、『ゾンビ』、『死霊のえじき』の三作


漫画・アニメ・小説他


ゲーム

  • アーマード・コアV
    • プレイヤーが使うアーマード・コアは過去の文明が作り出した兵器で、それを発掘、回収して使用しているという設定。続編のVDでは行動を制限していた環境汚染が沈静化し、各地で発見された過去の文明の遺産である「タワー」から入手した技術が解析された結果、V時代の武装やパーツを量産でき、更に武器腕を始め新たな装備も製作されるまでに進歩している。なお、「大破壊」なる厄災の影響で人類が地下に避難した初代の頃から『ポストアポカリプス後のディストピア(さらにその後再度ポストアポカリプスが発生)』を想像させるような世界観をしている。
  • Another Century's Episode 3 THE FINAL
    • もう一つの世界であるB世界は真ゲッターロボやガンダムX、エウレカセブン等をまとめた世界となっている。
  • イデアの日
    • キャラクターデザインを含めて見た目は現代風だが、モンスターによって多くの都市が廃墟と化している終末世界である。同作者のゾンビ漫画「Z」の事態終息後を思わせる。
  • ウタカゼ
    • コビット族などの「言葉ある種族」が生まれる前は大きな人々(人類)が現代と変わらないような生活をしていたが、虚無の振りまく悪意を克服しきれず絶滅している。その遺産や無念などが物語に登場することもしばしば。
  • うたわれるもの
    • 一見、記憶を無くした主人公が獣人の住む異世界に転移した物語に見えるが、じつは環境破壊と再生の結果で今の人類が地上住めなくなって、獣人の正体が地上に強い耐性を持つように作られた亜人・デコイの住む地球ということ。
  • エースコンバットシリーズ
    • 架空の世界を舞台としたストレンジリアルでは隕石禍を受けた地域で秩序の崩壊が起きている国があり、現実の世界を舞台とした『エースコンバットインフィニティ』でもストレンジリアルと同様に隕石禍の被害を受け、世界秩序の崩壊が引き起こされている。
  • おたくの星座/オーロラクエスト
    • 世界大戦が終結し、多くの人々が移り住んだ浮遊都市では、戦争で用いられた合成生物の技術でおたくちゃんと呼ばれる趣味に生きるものたちが、気軽に自己改造ができるようになってしまい、パラノイアと呼ばれる排他的な怪物と化して人々を苦しめている。また戦禍による被害が癒えない地上世界は、未だに生体兵器によって蹂躙されている。
  • 神獄塔メアリスケルター
    • 数十年前に突如ジェイルという生命体が惑星を覆い尽くし、生き残った少数の人類もそこから生まれた怪物達の脅威に晒されているダークファンタジー。以降ジェイルの因子を持った人間も生まれており、もはや元々の人類の力だけでは生存が不可能な状況になっている。
  • GRANDIA
    • エンジュール文明という超古代文明が滅び去って、それが神話となった後の世界が舞台のファンタジー。物語の構造は天空の城ラピュタと同じで、超古代文明に憧れる少年が旅をしながら、その超古代文明の謎に迫っていき、やがてヒロインを鍵とした太古からの因縁に巻き込まれていくというもの。
  • クロノトリガー
    • ゲーム開始の時点で世界崩壊が確定している。
  • ゴッドイーター
  • 三千界のアバター
    • 旅をする世界の二つが該当。
  • 人類滅亡後のPinocchia
    • ある意味ではサイバー版『けものフレンズ』と言える作品。
  • splatoon
    • 海面上昇による人類滅亡後、新たに進化したイカタコが陸上に進出している。
  • スーパーロボット大戦α外伝
    • 未来世界は『α』の後、地球圏が防衛できなかった結果崩壊してしまった後の世界。本作で地球圏が防衛されこの未来は訪れなくなった。ザブングル、∀ガンダム、ガンダムXが参加している。
  • 聖剣伝説2
    • OPでマナを用いた古代文明崩壊の顛末が語られる。冒険途中に見ることになるびでいおなる記録装置で在りし日の様子も伺える。
  • 世界樹の迷宮
  • ソードワールド2.0
  • ソラトロボリトルテイルブロンクス全般含む)
    • かつて地上にあった人類文明はリセットされ、新たな人類であるイヌヒトとネコヒトによる地球再生中の世界であること物語終盤に明かされた。
  • TAO道
  • 黄昏シリーズ(アトリエ)
  • 罪と罰 〜地球の継承者〜
  • Tom Clancy's The Division
  • デュアルオーブ2
    • 舞台は剣と魔法の世界だが、軍事国家カルドーサが古代に栄えた機械科学文明の遺産を発掘し侵略戦争を開始する。なお戦車やロボット兵はまだしも、ノートパソコン自動車も敵として登場する。
  • TOKYO JUNGLE
  • 永い後日談のネクロニカ
    • 舞台は人類が死に絶え、環境すら変わり果てた未来の地球。かつて水資源を発端とした世界戦争が発生し、核兵器の応酬や本作の要となる「ネクロマンシー技術(科学的手法で死体を操作する技術)」の跳梁で生きている人類は滅亡した。
  • ニーアシリーズ
  • パンツァードラグーン
    • 高度な文明を誇った旧世紀が滅んでから数千年が過ぎ去り、未だに活動を続ける生体兵器・攻性生物と、旧世紀の遺跡を使い空中戦艦などの兵器を造りだし勢力を拡大する帝國によって滅亡の危機にある世界の中で、謎の存在であるドラゴンに乗って戦う。
  • BAROQUE
    • 2032年5月14日に地球全土を襲った未曾有の天災・「大熱波」によって歪んでしまった世界と人々が描かれている。
  • FallOutシリーズ
  • ファイナルファンタジーシリーズ
  • Fate/EXTRAシリーズ
    • Fateシリーズの多くの作品とは異なり人類滅亡一歩手前の状態となった世界が舞台。
  • Fate/GrandOrder
    • 人類史を滅ぼす企みに抗うテーマの物語。「それは、未来を取り戻す物語」「それは、多くの未来に打ち克つ物語」というキャッチコピーがある。
  • FRAGILE~さよなら月の廃墟~
  • 魔界塔士Sa・Ga
    • いくつかある世界のうち1つがポストアポカリプスの様相を見せている。
  • マックスアナーキー
  • 女神転生真・女神転生シリーズ
  • メタルマックス、メタルサーガシリーズ
    • 伝説の大破壊によって文明が崩壊しモンスターや無人兵器が徘徊する世界で、ハンターは戦車を駆り賞金首を狩る。
  • メルクストーリア
    • 中世ヨーロッパ風の国、王国王国(メルスト)をはじめとした18の国からなる世界メフテルハーネを舞台にした、人々とモンスターの繋がりがーマの物語。であるが、メインストーリーや一部のイベントにて、今のメフテルハーネは1000年前の古代超文明が崩壊した後にできたものであることがわかっている。
  • ラストオブアス
  • ラストハルマゲドン
    • 文明どころか人類を含めたあらゆる生命体が滅亡した世界に魔界から進出したモンスターが、地球を植民化しようとするエイリアンと戦うというアンチテーゼに満ちた設定。
  • LUNARシリーズ
    • LUNAR世界で暮らす人々は天空の青き星から移住してきた者たちの子孫である。魔法都市ヴェーンの図書館には、ほとんどの者が魔法力を持つため見向きもされない「キカイ」なる技術の史料も残る。
  • ロックマンDASH
  • テイルズオブファンタジア
    • 一部のダンジョンに、歴史に残っていない超文明の遺跡が存在する。さらにテイルズオブシンフォニアはこの作品より以前の物語に位置している。
  • PARADISE_LOST
    • この作品では全ての人間が罪と罰を抱くと言う世界観であり、登場人物の殆んどが欲望に満ちた悪人と言う設定。作中にて一度文明の崩壊が発生したと明言されており、外伝に於いても文明の崩壊と再生を繰り返す世界だったと言われている。序盤から世紀末一色の作風であり、一目見ればそう言う雰囲気である事は分かると思われる。
  • 神咒神威神楽
    • 前述のPARADISE_LOSTと時系列的繋がりがある作品。此方の場合、比較的簡単に言えば世界中の人間総てが自己愛性人格障害を患っていると言う世界観である。舞台となる国以外では弱肉強食のポストアポカリプス的状態に陥っている。
  • よもまつ
    • R-18Gであるリョナゲーの一種。戦争によって幾つもの文明が崩壊してしまい、呪術を用いた国同士の殺し合いによって侵略戦争が起こっていると言う説明が、作中でされている。


余談

  • ポストアポカリプスや終末モノの中にはハルマゲドン最終戦争)や最後の審判などヨハネの黙示録からの引用や匂わせる演出が入る作品が見られるが、黙示録ではハルマゲドンの後に神が地上を直接支配する千年王国の時代が来るのでバッドエンドではない(無論、悔い改めた者限定だが…)。
  • 地獄の黙示録』の原題は「Apocalypse Now」=「黙示録来たれり」。向うの"敬虔な"キリスト教徒が街中でプラカード持って叫んでるソレであるが、実際彼らは「明日にでも黙示録の世界が来るから悔い改めて」と言う意味で叫んでいる。これはキリスト教が確実化した2,3世紀頃からずっと言われ続けている事なので、キリスト教徒にとっては「いつでも明日は黙示録」=「いつでも明後日はポストアポカリプス」なのである。


関連タグ

世界観 ディストピア サバイバル
黙示録アポカリプス) 終末 世紀末
ヒャッハー! モヒカン 修羅場 廃墟 資源

感染症 第三次世界大戦 ゾンビ - 世界が崩壊する原因としてよく使われる設定。

外部リンク

終末もの - Wikipedia
ポストアポカリプスとは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

終末 しゅうまつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポストアポカリプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2125990

コメント