2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ソラトロボ

そらとろぼ

日本名称『Solatorobo それからCODAへ』 海外名称『Solatorobo: Red the Hunter』 略称『ソラロボ』 
目次[非表示]

ぼくらもかつてはヒトだった。

ソラトロボ(solatorobo)とは、日本ではバンダイナムコゲームスから『Solatorobo(ソラトロボ) それからCODAへ』、海外では任天堂から『Solatorobo: Red the Hunter』として発売された作品に関係がある絵につけられるタグ。
略称のソラロボは開発段階での名称でもある。

概要

Solatorobo(ソラトロボ)とは、バンダイナムコゲームスから2010年10月28日に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフトである。
正式名称は『Solatorobo(ソラトロボ) それからCODAへ』。ジャンルはアクションRPG。
開発担当はサイバーコネクトツー

浮遊群島、犬と猫の獣人、上部開放コクピット式ロボなど、知る人が知れば思い出す、プレイステーション用ソフト『テイルコンチェルト』の系譜を受け継ぐ、リトルテイルブロンクスシリーズ第二弾。
キャラクターデザインは『天空のエスカフローネ』や『ロードス島戦記』アニメ版などのキャラクターデザインを務めた結城信輝、メカニックイラストは『サモンナイト』召喚獣デザインなどを務めた谷口欣孝。
アニメーション制作はマッドハウス

『テイルコンチェルトの続編的なもの』という企画の存在そのものは、2007年からサイバーコネクトツーの公式サイトにて匂わされてきたが、それ以後ほとんど追加情報がなかったために、お蔵入りになったかと思われていた。
しかし、2010年に入り、突如制作が続行されていたことが判明、『ソラトロボ』の名称とともに公式サイトがオープンし徐々に情報公開され、2010年秋、めでたく発売とあいなったのである。

販売形態は通常版(希望小売価格5040円)と、豪華版であるコレクターズエディション(希望小売価格7140円)の2つ。(価格は税込)
 豪華版の内容は、サウンドトラックCD、特製スリーブケース、設定資料集などがソフトに加え付属する。加えて予約特典としては、プレミアムディスク(DVD)が付属する。

ソラトロボは、TOKYO MX(東京のローカル放送局)にてCM100本を放送し、ギネス記録(8時間で同じテーマで48タイプのバージョン違いのCMを放送)を超えることに挑戦している。公式サイトからyoutubeにアップロードされたそれらのCMを直接みられるので、キャラクターごとの解説や、作品世界の文化の予習にもオススメ。
公式ユーザーズサイトにて「ソラトロボ」4コマが見れたが、現在は削除されている。

公式サイト
http://www.solarobo.channel.or.jp/index.html
http://www.cc2.co.jp/solarobo/index.html

ストーリー

大地が空中に浮き、眼下には地表を覆うように雲海が広がる「浮島世界」。そこではイヌヒトとネコヒトの二つの種族が文明を築き、共存して暮らしていた。

浮島世界にある国家の一つ「シェパルド共和国」で暮らす駆け出しのハンター「レッド・サハラン」はある日、依頼で巨大ハンターギルド「クーバース」が所有する貨物船ヒンデンブルグに潜入する。そこでレッドは厳重に保管されていた不思議なメダリオンを発見する。
レッドがメダリオンに触れた途端、メダリオンが輝き、それに呼応するかの様にヒンデンブルグの前に天を穿つ様な超巨大な怪物「ラーレス」が出現、ヒンデンブルグはラーレスに接触し、墜落寸前な状態に陥ってしまう。
雲海へと墜落していくヒンデンブルグから急いで脱出しようとするレッド。その途中で彼は瓦礫の下敷きとなり気を失っていたネコヒトの少女「エル・メリゼ」を発見する…。

レッドとエル、この二人の出逢いが世界の存亡を賭けた冒険の始まりである事をまだ誰も知らなかった—―――

用語・世界観

  • 浮島世界

本作を含めるリトルテイルブロンクス構想の作品世界の陸地は全て空中に浮いており、この世界の住人の犬獣人「イヌヒト」達と猫獣人「ネコヒト」達は陸地が宙に浮いてるが当たり前だと認識している。一応一部の学者が浮島の原理を研究しているが、解明には至っていない。
眼下には地表を覆うように果てしない雲海が広がっており、雲海の中は大気がプラズマ化しており、今の人類の技術では地上に降りる事は不可能である。

  • シェパルド共和国
本作の舞台の国。人口約19万人で、その内イヌヒトは約60%、ネコヒトは約40%。フランス語に似た言語が使われている。
  • ハンター
過去の戦争で動員された外国人傭兵部隊を起源とする職業。
荷物運びから空賊・怪物退治などの様々な依頼を請け負い、報酬を得て生計を立てる。
レッドの様なソロで活動するハンターやクーバースなどのギルドに所属し、組織的に活動するハンターなどが存在する。
  • ロボ
人が乗って操縦するロボット。
600年以上前に起きたシェパルドと隣国アビシニアとの戦争「百合戦争」でシェパルド軍が劣勢に立たされた際に突如現れた古代種「オオカミ族」からロボの技術が伝えられた。
百合戦争終結後、ロボは兵器として戦争に用いられ続けて来たが、次第に民間に広がっていき、今では兵器の一面を持ちつつも仕事のパートナーとして人々の生活に無くてはならない存在となっている。
  • 呪術
ネコヒトのみが使える魔法の様な神秘的な力。
身体や札に文様を描き、呪文を唱え、体内や大気中に存在する呪術の源「ノノ」を使い呪術を発現させる。
度重なる呪術の使用や老化が進むなどで呪術を扱う力は衰えていき、最終的に呪術を使用する事ができなくなってしまう。
  • クリステル
浮島世界の主要エネルギー資源の一つであるエネルギー結晶体。
青白いシャボン玉の様な姿をしており、「井戸」と呼ばれる場所から泡の様に発生する。
精錬して「クリステルドライブ」と呼ばれる機関にセットする事で電気、熱、光のエネルギーを抽出し、ロボや飛空艇などの様々な機械を稼働させる。
  • リグ
シェパルドの通貨。
10円玉、50円玉の様な中央に穴が開いた硬貨が使用されている。
  • ティタノマキナ
遥か太古に存在した古代文明によって生み出された超兵器群。
シェパルドには「ラーレス」と「レムレス」という二体のティタノマキナが封印されており、契約者の一族たちがその封印の管理を行っていた。
テイルコンチェルトに登場した古代兵器「鉄巨神」もティタノマキナの一個体であるが、鉄巨神はラーレスとレムレスより格下の個体である。
  • シェイド
ティタノマキナなどが造り出す黒い影の様な姿を持つ自律兵器。
  • 契約者の一族
ティタノマキナの封印を管理する事を使命とする一族。
ラグドールという隠里で暮らしていたが、何者かによって隠里は焼き尽くされてしまい、今生き残っている契約者の一族はエルとベルーガのみ。
  • 結晶石
ティタノマキナを制御する力を秘める3つの秘宝。
  • メダリオン
ティタノマキナを封印、覚醒させる力を持つ契約者の一族に代々伝わる秘宝。
エルが継承するレムレスに対応した銀色のメダリオンとベルーガが継承する金のメダリオンの二つが存在する。
  • オハシラの儀
ティタノマキナを「眠りの言葉」で封印、または「目覚めの言葉」で覚醒を行う儀式。
儀式はメダリオン所持者とメダリオンに選ばれた者「オハシラ」によって行われる。
オハシラとは人柱を意味する。

登場人物

【年齢:17歳 身長:140cm 性別:男性 種族:イヌヒト?】
駆け出しのハンターである青年。典型的な熱血漢で口が悪いが面倒見が良いガキ大将タイプ。愛機の小型ロボ「ダハーカ」を駆り、様々な依頼をこなし生計を立てている。
9年前にダハーカと共に孤児院に拾われた過去を持ち、それ以前の記憶は覚えていない。
第一部終盤で未知の姿に変身し、パワーアップする能力「トランス」を発現させる。
第二部ではトランス能力が使える理由、孤児院に来る以前の過去と出生の秘密が明かされる…。

【年齢:14歳? 身長:130cm 性別:女性 種族:ネコヒト】
墜落寸前の輸送船ヒンデンブルグでレッドに救出された少女。冷静な性格だが、実は虫が苦手な一面を持つ。見た目や一人称が「」である事から少年に間違われる事がある。
ラーレスなどの古代の超兵器「ティタノマキナ」の封印とその管理を使命としていた「契約者の一族」の末裔で、半覚醒で復活したラーレスを封印するため、メダリオンに選ばれたレッドにラーレス封印の依頼を頼む。
当初はレッドに対し辛辣で冷たい態度を見せていたが…。
【年齢:13歳 身長:120cm 性別:女性 種族:イヌヒト】
レッドと同じ孤児院出身で義理の妹であるしっかり者の少女。自宅を兼ねる飛空艇「アスモデウス」のパイロットとレッドのナビゲーターを務める。
幼い頃から飛空艇の操縦訓練をしていたため、操縦技術は一級品である。
レッドが稼いだお金を厳しく管理している。

クーバース

【年齢:40歳 身長:190cm 性別:男性 種族:イヌヒト】
シェパルド国内最大級のハンターギルド・クーバースの首領。
殺人はしないが法の隙間を突いて相手を脅迫、恐喝、威嚇等をして相手を追い詰めて結果を得る絵に描いたような悪党。
ニポン国(まもるくんの舞台の国)の文化を好んでおり、その趣向は自身を含めクーバースの船やロボ、構成員の衣装に反映されている。
ティタノマキナ・ラーレスを我が物にして世界を手中に治めようとする野望を持ち、ラーレスを操る力を持つとされる3つの秘宝「結晶石」を集めるためクーバースを動かす。

【年齢:29歳 身長:180cm 性別:女性 種族:イヌヒト】
クーバースの参謀兼開発主任でブルーノの秘書も務める女性。
シェパルド共和国で指折りの天才技術者で、彼女の知識によりクーバースの技術水準が大きく引き上げられた。
ブルーノの命のもと、結晶石調査をする一方、クーバースに協力する流れ者のハンターで契約者の一族の末裔であるベルーガと共に秘密裏に別の計画を進めている。
【年齢:20歳 身長:170cm 性別:女性 種族:ネコヒト】
クーバースの精鋭部隊である特務室の室長。ブルーノの命令によって暗躍する。
【年齢:17歳 身長:145cm 性別:男性 種族:ネコヒト】
オペラの部下。お調子者で、重要な機密をうっかり口走ってしまうほど天然。
【年齢:19歳 身長:160cm 性別:男性 種族:イヌヒト】
オペラの部下。非常に真面目な性格。
【年齢:18歳? 身長:160cm 性別:男性 種族:ネコヒト】
エルと同じ契約者の一族の末裔である青年。レッドが持つラーレスのメダリオンの本来の所有者。
ティタノマキナ封印とその管理を使命としているはずだが、今は流れ者のハンターとしてクーバースに協力し、ラーレス復活阻止のために動くレッドとエルの前に立ちはだかる。
ラーレス復活を目論むクーバースに協力するその真意は不明だが、メルヴェーユと共に秘密裏に何かしらの計画を進めている。

ハイブリッド

【年齢:??? 身長:220cm 性別:男性 種族:ハイブリッド】
「ハイブリッド」呼ばれるこの世界では異質な人間の姿を持つ男。
紳士的で知的な人物で、殺人や破壊を好んでいる訳でないが、目的達成のためなら息を吸うようにそれを実行する冷酷さを持つ。
ブランクとネロを従え、二体のティタノマキナを使い「タルタロス」という存在を復活させようと目論む。

【年齢:外見上16歳 身長:170cm 性別:男性 種族:ハイブリッド】
ティタノマキナ・ラーレスを操る力を持つ白いスーツを着るハイブリッドの少年。自由気ままで好戦的な性格で、イヌヒトとネコヒトを見下している。
【年齢:外見上16歳 身長:165cm 性別:女性 種族:ハイブリッド】
ティタノマキナ・レムレスを操る力を持つ黒いスーツを着るハイブリッドの少女。丁寧で優等生の様に振る舞うが、内心ではイヌヒトとネコヒトを見下している。

???

【年齢:??? 身長:150cm 性別:女性(外見上) 種族:???】
レッド達が訪れる古代遺跡「フツの塔」で出会う人間の少女の様な姿をした存在。彼女の口からレッド達が住む浮島世界の重大な真実が語られる。

登場ロボ

【全高:2.3m 搭乗者:レッド】
レッドの愛機である2本の蛇腹で器用な腕を備える赤い小型ロボ。内蔵武器は持たず、剛腕を用いて敵を持ち上げて投げたり、落ちている物を拾って使ったり投げつけたりして戦う。
パーツ換装で飛行形態の「フライヤーモード」やモリを撃ち出して釣り上げる「アングラーモード」になれる。
第一部終盤でレッドがトランス状態となった際、アーマーの様に変化した。

【全高:2.7m 搭乗者:レッド】
大破したダハーカを改修し、蘇らせたダハーカの新たな姿。機体色は赤から白に変更され、大幅に性能が向上しており、状況に応じて「タイプR(機動力)」「タイプC(掴み)「タイプG(防御)」の3形態に変化でき、さらに各4形態の強化形のXシリーズや各形態の能力を全て持つ最強形態「タイプΩ」がある。
前のダハーカと同様にレッドがトランスするとアーマーの様に変化するが、トランスに適した機体であるためより高い能力を発揮でき、電気エネルギー弾「スパークジャベリン」が放てる様になっている。
【全高:??? 搭乗者:レッド】
ラストバトル前、ある2機のロボと融合合体した事で変容したダハーカMk-2。単独で飛行でき、攻撃力、機動力、防御力はどんなロボの追随も許さない程に高い。
設定上最強形態だが、ゲーム上ではラスボスまでのシューティングステージでしか使用できず、ラスボス戦直前に元のダハーカMk-2に戻ってしまうため、通常のロボバトルでは使えない。
【全高:6.9m 搭乗者:オペラ】
オペラの愛機である大型ロボ。単独飛行が可能な機体で機動力と防御力は低めだが遠隔操作の機雷やビーム砲などの強力な遠距離攻撃用の武装を持ち、高火力による殲滅戦を得意とする。
【全高:3.4m(装飾の角のせいでグレン機より大きい) 搭乗者:カルア】
カルアの愛機。クーバースオリジナルのロボ「メフィスト」を自分好みに装飾を施している。主武装はハルバードとランチャーで近接と遠距離の両方で戦う。
【全高:3.1m 搭乗者:グレン】
グレンの愛機。近接特化型の機体で主武装は太刀。ランチャーなどの射撃武器は持たないが投擲武器としてクナイ型の爆弾を持つ。
【全高:3.6m 搭乗者:ベルーガ】
ベルーガの愛機。両腕にリボルバーキャノンを持ち、両脚のローラーを用いて一撃離脱の射撃戦を行う。また、背中のロングバレルを胸部の基部に接続する事で必殺兵装のバスターキャノンを放てる。
ベルーガが乗る高速飛空艇「スメーグ」に格納している時は船の固定砲台として使用可能。
【全高:5.5m 搭乗者:ブランク】
ブランクの愛機である四足歩行の大型ロボ。シェパルドにあるどのロボとも異なる高度な技術で造られており、単独での飛行が可能。主武装は前足の爪と特殊エネルギー弾「プテロセイバー」。
ラーレスを操るインターフェース機能を持つ。
【全高:5.5m 搭乗者:ネロ】
ネロの愛機。頭部と機体色以外はスルワラと同型で武装も同じ。
レムレスを操るインターフェース機能を持つ。
【全高:6.6m(直立時) 搭乗者:ブランク&ネロ】
スルワラとザイリタが融合合体した4本腕の大型ロボ。二機分のエネルギーをロス無く活用でき、元の機体より高い戦闘力を発揮できる。
武装はホーミングミサイルと胸部の拡散ビーム砲。
【全高:5.9m 搭乗者:バイオン】
バイオンの乗機。両腕自体がムチの様な高温の刃となっており、鋼鉄すらも焼き切る事ができる。また、溶岩の様な炎弾を生み出して降り注がせたり、両腕を地面に突き刺して火柱を噴き上げさせたりする事ができる。
タルタロスとティタノマキナを操るインターフェース機能を持つ。

ティタノマキナ

  • ラーレス

【全長:5㎞】
第一部序章にてメダリオンの起動と共に半覚醒状態で復活し、出現したシェパルドの地に封印されていた古代兵器「ティタノマキナ」の内の一体。
頭に一本角、背中に剣の様な6本の突起を持つ青いドラゴンの様な姿で、身体の各所からホーミングビーム、胸部から極太ビームを放てる。
ベルーガが継承する金のメダリオンで封印と覚醒を行う事ができる。
第一部でレッド達の活躍によって封印されるが、第二部で現れたハイブリッドの少年・ブランクの力によって覚醒、再び復活する。

  • レムレス
【全長:5㎞】
第二部で現れたハイブリッドの少女・ネロの力によって覚醒、復活したシェパルドの地に封印されていたもう一体のティタノマキナ。
後頭部に伸びた角と背中に巨大な翼、豊満な女性を思わせる様な体型を持つ赤紫色のドラゴンの様な姿で、ラーレスと同様に身体の各所からホーミングビームを放てる。ラーレスよりランクが上の個体であり、その分制御が難しい。
エルが継承する銀のメダリオンで封印と覚醒を行う事ができる。

関連イラスト

ソラトロボ
ソラとロボとイヌとネコの世界


相棒
ソラトロボトイヌトネコ



関連タグ

ケモノ

リトルテイルブロンクス
レッドデータ・チルドレン:ドラゴンマガジンにて2010年9月号から2011年1月号まで連載していたゲーム本編から8年前を描いた外伝小説作品。
テイルコンチェルト:ワッフルやアリシアなどの一部キャラが本作にゲスト出演。
まもるくん:まもるくんとその一家が本作にゲスト出演。
リトルテイルストーリー:コラボでレッドなどのキャラの衣装が登場。
戦場のフーガ:本編には登場しないが、エンディングでトランス状態のレッドとローブ姿のバイオン(その背後には脚部のみだがベリウスもいる)が登場する。

エルの受難 ここが楽園か

ゼノブレイド2:雲海が広がる世界繋がり。

関連記事

親記事

リトルテイルブロンクス りとるているぶろんくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ソラトロボ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ソラトロボ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6087650

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました