ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

精霊信仰

せいれいしんこう

主に自然などに宿るとされる霊的な存在を畏敬する信仰。英:animism(アニミズム)。

概要

主に自然などに宿っているとされている的な存在である精霊を、畏れ敬まう信仰のことである。

英語では「animism(アニミズム)」と呼ばれ、信仰対象である霊魂は、生物・無機物を問わず世の全てのもの(森羅万象)の中に宿っているとされている。


世界的に幅広く存在したが、紀元後以降のキリスト教イスラム教化を受けて大半が消滅した。近代に入ってからネオペイガニズム(復興異教主義)として復興の動きがある。

インド以西では仏教化がされたが、廃止するのではなく取り込む路線をとったため、インドの地元信仰(密教の源流)や、チベットのボン教、タイのピー信仰など、多くが習合されて残っている。日本固有信仰の神道もそのひとつである。

また、仏教自体も上述した密教や中国道教思想の影響を受けて、日本やベトナムにくるまでの間にアニミズム傾向が強いものになっている。


関連タグ

精霊 霊魂()

地球 自然 森羅万象 信仰

背景 動植物 空気感 生活感 雰囲気

付喪神 擬人化 対物性愛

ロハス エコロジー 全性愛


自然崇拝 / 自然信仰 ペイガニズム

関連記事

親記事

信仰 しんこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3610

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました