ピクシブ百科事典

聖遺物

せいいぶつ

キリスト教における聖人が残したもの。 生前愛用していた遺品から、当人の遺骨や遺髪に至るまで様々。
目次[非表示]

聖遺物とは、キリスト教における信仰の一つである。

概説

キリスト教において聖人と認定された人物の遺品”とされるもの。
2世紀ごろにローマ帝国のキリスト教迫害で命を落として逝った殉教者たちを偲び、圧政に負けず信仰に殉じた姿を敬うために、手厚く葬って彼らの生き様から学ぶために始まったとされる。

遺物といってもその種類は多岐にわたり、生前の愛用品から当人の遺骨遺髪、果ては処刑に用いられた器物など、かなり混沌としている。

中世初期のキリスト教では、「教会の聖餐をおこなう祭壇には聖遺物を埋葬しなければならない」と定められていたため、その信仰が過熱していった。
そのため、新たな聖人の遺体や遺品が発見されると、争奪戦が起きることも珍しくなく、遺体ならば寸刻みにバラされて配布されることもままあった。
また偽物も多数存在し、特にキリストの手足を貫いた「聖釘」については判明しているだけでも30本以上も存在している。

代表的な聖遺物


関連タグ

キリスト教 遺品

pixivに投稿された作品 pixivで「聖遺物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17812

コメント