ピクシブ百科事典

聖杯

せいはい

聖杯とは、ロンギヌスの槍で刺されたキリストの血を受けた聖なる器のこと。 もしくは聖なる力を持った器。
目次[非表示]

概要

聖杯と呼ばれる物は、大まかに3つある。


聖杯伝説における概要

聖餐や聖遺物の方はpixivとはあまり関わりがないので、ここからは聖杯伝説における概要に移る。
イエス・キリストがゴルゴダの丘で磔刑に処せられた際に、足元から滴る血を受けたといわれる。この杯は「最後の晩餐」の際に、イエスの食器として使われたものとされる。
※ちなみに、聖遺物の方の聖杯は、最後の晩餐で使われた(それが聖餐の聖杯の起源になった)が、磔刑の方とは関連がないらしい。
この杯に注がれた飲み物を飲み干すと、立ちどころに傷や病を癒し、長き命と若さを授けるとされた。
有名となったのは中世西ヨーロッパの伝承である『アーサー王物語』において、円卓の騎士たちによる聖遺物の捜索によるところがい大きい。
特に聖杯とロンギヌスの槍はその筆頭に挙げられ、各種作品の題材に好まれたほか、これらを求めて権力者や秘密結社が争ったという話題も多い。
オカルトに強い興味を示していたアドルフ・ヒトラーも、この聖杯捜索を行っていたとされる。
後に映画インディ・ジョーンズ』シリーズの三作目でも、物語のキーアイテムとして登場し、再び脚光を浴びることとなった。

創作作品での聖杯

インディ・ジョーンズ~最後の聖戦~

本作の目玉となる秘宝として登場。
伝承上の聖杯のそれであり、辿り着くまでには三つの試練を突破しなければならない。
そして最後に「聖杯の騎士」との問答に正解すれば、手にすることが出来る。
劇中ではナチスが不老不死を得るために、ジョーンズ父子を巻き込んでいく。
ジョーンズは最初乗り気ではなかったが、最終ダンジョンである「試練の谷」で事情が変わり、已む無く試練に挑んでこれを獲得した。
しかし聖杯は封印された際の制約で外には持ちだせず、これを無視したヒロインの暴走で思わぬ展開となる。

Fateシリーズ

人々の望みを叶える「万能の願望機」として登場。
ただしキリスト教の聖杯伝説とは無関係(正確にはその伝説を模した贋作)で、さらに幾つも存在してる。
この聖杯を奪い合う『聖杯戦争』がシリーズの基軸となっている。

冬木市における聖杯は実体を持たず、魔術回路を持つ存在を「器」として、サーヴァントの魂が溜まった「器」に降霊する事で現われる。
ただ、実態としては黒幕が仕掛けた釣り餌であり、全ての元凶でもあるのだが、その辺りはネタバレのためこの場では割愛する。

冬木以外にも“聖杯と呼ばれる物”は存在しているが、月だったり特別な力を持った人間だったりと、真っ当なの形をしていない事が多い。

例外は『Fate/GrandOrder』くらいだが、こちらはストーリーの都合上数多くの聖杯が現れる。
また、ゲーム上の消費アイテムでもあり、サーヴァントのレベル限界を突破させるシステム「聖杯転臨」を行うのに必要となる。

いずれも多少の差はあるが「願望機」としての機能は確かに有しており、儀式の完成によってもたらされる膨大な魔力を用いれば大抵の願いは叶える事ができる。

スプリガン

杯に血を満たしたものの魂をサルベージする力と復活した者に様々な力を発現させる力を持つ。
ある組織の宝物庫を開ける鍵ともなっている。

関連イラスト

聖杯
Chalice



関連タグ


キリスト教 イエス キリスト
アーサー王 円卓の騎士

聖遺物

聖骸布 聖槍(ロンギヌスの槍)
聖剣(デュランダル)
エレナの聖釘

pixivに投稿された作品 pixivで「聖杯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 577500

コメント