ピクシブ百科事典

円卓の騎士

えんたくのきし

叙事詩『アーサー王伝説』に登場する騎士たち。アーサー王の近臣として強い忠誠と気高き騎士道精神を誓った戦士たちで、つねに12人の席が用意されている。有名な騎士はランスロット、ガウェイン、パーシヴァル、トリスタン、ガラハッド、モルドレッドなど。
目次[非表示]

円卓の騎士【The Kights of Round table】とは、ケルト伝承最大の英雄アーサー王に仕える戦士たちのことである。

概要

アーサー王に忠誠を誓い、近臣としてその席を置く騎士たちの総称。
円卓の上でアーサー王に忠誠を誓った精鋭たちであり、この円卓に名を連ねる騎士たちも多くの伝説や後世での物語のモチーフとされる者が多い。

常に12の席が存在し、アーサー王を含めて12人になるように設定されていた。
その椅子と円卓には、アーサーの師匠である魔術師・マーリンの魔法がかかっており、万一円卓の誰かが死したときに、その空席を埋めるにふさわしい騎士でなければ魔法で弾き飛ばされて座れない(=後継者として認められない)ようになっていた。

ただし12番目の席は、アーサー王を含めると13番目となり、その席は『イスカリオテのユダ』の席として、誰にも座れないよう強力な呪いとそれにふさわしい素材を用いていたという。
のちに、ランスロットの息子であるガラハッドが勇敢にもその席に挑戦し、見事に12番目の席を射止めている。……ただし、裏切ったのはガラハッドではなく、その父だったという皮肉な結末を迎えるわけなのだが。

円卓に名を連ねる騎士たち(50音順)

名前補足
アグロヴァルペリノア王の息子。
アコロンモルガンの愛人。エクスカリバーを意図しない形で手に入れ、王と決闘する。
アグラヴェインオークニーのロット王とアーサー王の異父姉モルゴース王妃の息子。
アレスタント
アレミラ
エクター・ド・マリスベンウィックのバン王の息子でランスロットの弟。
ガウェインロット王とモルゴース王妃の息子。午前に力が3倍になる。武器はガラティーン
カラドック呪いの蛇によって腕が萎えた騎士。
ガラハッドランスロットとペレス王の娘エレイン姫の息子。聖杯探索に参加。
ガヘリスロット王とモルゴース王妃の息子。
ガレスロット王とモルゴース王妃の息子。
グリフレットルーカンとベディヴィアの子。
ケイアーサー王の養父エクトル卿の息子。アーサー王の義兄。
ゲライント
コンスタンチン実在した暴君。アーサー王伝説に取り込まれてからは聖人かつアーサー王の後継者とされている。
サグラモールハンガリー王と東ローマ帝国の娘の息子。
ダゴネットアーサー王のお気に入りである円卓のお笑い担当。
ディナダンブルーノ卿の弟または子
トーペリノア王の庶子。白い鹿を追っている。
トリスタンローヌア王リヴァランと王妃ブランシュフルールの息子、悲しみの子
パロミデスサラセン人。「唸る獣」の探求をしたことで有名な騎士
パーシヴァル妖精の一族、またはペリノア王の息子。聖杯を手に入れる騎士
ファーガス農夫の息子。
ブルーノ馬術は未熟だが、徒歩の戦いに強い騎士。ダブダブのコートが特徴。
ブレオベリス横柄な性格の騎士。
フローレンスガウェイン卿の息子。
ベディヴィア隻腕の騎士。エクスカリバーを湖の乙女に返却した。
ペリノア王地位的にはアーサー王と同格。エクスカリバーを叩き折った武勇に優れた騎士。
ペレアス湖の乙女に愛された騎士。
ボールスガニス(ゴール)の王の息子。ランスロットを慕い、アーサー王に反抗的な唯一の騎士。
マーハウスアイルランドの王族。アイルランドとコーンウォールの紛争でトリスタンと対立。
モードレッドアーサー王とモルゴース王妃の息子。不義の子
ライオネルランスロットの従兄弟。ある日死んでしまうが、突然蘇る。
ラモラックペリノア王の息子。パーシヴァルの兄
ランスロットベンウィックのバン王の息子。「湖の騎士」と呼ばれ、アロンダイトと呼ばれる剣を持つ。
ルーカン
ローエングリンパーシヴァルの子、聖杯の騎士。円卓の騎士にカウントされない場合が多い。
ユーウェインゴール王ユリエンスの息子。ライオンを友としている。


題材、モチーフにした関連作品

デジタルモンスター

本作に存在するグループの一つ「ロイヤルナイツ」は円卓の騎士をモチーフにしており、「円卓の席」が登場する作品も存在する。

SDガンダム外伝

キングガンダム編サブタイトルのひとつ。→円卓の騎士(SDガンダム外伝)

コードギアス 反逆のルルーシュR2

ナイト・オブ・ラウンズ」という神聖ブリタニア帝国皇帝シャルル・ジ・ブリタニアの専属騎士達がいる他、KMFやキャラクターの名前、地名に円卓の騎士の名前や武器などを用いており、またキャラクター自体にもアーサー王関係を彷彿とさせる関係性などが用いられている。

Fateシリーズ

各シリーズの主要人物として数名の円卓の騎士が、現代の魔術師同士の戦いによって召喚されている。円卓組も参照。

グランブルーファンタジー

王都フェードラッヘを中心とした騎士メンバー3人と関係者に円卓の騎士の名が多く使用されている。

ソニックと暗黒の騎士

ランスロット、パーシヴァル、ガウェイン、ガラハッド、ラモラックの5人がそれぞれシャドウ、ブレイズ、ナックルズ、シルバー、ジェットに瓜二つの人物として登場している。(ガラハッドとラモラックは本編未登場)

スーパーロボット大戦R

主人公が所属する(デフォルト)部隊名が「ラウンドナイツ」。(円卓の騎士から由来したのだろうが、作中では「部隊名決まるまで8時間かかった」としか語られていない)

ファイナルファンタジーシリーズ

召喚獣ナイツオブラウンド」として登場。
初出は『FF7』。13人の騎士達が1分40秒近い演出時間をかけて武器や魔法で暴行…もとい猛攻を加え、その威力は全体にほぼカンストダメージ×13回

ディバインゲート

聖王アーサーと他12名で構成された特務機関として登場。
アーサーが不在の折ランスロット以外の構成員は6匹の文明竜に瀕死にまで追いやられた。
ちなみに文明竜は能力を開放したランスロットにより全滅した。

星刻の竜騎士

ヒロインたちが従えているドラゴン、使用する武器の名前に円卓の騎士の名前に由来する物が多い。

アンリミテッド:サガ

マイス編・ヴェント編に登場するボス「ナイト・オブ・ザ・ラウンドテーブル」。
元々12名いたのだが、かつてアンデッドの封印にやられ、それを強引に解除しようとした1人が封印と相打ちになって消滅したため、11名になっている。

エースコンバットゼロ

ストーリー自体アーサー王伝説がモチーフになっており、登場するエースパイロットにも円卓の騎士に由来する名前を持つ者がいる。

トランスフォーマー:最後の騎士王

マーリンの杖と騎士たちの円卓は地球に飛来したガーディアンナイツによって授けられたもの。12の騎士たちの背後にそれぞれ一人ずつトランスフォーマーの騎士が立ち、アーサー王の栄光を築いたとされる。

円卓の生徒

タイトルが円卓の騎士をモチーフにしている他、主人公に仕える「マァリン」というキャラクターも登場する。

パワプロアプリ及びパワプロサクセススペシャル

円卓高校の元ネタがアーサー王伝説であり、円卓の騎士をもじったキャラクター(阿麻央真、ランスロット、望戸紅久根美亜)が登場する。
なお、円卓高校配信以前は青道高校ダイヤのAコラボシナリオ)、ヴァンプ高校鳴響高校のラスボスとして登場(その際に阿麻、望戸、ランスロット以外に円卓の騎士をもじった名前のザコプロが登場)。

バトルスピリッツ

円卓の騎士をモチーフとした紫属性のスピリット「闇騎士」が登場するが、ガラハドやベディヴィアなどの有名騎士は勿論、アグロヴァルなどのマイナー騎士に入れ替わっている事も。系統は全て「魔影」。


関連タグ

アーサー王伝説 アーサー王物語
アーサー王

関連記事

親記事

アーサー王伝説 あーさーおうでんせつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「円卓の騎士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12132355

コメント