ピクシブ百科事典

ガレス

がれす

アーサー王伝説に登場する「円卓の騎士」の一人で、伝説上の人物。
目次[非表示]

伝説上のガレス(Gareth)

 「円卓の騎士」の一人であり、オークニーのロット王の息子の一人。
ガウェイン卿、ガヘリス卿、アグラヴェイン卿、モルドレッド卿らの末弟にしてアーサー王の甥。
 騎士道にもとる行為をしなかった人物。

 当初兄弟たちとは面識がなかったが、彼ら同様に騎士を志してアーサー王のいるキャメロットに向かう。
 しかし「アーサー王の甥で、円卓の騎士たちの兄弟」という贔屓目を避けたかったのか、素性を明かさず志願したため、そのまま厨房係へと回されて下積み時代を過ごすことになってしまう。
 それから一年後、キャメロットに素性不明の乙女が訪れ、ガウェイン卿をも退けた赤の騎士アイアンサイドからある貴婦人を救って欲しいと嘆願される。しかし匿名での願いだった故、安請け合いで円卓の騎士たちを向かわせるわけにはいかず、見習いのガレスに白羽の矢が立った。

 任命されたガレスは、乙女に不審がられながらも襲い来る敵を次々と撃破、破竹の快進撃を続けて見事アイアンサイドを決闘で討ち取り、助けた貴婦人と恋仲となって結ばれた。

 ガウェイン卿やランスロット卿からは非常に愛されており、また彼自身は騎士に任命してくれたランスロット卿を非常に尊敬していた。ある馬上槍の大会では、勝って妻を喜ばせようと発奮するガレスを見たランスロットが、そのまま大会に不参加を表明し、ガレスに優勝を譲ったという逸話がある。
だがランスロットとギネヴィアの不貞が発覚した折、ギネヴィアの処刑に非武装による抗議運動を行っていた所、ギネヴィア救出の為に侵入していたランスロットと遭遇。ランスロットは予想外の出来事に混乱し、ガレスたちの通報や追撃を恐れて咄嗟にガレスたちを斬り殺してしまう。
 彼の死がガウェイン卿とランスロット卿の関係を修復不能なものとし、ひいては円卓の騎士の崩壊につながることになった。

 彼の冒険譚は典型的な「フェア・アンノウン(素性を知らない、あるいは隠している無名の美青年を主人公とする物語)」の物語となっており、特に同じ円卓の騎士のブルーノ卿の別名「ラ・コート・マル・タイユ(だぶだぶのコートを着た男)」の物語とかなりの部分に共通性が見られる。
 宮廷の厨房で働いていた無名時代には仮称として、ケイ卿に「Beaumains(ボーマンあるいはボーメン)」(フランス語で“美しい手”の意≒“荒事を知らないお坊ちゃん”という皮肉)と名づけられていた。

関連タグ

アーサー王伝説 アーサー王物語

ガレス・ベイル:ウェールズサッカー選手

ガレスをモチーフにしたキャラクター

  1. ロックマンX2 ソウルイレイザー』に登場するキャラクター。
  2. リモートコントロールダンディ』に登場するロボ。 → ガレス(リモートコントロールダンディ)
  3. ミリオンアーサーシリーズ』に登場するキャラクター。
  4. Fate/GrandOrder』に登場するキャラクター⇒ガレス(Fate)
  5. コードギアス』シリーズに登場するナイトメアフレーム

関連記事

親記事

円卓の騎士 えんたくのきし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 835662

コメント