ピクシブ百科事典

ケイ卿

けいきょう

ケイ卿とはアーサー王物語に登場する騎士の一人

概要

 アーサー王の義兄で、父はエクター卿(円卓のエクターとは別人)。試合の日に槍を忘れた、もしくは折ったためアーサーを家まで走らせ代わりの槍,または剣を取りに行かせたが家には剣、槍がなくアーサーが間に合わせのため選定の剣を抜いて持ってこさせたことでブリテンの王が誕生する要因になった人物。選定の剣をアーサーが持ってきたとき選定の剣を掲げ私が選ばれたと声を上げたが台座に戻してもう一度抜こうとしたが抜けなかった。(もちろんアーサーは易々剣を抜いた)
 円卓入りをしてからは主に執事として勤め無名時代のガレスに対してボーマン(フランス語で美しい手)といったあだ名をつけたりしていた。騎士としてはあまり強いとは言えずキャスパリーグに対して負け気味の戦闘を行っていた。物語のラストでは生死がよくわかっていない人物でもある。

コメント