ピクシブ百科事典

ケイ(Fate)

けい

『Fateシリーズ』に登場する円卓の騎士の一員。
目次[非表示]

概要

CV:小野大輔

Fateシリーズに登場する円卓の騎士のひとり。
アーサー王ことアルトリア・ペンドラゴンの義兄。元は幼少期のアルトリアが預けられた家の子どもであり、以降義兄妹として育ってきた。そのためアーサー王の性別も最初から知っていた。

Fate/stay night」で存在は匂わされていたが、人柄が言及されたのは「Fate/hollow ataraxia」の「しすたーくらいしす」にて。

人物

剣の腕前はランスロットガウェインには劣るが、「火竜すら呆れて飛び帰る」と謳われる程の毒舌かつ弁舌家で、本人も「巨人の首だって口先一つで斬り落とす」と豪語する程。その弁舌は円卓の騎士たちやアルトリア相手でも容赦なく現実を突きつける。ちなみにアルトリアと手合わせをした時も、試合に負けても色々小理屈で言いくるめてうやむやにし、絶対に「負け」にはカウントしなかったとか。
また泳ぎの技術は超人的レベルで、嵐の川を渡ってみせると豪語するガウェインやドーバー海峡を横断してみせると言い切ったランスロットを含めた円卓全員が「円卓一の水泳の名手」と言い切る程。

アルトリアに対しては舌弁でも容赦なく、私心を殺して理想の王になろうとするアルトリアに「目に見えない王の証より、手勢や金、力で量る方が人間的」「誰だって全てを救う神の代弁者なんてものを、見たくもなければ為りたくもなかった」とそのあり方を否定しており、彼女にその責務を背負わせたウーサー王やマーリンのことも嫌っていた。

真名

先王ウーサー・ペンドラゴンの騎士、エクターの嫡男。
アルトリアの教師として任命されたエクターに「弟として世話をしろ」と命じられ、その通りに接していた。
義妹の非人間性を理解し心の底から辟易していながら、「あんなのはただの小娘が性に合ってる」「人の忠告を無視しやがって」と王となったアルトリアを口悪くも案じていた。

一方で本心では妹を気にかけており、モードレッドの謀叛の時も内輪揉めに付き合う義理はないと言いながらも、結局は最期まで付き添い、アルトリアが逃げるための足止めをして死亡した。

関連人物

アルトリア・ペンドラゴン
主君であり、幼少期を共に育った義理の妹。アルトリアもケイには頭が上がらなかったとか。
口では色々と言うものの、妹して大事に想っていた。

マーリン
アルトリアの剣の師匠兼宮廷魔術師。ケイとしては二度と思い出したくないのにインパクト強すぎて忘れることができない忌々しい夢魔。

円卓の騎士
かつての同僚たち。「円卓の騎士」と書いて「あほども」と読む。

グレイ
自分の人格のコピー(アッド)が宿っている、『最果てにて輝ける槍』の影の封印礼装の持ち主。訳あってアルトリアに瓜二つの顔を持つが、内面は彼女の姪であるガレスに似ていると評価している。アッドを通じて彼女のことも気にかけている。
ちなみにアッドの人格のモデルにケイが選ばれた理由は、「ケイの人格ならアーサー王や最果てにて輝ける槍の封印を解いたりしないだろうから」とのことらしく、本人もそういう意味なら適任なのだろうと渋々認めている。

関連タグ

TYPE-MOON Fateシリーズ 円卓組 サーヴァント
女好き 毒舌 義兄 お人好し

pixivに投稿された作品 pixivで「ケイ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55960

コメント