ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿

ろーどえるめろいにせいのじけんぼ

「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」とはTYPE-MOON BOOKSより発売された三田誠の作品である。
目次 [非表示]

概要編集

時計塔講師ロード・エルメロイⅡ世を主役としたミステリー小説。全10巻。

著者は三田誠、イラストは坂本みねぢ


奈須きのこ氏曰く「完全に同じ世界、ただし三田誠スパイスにより大気濃度がちょい違う濃密魔術もの」。

上記の通り、Fateシリーズ本編である『Fate/stay night』とは数少ない同じ世界軸の物語であり、時間系列は第五次聖杯戦争の少し前から始まる。

他のシリーズと違い聖杯戦争とは直接的な関わりは無く、時計塔をはじめとする純粋な魔術師の世界にスポットを当てている。またTYPE-MOONの魔術設定に現実世界の魔術ロジックを絡めて展開されるミステリーも特徴のひとつ。

またシリーズには毎回、TYPE-MOON作品からゲストキャラクターが登場する。


2017年、月刊ヤングエースにてコミカライズ化が決定。漫画担当は東冬氏。


また、下記のアニメ放送に合わせて角川文庫版も全10巻で刊行された。

2019年の年末にTYPE-MOONではお馴染みのマテリアル本も刊行。

さらにその巻末で続編となる「ロード・エルメロイⅡ世の冒険」が新シリーズとして刊行される事が決定された。


ストーリー編集

魔術協会の総本山である時計塔。そのトップに君臨する12人のロードのひとり、「現代魔術科」の教授であるロード・エルメロイⅡ世は、貴族でもなく優れた魔術師ですらないが、とある理由から「ロード・エルメロイ」の名を受け継ぎ教師として教鞭を取っていた。


傍らにはフードを目深にかぶった助手を連れ、背後では少女が意地悪く楽しげに微笑み、慕う生徒たちはトラブルばかり起こす……。

そんな彼の関わる事件はいずれも魔術世界に関わる厄介ごとばかり。常識の通じぬ難事件を動機(ホワイダニット)から解体していく。


これは、第五次聖杯戦争より少しだけ前の事件劇。


登場人物編集

CV:浪川大輔 / 演:松下優也植田慎一郎(ウェイバー・ベルベット時代)

本作の主人公探偵役。

魔術の腕は二流だが教師としての腕は時計塔随一。またその知識や推理能力も瞠目に値する。


CV:上田麗奈 / 演:青野紗穂

本作のヒロイン狂言回し兼助手。

エルメロイⅡ世の内弟子兼世話係の少女。年齢は15歳ほどで顔をいつもフードで隠している。Ⅱ世の弟子となる前は英国のとある伝統ある霊園で墓守をしていた。


CV:小野大輔

グレイが持つ疑似人格が宿った一家伝来の魔術礼装。

普段は箱のような状態で鳥籠に入れられているが、戦闘時には鎌へ変形し武器となる。


CV:水瀬いのり / 演:浜崎香帆

エルメロイ家現当主でロード・エルメロイⅡ世の義妹。エルメロイⅡ世をロードに仕立て、自らの管理下に置いている。


CV:松岡禎丞 / 演:納谷健

エルメロイ教室における最古参の生徒の一人。

相も変わらず魔術師らしくない気質と恵まれた才能で周囲にストレスを与えている。


CV:山下誠一郎 / 演:伊崎龍次郎

エルメロイ教室における最古参の生徒の一人。

フラットからは「ル・シアン(犬)」という不本意なあだ名で呼ばれる。


CV:皆口裕子 / 演:壮一帆

時計塔を管理・監督する異端の学科「法政科」の魔術師。

事件を通じて度々エルメロイⅡ世と敵対する。


case.剥離城アドラ編集

CV:伊藤静 / 演:玉置成実

遺産を狙う招待客のひとり。エーデルフェルトのご令嬢。

Fate/hollow ataraxia』からのゲストキャラクター


故人。「剥離城アドラ」の城主で、今回の発起人。


演:松田慎也

招待客のひとり。中近東で活動する魔術使いの傭兵。


演:花王おさむ

招待客のひとり。「蝶魔術」と呼ばれる魔術を操る老魔術師。ホムンクルスの従者(演:木村風太)に車椅子を押させている。


演:百名ヒロキ

招待客のひとり。錬金術の名門イスタリ家の出身者。

一度は家を捨て聖堂教会へ出奔するも、魔術師として出戻ったという異色の経歴を持つ。


演:種村梨白花ソニア(Wキャスト)

ハイネの妹。魔術師の家では珍しく兄との仲は良い。


演:木戸邑弥

招待客のひとり。右眼に眼帯をした山伏の青年。

慕っていた亡き兄弟子の無念に報いるために剥離城を訪れる。


  • クラウン

ルヴィアの第二従僕。


case.双貌塔イゼルマ編集

CV:本田貴子

「冠位」を賜った封印指定の人形師。現在は封印指定が解除中との事。

空の境界』、『魔法使いの夜』からのゲストキャラクター


CV:福島潤

中東の魔術師。聖杯戦争へ向けて狙っていたとある呪体をオークションでイゼルマ家に取られてしまい、力ずくで奪いとるべく襲撃を掛ける。

アニメ『Fate/staynight [Unlimited Blade Works]』からのゲストキャラクター

アニメ版の特典ドラマCD『グレイと日記とガラスの壺』にも登場。


CV:一城みゆ希

時計塔のロードの一人。創造科の学部長。快活な老婆。


イゼルマ家の当主。黄金姫と白銀姫の父親。


黄金姫。極限の美を持つイゼルマの最高傑作。


白銀姫。ディアドラの妹。


黄金姫に仕えるメイド。


白銀姫に仕えるメイド。双子なのか、カリーナと瓜二つの容姿をしている。


お披露目会に参加していた魔術師。スパイを自称する怪しい男。所属は呪詛科。


お披露目会に参加していた魔術師。伝承科に所属し、イゼルマ家へ仕える薬師の青年。


黄金姫と白銀姫のドレスを仕立てた魔術師。


case.魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)編集

CV:小林裕介

エルメロイ教室の新入りにしてフォルヴェッジ家当主。

Fate/Apocrypha』からのゲストキャラクター


CV:米澤円

「天体科(アニムスフィア)」のロードの一人娘。12歳。

Fate/Grand Order』からのゲストキャラクター


CV:平川大輔

自称・エルメロイⅡ世の親友。彼がロードとなる以前からの付き合いだが、必ずしも味方はしてくれない食えない男。


イヴェット・L・レーマン

CV:岡咲美保

エルメロイ教室の生徒。エルメロイⅡ世の愛人を志望する眼帯少女。


トリシャ・フェローズ

CV:比嘉久美子

オルガマリーの付き人にして教育係。未来視の魔眼を持つ。


CV:津田英三

聖堂教会に所属する厳しい顔つきをした黒人の老神父。過去視の魔眼を持つ。


CV:山本兼平

魔術師でありながらマイナーバラエティ番組で主役を務める伊達男。

アニメ版では魔眼蒐集列車には乗車せず、獅子劫とルヴィアにある情報を提供する。


CV:行成とあ

魔眼オークショナー。


CV:江越彬紀

魔眼蒐集列車の車掌。


CV:大地葉

征服王の臣下であるサーヴァント


CV:福山潤

現代魔術科の前学部長。現在は魔術協会から離反している。


case.アトラスの契約編集

アトラス院の院長。本人曰く「ちょっとしたデータ取り」で立ち寄る。

MELTY_BLOOD』からのゲストキャラクター


「ブラックモアの墓地」の墓守。


村の教会の司祭。


村の教会のシスター。


グレイの母。


  • おばば様

村の長老



case.冠位決議編集

秘骸解剖局職員。アルビオンからの生還者であり、ハートレスの元弟子の一人。


秘骸解剖局職員。アルビオンからの生還者であり、ハートレスの元弟子の一人。


全体基礎科君主。「霊墓アルビオン」の再開発計画を提唱する。


降霊科君主。ソラウ・ヌァザレ・ソフィアリブラム・ヌァザレ・ソフィアリの父親。


アニメオリジナル編集

CV:野島裕史

降霊科君主の嫡男。


CV:金元寿子

エルメロイ教室の生徒で、天体科に属する魔術師の家系。

父・アーネストが自宅でバラバラ死体となって発見された謎の解決を依頼する。

トリシャと交友があった事から、獅子劫とルヴィアに事情聴取される。


CV:島田敏

アーネストと共同で研究していた降霊術師。

ジャンマリオに代わる役兼狂言回しとして魔眼蒐集列車にも乗車する。


  • アレック・ファーゴ

CV:山本祥太

メアリの素行不良な従兄弟。


  • クレア

CV:M・A・O

ファーゴ家に仕えるメイド。


CV:前野智昭

時計塔の一級講師で降霊科の重鎮。

エルメロイ二世に暴走した父の魔術工房「マーベリー工房」の調査を依頼する。


CV:緒乃冬華

「マーベリー工房」の所有権をウィルズからコドリントン本家に移すべく化野と共に現れた魔術師。ウィルズとは幼馴染の関係にある。


  • フェイ

CV:Lynn

上述の「マーベリー工房」近辺に出没する妖精。

ウィルズに何かを訴えかけるような目を向けているが…?


CV:乃村健次

死霊魔術師にしてフリーランスの傭兵。

ウィルズやその父とは親交があり、弔問のために「マーベリー工房」を訪れる。

『Fate/Apocrypha』からのゲストキャラクター。


CV:麻生智久

時計塔召喚学科学部長。

『Fate/Apocrypha』からのゲストキャラクター。


法政科所属の魔術師。グルドア・ダヴェナント連行の際にホムンクルス達とともに登場。

『Fate/Grand Order』からのゲストキャラクター。初出は『Fate/Apocrypha』。


  • マイケル

CV:沖野晃司

エルメロイⅡ世の行きつけのカフェの店主。

FGOにて同名を名乗っていたキャラクターとは別人。


  • ブリジット

CV:藤井ゆきよ

上述のマイケルの店のウェイトレス。


  • ガウリカ

CV:櫻井浩美

シャルダンと共にスヴィンの典位昇格式典の進行を行っていた魔術師。


カミュ・ペリゴール

CV:甲斐田裕子

IT企業のCEOを務める若き実業家。エルメロイⅡ世のかつての学友。


シリーズ一覧編集

case.剥離城アドラ(1巻)

第五次聖杯戦争の少し前。ロード・エルメロイⅡ世はある事情から「乖離城アドラ」と呼ばれる城で魔術師アッシュボーンの遺産相続争いにグレイと共に巻き込まれる。遺言の内容はこの城に秘められた謎を解いたものに遺産を相続させるというもの。

傷ついた魔術刻印を修復できるという遺産を求め集う魔術師たち。しかし、それは悲愴な事件のはじまりでもあった。


case.双貌塔イゼルマ 上・下(2、3巻)

双貌塔イゼルマでの今代「黄金姫」「白銀姫」のお披露目会。エルメロイの家督を継ぐライネスはボディーガードにグレイを連れ、そのパーティーへと出席する。会場に集うは名だたる名門魔術貴族。そして時計塔三大貴族の一角「バリェレータ」を中心に沸き起こる派閥争い。陰謀渦巻く伏魔殿でライネスに衝撃の提案を持ちかけたのは、思わぬ人物であった。


case.魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン) 上・下(4、5巻)

ある日ロード・エルメロイⅡ世のもとから宝物である「イスカンダルの聖遺物」が盗まれた。後に残されていたのは異名極まる魔眼オークション会場「魔眼蒐集列車」への招待状。エルメロイⅡ世は親友との絆を取り戻すために内弟子のグレイと生徒のカウレスと共に魔眼蒐集列車へと乗り込む。だがそこで彼を出迎えたのはあの親友の…。


case.アトラスの契約 上・下(6、7巻)

あれほど切望していた第五次聖杯戦争への参加を辞退すると決意したロード・エルメロイⅡ世。師の覚悟を間近で見届けたグレイは、その想いに応えるべく目を背けていた己の過去と向き合う決意をする。

それは、ライネスとエルメロイⅡ世がグレイと出会うきっかけとなった物語。とある集落で起きた、「自分」が殺され逃げるように故郷を離れた忌まわしき事件。

あの日、故郷で何が起きたのか。その真実を探るべく、Ⅱ世とグレイ達は再びかの地を訪れる。


case.冠位決議(グランド・ロール) 上・中・下(8、9、10巻)

冬木の地にて続々とサーヴァントが召喚され、第五次聖杯戦争の開戦まで最早秒読みとなった頃。ドクター・ハートレスの足跡を追うエルメロイⅡ世に12の君主による「冠位決議」が催されるとの一報が入る。決議の議題は、時計塔地下深くに広がる大迷宮「霊墓アルビオン」の再開発計画に対する是非。

ロード同士の派閥争いとハートレスの陰謀が交錯するする中、衝撃の真実がエルメロイⅡ世を追い詰める…


テレビアニメ編集

ニコニコ版はこちらから


2018年大晦日特番『Fate Project 大晦日 TVスペシャル 2018』にて新作アニメとして第0話が放送され、その後2019年7月放送予定と発表された。

TOKYO MX群馬テレビとちぎテレビBS11毎日放送で放送。


正式タイトルは『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン) Grace note-』

『case.魔眼蒐集列車』が選ばれたのはアニメ映えや展開の速度を考慮した結果との事。


アニメーション制作はTROYCA。『Fate/Zero』に関連した部分が多い事もあって、同作アニメ版の監督あおきえいもスーパーバイザーとして参加している。


全14話(第0話含む)で、前半の6話までは「Ⅱ世誕生の経緯」や主要人物の"人となり"の紹介も兼ねたアニメオリジナルストーリーが展開され、後半の7話から13話で魔眼蒐集列車の本編が描かれた。

OPは「starting the case : Rail Zeppelin」

EDはASCA「雲雀」

特別編も合わせ全て梶浦由紀が作曲編曲を担当。


2021年7月に新規エピソードの制作決定が発表された。これに合わせて、9月末から第0話も含めて再放送されることに。

その後同年大晦日の『Fate Project 大晦日TVスペシャル2021』内で放送された。

EDはASCA「君が見た夢の物語」。アニメ版OPに歌詞をつけてリテイクしたものである。



ラジオ編集

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 エルメロイ教室便り

MCはスヴィン役の山下誠一郎。放送局は超!A&G

土曜18時に本放送後、翌週の火曜にアニプレックス公式YouTubeチャンネルにアーカイブとしてアップされた。


ゲスト一覧


舞台編集

2019年4月27日、舞台化が決定した。タイトルは『音楽劇「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -case. 剥離城アドラ-」』

なお、アッドなどの音声のみで登場するキャラクターはアニメ版と同じ声優が担当している。


2019年12月15日にプレビュー公演が千葉で、2019年12月19日~23日に東京、2019年12月26日~28日に大阪、2020年1月11日・12日に福岡、2020年1月17日~19日に東京凱旋が本公演として上演。

因みに東京と東京凱旋公演は上演場所が違う。


外部関連編集

Fate/Grandorder』でコラボイベントの開催が『AnimeJapan2019』にて告知。

そして2019年4月27日の生放送にてイベントタイトルが『レディ・ライネスの事件簿』である事が判明、同日21時より開催された。

2022年1月にもシナリオ追加のうえ復刻。


司馬懿疑似サーヴァントとなったライネス及び途中合流したグレイと共に、死体で発見されたエルメロイⅡ世と不可思議なロンドンの謎を追っていく。


なお、アニメ版オリジナルエピソードは、「ゼウス」、『妖精郷』(ブラックドッグとフェイが登場)、「世界卵」など『Grand Order』に密接に関わる要素が登場する事が多い。


関連タグ編集

TYPE-MOON Fateシリーズ Fate/staynight Fate/Zero

聖杯戦争 魔術協会 時計塔 魔眼(TYPE-MOON) エルメロイ教室

魔術師 天使  ミステリー ファンタジー

2019年冬アニメ 2019年夏アニメ 2022年冬アニメ


外部リンク編集

原作紹介サイト

コミカライズ(TYPE-MOONコミックエース)

アニメ公式サイト

アニメ公式Twitterアカウント

舞台公式サイト

舞台Twitterアカウント

関連記事

親記事

Fateシリーズ ふぇいとしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34777826

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました