ピクシブ百科事典

目次[非表示]

それともこう呼ぼうか?
親愛なるお兄様と

プロフィール

身長149cm
体重41kg
誕生日3月7日
好きなもの他人の不幸、とりわけ真面目な人間が道を踏み外すところ
嫌いなもの退屈
決戦の日ロードの冠
魔術系統鉱石を利用した魔術をメインとする。その流動や転換
魔術回路質:A(まだ自覚していないが、回路の質は高い) / 量:D / 編成:正常
CV水瀬いのり(トリムマウ役も担当)
浜崎香帆


概要

第四次聖杯戦争でケイネス・エルメロイ・アーチボルトが死去したあと、エルメロイ家の当主となった魔術師の少女。
ケイネスの存命時には継承者としては末席にすぎなかったが、家系の源流刻印には適正が高かったため、叔父の死後傾いたエルメロイ家のトップに担ぎ上げられる。

血縁上はケイネスの姪にあたるが、アーチボルトとアーチゾルテの諍いをおさめ、継承権の正統性を示すためにケイネスの義妹というポジションに収まった。ただしささやかな抵抗として、ライネス自身はアーチゾルテ姓を名乗り続けている。

ケイネスの死の間接的な原因を作ってしまったと後悔していたウェイバー・ベルベットに、ロード・エルメロイⅡ世の称号と義兄の立場を与え、莫大な負債の完済と家の再興を果たすまで協力することを約束させた。

月霊髄液を改良進化させたメイドゴーレム、トリムマウを使い魔として従えている。

人物

美しい金髪のロングヘアーに空色の瞳を持った愛らしい少女。年齢は15歳前後。
佇むだけで気品があり、座るだけで優雅を纏うが、その口の悪さと尊大な態度が全てを台無しにしている。
「エルメロイの姫君」と呼ばれることもあるが、この呼び方は敬意を込めてのものではなく、本家であるアーチボルト家が失墜し、その当主の座に無理やり押し込められたことを揶揄して使われる、いわば蔑称である。

その性格は「真面目な人間が苦しんでいるのを見ると唇がほころぶ」という自他共に認めるサディスト気質な小悪魔的令嬢。三田誠曰く、愉悦系少女
本人曰くこの様な性格だったが故に、幼いころから陰謀渦巻く時計塔を渡ってこれたと語っており、それらの経緯から人間観察に優れている。

エルメロイⅡ世にはたびたび無理難題を持ち込み、その眉間の皺に隠れた甘っちょろさを存分に弄り倒す為、彼からは「胃を壊す悪魔」と呼ばれている。
ただ彼の事は義兄として気に入ってるらしく、普段散々苛め倒していても心底では彼を強く信頼している彼女なりの親愛の情が窺える。といってもそれは意地でも表には出さないが。

また愚直で勤勉なお人好し、同情に余りある過酷な背景を持つ苦労人など、人柄と場合によって毒舌が鳴りを潜めることがあり、気に入ればさり気なく世話を焼いてやるなど、この歳にして既に他者を受け止める度量の大きさが備わっている。

エルメロイ当主に相応しい程度の魔力回路は持っている他、魔力を感知する類の魔眼持ちであり、発動時には瞳の色が緋色へと変化する。
一方、おおよその魔術が研究用に調整されている為、義兄同様直接的な戦闘能力には乏しく、自らが操縦するトリムマウ無しでは弱い魔弾を撃つのが精々。自身も誰かと殺し合いになる事態は極力避けようと立ち回っている。

事件簿本編終了後、ようやく精密分析を得意とする魔眼を制御できるようになり、Ⅱ世の指導も相まって研究畑で実力を伸ばすことになる。トリムマウの人格付与のように、「他人の魔術の上に魔術を重ねる」応用技術で、エルメロイにふさわしい功績を打ち立てるのである。

なお本人が隠蔽工作を徹底していることもあり、あまり本編では描写されないが、彼女の政治活動はかなり悪辣。『叩けば埃が出るどころか、どす黒い煤をまき散らす勢い』とライネス自身も自己評価している。そもそもウェイバーとの出会いが拉致であり、慣れた手際なのも、つまりはそういうことである。
このような手段を覚えたのは、かつてとある事情で彼女に仕えていた執事の存在が大きいとされるが、事件簿本編の頃には彼女のもとを離れているため未登場。

ケイネスの死後色々あったらしく、ケイネスの婚約者の実家であるソフィアリ家とは陰悪な仲。
好きなバンドはレッド・ツェッペリン

登場作品

Fate/Apocrypha
一応の初登場。聖杯大戦の後始末に苦労するエルメロイⅡ世を弄り倒す。
アニメ版では出番がカットされ、最終回のラストシーンに一瞬だけ登場するのみとなっている。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
メインキャラクター。稀に狂言回し。
義妹として、教え子として、雇い主として、エルメロイⅡ世を弄り倒す。

ロード・エルメロイⅡ世の冒険
相変わらずひねた態度を取っているが親友であるグレイの事は心配している。

Fate/Zero
真じろう氏による漫画版の後日談エピソードにて、ウェイバーにエルメロイの名を与え縛り付ける役回りで登場。幼童だが小悪魔な性格はこの頃には完成されている。
このエピソードは『事件簿』でも引用されているが、アニメ版第1話ではデザインが新規のものに改められており、髪型がショートボブになっている。

Fate/GrandOrder
コラボイベント「レディ・ライネスの事件簿」にて登場。とある要因から疑似サーヴァントとして主人公と共に特異点の謎解きを行う事に。
詳細は司馬懿(Fate)を参照。

関連人物

ロード・エルメロイⅡ世
義兄。よくからかっているが、なんだかんだで慕って頼りにしている。

グレイ
義兄の内弟子。当初は謙虚で大人しい彼女を弄って楽しんでやろうと思っていたが、グレイの人柄もあり、話が進むにつれ一緒にお茶を楽しむほどの仲に。最終的には無二の親友になる。

ケイネス・エルメロイ・アーチボルト
エルメロイ家の先代当主であり、義兄で叔父。だいたいコイツのせい。
「第四次聖杯戦争に参加した時点で、どうあっても死ぬ運命だっただろう」という辛らつな推測をしている。

トリムマウ
水銀製のメイドゴーレム。自身の従者であり、苦楽を共にした信頼できるパートナー。

フラット・エスカルドス
義兄の教え子。面白いヤツだがやや鬱陶しい。

オルガマリー・アニムスフィア
12の君主「アニムスフィア」の娘。
『事件簿』の世界線では、個人的興味と利益を兼ね合わせた「お友達」となる。

ブラム・ヌァザレ・ソフィアリ
嫌い嫌らわれているソフィアリ家の長男。彼の目論見が破綻した際は「ザマァ」と言った。

ペンテル姉妹
義兄の教え子。フラット同様「ちゃん」付けで呼ばれている。

余談

最初に存在が言及されたのは現在では入手困難な2006年キャラクターマテリアルにおける
「ロード・エルメロイⅡ世」の項目。名前の設定もなく末席の少女とだけ呼ばれており「もとを正せばおまえが悪いんだから一生私に仕えよ」という文章は短いながらもファンの琴線に触れたのかエルメロイⅡ世の出る二次創作等では(キャラクターを妄想して)登場することも多かった。

その後長い間放置されていたのだが、『Apocrypha』にてイラストと共に公式作品に初登場を果たし、『エルメロイⅡ世の事件簿』ではメインキャラクターに抜擢されている。

関連イラスト

センシティブな作品
Reines


ライネス
時計塔



事件簿(アニメ版)1話

ライネス
らいねす


ライネスちゃん
ライネス



関連項目

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 Fate/Apocrypha Fate/strangeFake
Fate/GrandOrder レディ・ライネスの事件簿
令嬢 小悪魔 ツンデレ

ヴィクトリカ・ド・ブロワ:見た目が似ており金髪ロングヘアー、やや毒舌、ツンデレ、義兄の存在など色々共通点が多い。

カスミ中の人繋がりFGOと同様に主人公を助手として扱うが、こちらは本職(?)の探偵である。性格的には自由奔放で天才肌気質と、どちらかと言えばこっちに近い。

マブシーナ中の人が同じであると同時に義妹繋がり

関連記事

親記事

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 ろーどえるめろいにせいのじけんぼ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55192849

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました