ピクシブ百科事典

魔眼(TYPE-MOON)

たいぷむーんのまがん

独立した魔術回路であり、一工程(シングルアクション、魔力を通すだけ)で発動する魔術行使。
目次[非表示]

概要

おもに魔術師が持つ、一工程の魔術行使。本来、外界からの情報を得る受動機能である眼球を、自身から外界に働きかける能動機能に変えたもの。視界内の人間に問答無用で魔術をかける代物で、標的にされた対象が魔眼を見てしまえば、効力は飛躍的に増大する。要するに見てはいけないモノ、見られるだけで相手の術中に嵌まるという恐ろしい魔術特性。その秘匿性と能力から、魔術師の間で魔眼は一流の証とされる。もっとも、人工的な魔眼では魅惑や暗示程度の力しか持ち得ない。

強力な魔眼保持者は、決まって“生まれつき持っていたもの”に限られる。モノの死を視る志貴の魔眼、視ただけで相手を石化させる魔眼、などは魔術でも再現できない“超能力”である。

魔眼のランクは色分けができ、通常の魔眼は赤や緑色に光るもの。強力なものは黄金に輝き、神域の魔眼は宝石の如く虹の如く多彩に偏光するとか。
(他者の運命そのものに介入する特権行為はノウブルカラーと呼ばれる。よくある勘違いとして『黄金』がノウブルカラーの中で1番ランクが低い、と言うものがあるが、ロード・エルメロイⅡ世の事件簿にて「黄金は通常のノウブルカラーのさらに上位」というイヴェットの発言があるためこれは間違いである。)

ちなみに遠野秋葉の“略奪”は魔眼の性質と酷似しているが、あれは魔眼ではなく呪詛の類。遠野志貴の眼も“直死の魔眼”と称しているが、厳密には超能力、上人が持つとされる浄眼である。

作中での描写

魔眼は独立した魔術回路であるため単体で魔力を生成可能。ただし魔眼が生み出す魔力と術式が必ずしも釣り合うとは限らず、最悪の場合は術式を勝手に発動し、宿主の魔術回路からも強制的にオドを絞り出すため制御しきれない場合は非常に危険。
逆に魔力の扱いに長けていれば、魔眼の魔術回路を宿主のそれに上乗せできる。一代限りのサブとはいえ魔術回路を上乗せできるため、美味しいものと考える魔術師も少なくない。

魔眼にはランクがあり、上から順に

  • 宝石
  • 黄金
  • ノウブルカラー
  • 赤や緑

『虹』は月世界の王の証であり、所持していると明言されたのは朱い月のブリュンスタッドのみ。
直死の魔眼を虹と称するのは「視るだけで殺す」ものを意識した発言であり、蒼崎橙子が「睨むだけで生命を死に至らしめる魔眼と大差はない」と発言したのは、絶えず位置を変える死線を確実に視てしまえることを指してのものである。

『宝石』は実在を疑われるレベルの希少性。一派を率いる君主(ロード)ならば密やかに持ち合わせているかもしれないともされる。
ライダー(Fate/staynight)カラボー・フランプトンオフェリア・ファムルソローネらの魔眼はこの位階である。

『黄金』は通常のノウブルカラーのさらに上位であり、現代では失われた大魔術が蔵されていることも稀ではない。そのためか、一つ間違えれば封印指定ものとされる。
アルクェイド・ブリュンスタッドネロ・カオスの持つ「魅了の魔眼」もこのランク。

『ノウブルカラー』は、おおよそ『束縛』『契約』『炎焼』『幻覚』『強運』などに代表される、他者の運命そのものに介入する特権行為。
レーマン家による加工魔眼は、限定的とはいえこのランクを再現している。

『赤』や『緑』は、色でそう呼ばれることは少ない。このランクならば、一部の一流の造形師が人工的に造ることも可能。

魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)

ありとあらゆる魔眼を蒐集してヨーロッパの森を走り続ける列車。招待状を送り、魔眼を商品とするオークションを行っている。もともとはロズィーアンの家名を持つ死徒(死徒二十七祖第15位、リタ・ロズィーアンのことと思われる。)が道楽として始めたものだったらしい。

特筆すべきは、魔眼の移植・摘出を確実に行ってのけることである。魔眼とは魔術師に付属した器官でありながら、それ自体が独立した魔術回路であり、同時に個々の能力がある点から血筋に関係なく適応できる特殊な魔術刻印とも言える。独立した魔術回路であるがゆえに単体で魔力を生み出して術式を起動することが可能であり、その在り方は『一般の魔術回路に対してノウブルカラーは天体運営に近い』と表現されるのと同じようなものである。

そのようなものを摘出するだけでも至難の業であり、バルトメロイトランベリオといった三大貴族に名を連ねる有力な家系でも二の足を踏む程だが、魔眼蒐集列車はその例外であり、科学的な免疫機構やさまざまな問題を無視して摘出どころか移植さえ確実にやってのける。
その行為はロード・エルメロイⅡ世曰く、「ある意味で嵐やマグマを切り離し、他人の身体に封じ込めるようなもの」であるという。

また外敵に対する防衛手段として「魔眼大投射」と呼ばれる機能を有する。基幹車両リルカペローと霊質回帰型レンズ・ローズアイを使い、商品として陳列している魔眼を1回きりで焼き切らすのと引き換えに何百倍~何千倍に相当する威力で魔眼を行使するというものであり、ロード・エルメロイⅡ世の事件簿では同じ上級死徒の落とし子であるアインナッシュの仔を迎撃している。

本来は北欧にしか出現しなかったが、かつて蒼崎橙子その使い魔にやられた結果、北欧に限らずヨーロッパの各地に出現するようになったという。

表記について

魔法使いの夜の中ではかつてルゥ=ベオウルフが打ち破ってきた神秘の1つとして、「魔眼収集列車」表記で名称のみ登場する。その後、ロード・エルメロイⅡ世の事件簿にて「魔眼蒐集列車」に変更された。

『PS、TYPE-MOONの濃いファンの方は、魔眼収集列車じゃないのかと思うかもしれませんが、こちらは単に小説としての字面ゆえです。日本語訳が変わったんだなぐらいに思っていただければ。』
(ロード・エルメロイⅡ世の事件簿「case.魔眼蒐集列車(上)」あとがき)

対魔眼戦

魔眼は最古の魔術であるため神秘としては強大であるが、同時にいくつもの対抗策が世界中で練られている。一例としてTYPE-MOON作品内で度々登場する魔眼の効果を遮断するメガネ、「魔眼殺し」がある。

それとは別に、「視られる力」による魔眼の無効化を行う方法も存在する。これは万物には視られる力があるからこそ人はモノを見ることができるという思想であり、視る側の力が強くなればなるほど無意識のうちに誘導され、抗いがたいものとなる。魔眼殺しと比べた場合、単純な防御効果では劣るが本来意図しない情報を意識しないうちに叩きつけられるため、応用性に優れる。
トルコの邪視よけのお守りである、「ナザール・ボンジュウ」がこれにあたる。

また、魔法使いの夜にて、対魔眼戦の基本となる戦術が明らかとなった。

魔眼といえど、その根底にあるのは暗示であり、正面からの不意を突いたマインドジャックこそが最も効果的であり、抵抗されにくい。逆にいえば魔眼の範囲に入っていようと、正面にさえいなければ効果は半減する。また、

  • はじめから相手の視界に入らない(気付かれる前に倒す)
  • 魔眼を受ける対象が視界に収まりきらないサイズである

という上記2つが魔眼に対する対応策となる。前者が最善手であり、後者は魔眼が視界、焦点に収めた対象に呪いを行う魔術であるがゆえの「策というよりどうしようもない現実」である。
実際、久遠寺有珠蒼崎橙子の魔眼を、プロイキッシャー『橋の巨人(テムズトロル)』によって突破している。

余談

魔眼と称されてはいるが、厳密には魔眼ではないもの、魔眼なのかも疑わしいものも少なからず存在する。


2人の直死の魔眼は臨死体験によって浄眼が変質したものであり、脳が『死』を理解し捉えて初めて機能するものなので、定義上魔眼には当てはまらない。

浅上藤乃の『歪曲』もFate/GrandOrderから『歪曲の魔眼』表記であるが、空の境界本編中では一貫して『歪曲』表記であり、扱いも超能力である。

未来視や過去視は未来福音の中では蒼崎橙子によって「安全の名のもとに消え去った“人間が本来持ち得た機能”の一つ」と説明され、脳の機能であるとされる。
一方、ロード・エルメロイⅡ世の事件簿では「魔術的な見方だと眼球がある種の魔術回路として働いて、」記憶、演算を行うとされており、術式投射を行うか否かで感受型の未来視や過去視は除く場合もあると記述されている。

関連記事

TYPE-MOON 月姫 空の境界 Fateシリーズ 魔法使いの夜
魔眼 邪視

外部リンク

関連記事

親記事

TYPE-MOON たいぷむーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔眼(TYPE-MOON)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120915

コメント