ピクシブ百科事典

浅上藤乃

あさがみふじの

浅上藤乃とは、『空の境界』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

とても・・・・・・とても痛いです。わたし、泣いてしまいそうで
――――泣いて、いいですか

プロフィール

誕生日5月20日
血液型B型
身長157cm
体重48kg
属性秩序・悪
好きなものホラー映画
嫌いなもの「両儀式」
CV能登麻美子


概要

奈須きのこの伝奇小説「空の境界」第三章「痛覚残留」に登場する少女。
死に接触して快楽する存在不適合者。

礼園女学園の生徒であり、黒桐鮮花の友人。
荒耶宗蓮両儀式のために用意した3つの駒の1人。
旧姓は「浅神」なのだが、彼女が幼い頃に潰れていて、母と共に分家である浅上家に引き取られた。

人物

普段は鮮花から「誰も憎まない娘」と評されるほど温和で穏やかな性格。夫の影踏まずタイプの控えめな女性像。
だがそれは後天的な無痛症による外部刺激及び自らの身体を感じることができないために生じた「無感情症」、「他者への共感性の欠落」から起こる「集団からの孤立」を避けるために演じている人格にすぎない。

本来の彼女は常識を重んじ相手を立てる才女だが、根底は徹底した悲観主義者かつリアリストなので時に相手の心情を無視した辛辣な意見を口にする事もある。またその重んじる常識も「知識的」なものでしかなく、「実感」を伴っていない。式が生の実感をもてないこととは似て非なる。
忍耐強いが、一度たがが外れると相手を追い詰めるまで(事態を解決するまで)止まらない、暴走ダンプカーでもある。このあたり、決断に容赦のない式と似ている。

女性的な仕草、口調、性格ではあるが、趣味は少女趣味からかけ離れたもの。スプラッタホラー映画鑑賞など、ひとりでこっそりと楽しむ暗いものを好む。特に登場人物たちが恐怖に駆られる様はとても興味深いとか。またFGOではロボットのメカエリチャンを見て「藤乃VSメカエリチャンも良いかも」とか言い出すあたり、特撮系にも理解がある様子。

本人は最期まで自覚する事はないが、潜在的な加虐性質。追い詰められると途端に残酷・冷酷・悪趣味になるのはこのため。前述の「他者への共感性の欠落」からも、後天的なサイコパスの素養を有する。

他者の痛みに共感する形でしか生への実感を得られなかったことから、感覚を取り戻した後は残虐に相手を殺して快楽を得るという暴走を招いていく。
そして、彼女の義父からの依頼により、文字通り殺してでも止めに来た両儀式と死闘を繰り広げることになる。

礼園女学院に所属している人物の中でもスタイルが大変よろしいキャラであり、瀬尾静音曰く「礼園女学院が誇る和風美少女型・物理法則歪曲兵器。威力も胸囲も文句なしナンバーワン。」と太鼓判を捺されている。
また、男性の暴力的なところは苦手だが、同時にそんな子供らしい一面を愛らしいとも思っている。なので、完全な理性の人に対しては愛情より憧れ(恋の感情)を抱くようだ。その関係か、黒桐幹也を「中学時代に出会った憧れの先輩」として密かに慕っていたのだが、幹也側はすっかり忘れているようである。

能力

右目で右回転、左目で左回転の回転軸を視界内で作り、物を捻じ曲げる「歪曲」の力を持つ。
この力は元々生まれつきのものだったのだが、力を嫌った実父が薬品を使って彼女を人為的に無痛症にすることで力を封じていた。
しかし、不良達の暴行(本当はある人物の干渉)が原因で無痛症が直った事で、能力も元通りどころか飛躍的に向上して再発現した。

所謂「一点特化型」なので汎用性に乏しいが、「凶(まが)れ」という言葉以外に予備動作を必要とせず、発生までのタイムラグも殆ど無く、広範囲に作用でき、さらに対象の強度にも左右されないと、極めて攻撃的な特性を備えており、攻撃能力だけであれば作中でもトップレベルを誇る。

また、式との最終決戦では透視能力に目覚めており、難点であった「障害物による防御」も克服した。
しかし代償で視力が著しく低下しており、六章『忘却録音』や『未来福音』では、杖をついて歩いている様子が見られる。

ゲスト出演

Fate/Grand Order

復刻コラボイベントである「復刻版:空の境界/the Garden of Order -Revival-」と共にまさかの実装。
イベント直前まで情報が伏せられていた上に復刻版という事で油断していたマスター達に衝撃を与えた。なお、シナリオに関係しない完全なゲスト出演との事。
レアリティは☆4で、クラスは魔眼が飛び道具という解釈なのかアーチャーとなっている。

両儀式のように根源接続者でもない彼女がサーヴァント化できたのは、その高い能力を「世界の抑止力」に買われたから。「世界の抑止力(アラヤ識)」は人理焼却を覆す為の戦力の一つとして彼女の異能を採用し、彼女は仮初めのサーヴァントとしてカルデアに召喚される事になった。
彼女にとってサーヴァントである自分は『夢』にすぎない。
式同様、燃え尽きる直前に見ている、人理焼却を覆さなければ消えるだけの一夜の幻。
普通の感性なら混乱し、パニックに陥るところだが、藤乃はこの異常をすんなりと受け入れた。サーヴァントとして呼ばれた自分の立場をきっちりと理解し、自分にできる範囲でマスターの力になろうと努めるだろう。

またサーヴァント化によって身体能力が向上しているためか、普段よりも人格が勝ち気でアグレッシブになっている。またそのせいか攻撃手段は魔眼一択なのだが、戦闘中は頻繁に動き回り、一部からは「スタイリッシュ魔眼」なんて呼ばれている。

ガチャサーヴァントなので霊基再臨で衣装が変化する。
初期はお馴染みの礼園女学園制服だが、第2段階では『まほうつかいの箱』等で登場した喫茶アーネンエルベの制服に似た給仕服(本人曰く文化祭で着たらしい。)、第3段階では浅神家が存続していたなら存在していただろう、艶やかな着物姿の正装を披露する。

ちなみにこちらのステータス上ではなぜか「痛覚残留」のときよりも体重が3kg増えているのは秘密。

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
EBDACEX


保有スキル

対魔力(D)アーチャーのクラススキル。魔術への耐性。一工程の魔術なら無効化できる、魔力避けのアミュレット程度のもの。
単独行動(A+)アーチャーのクラススキル。マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。Aランク以上なら魔力供給なしでも一週間は現界可能。孤独を好む訳ではないが、なんとなくひとりでぶらつく悪癖がある。尾行とか得意。魔力切れを起こして本人はとても辛い筈なのだが、痛覚が薄いため気付いていない。
陣地作成(B)本来はキャスターのクラススキル。魔術師として自らに有利な陣地「工房」を作る能力。Bランクならば上質な工房を作ることが出来るだろう。ただし彼女は本来魔術師ではないため、工房とは無縁である。
痛覚残留(A)完治したというのに繰り返す死の痛み。人間の証明。浅神の一族は少女の異能を封じる為、その触覚を閉じ込めた。
千里眼(闇)(C)人間の視界から外れた視界「神の視点」である俯瞰の視点から対象を「視認」する能力。ただし、能力を得る代償で通常の視力を損なっている。
歪曲の魔眼(EX)魔眼と呼称される異能の中でも最上級のもの。異能の中の異能、希少品の中の希少品。無機・有機問わず、“物質として存在するもの”を一枚のプリント映像として平面的・二次元的捉え、これをねじる事で対象の強度・規模を問わずに捻り、切断する。


宝具

唯識・歪曲の魔眼(ゆいしき・わいきょくのまがん)

浅上藤乃


  • ランク:EX
  • 種別:対界宝具
  • レンジ:1~9999

夏に降る懐(なつかし)の。
千里眼(クレアボイアンス)を併発した事により、人間の視界から外れた視界―――神の視点である俯瞰の視点から対象を“視認”し、ねじ曲げる超遠距離物理崩壊。

封鎖されていた痛みは堰を切って螺旋を描く。
―――その崩落は泣き崩れる女のように。

ちなみに演出としてムービーの最後に必ず橋がねじ切られる(これは劇場版でのワンシーンの再現)ことから、「対橋宝具」なんて呼ばれていたりもする。

関連人物

空の境界

黒桐幹也
憧れの人。その極端なまでの「普通」さに惹かれている。
故にどうやっても「凶げる」事は出来ない。
幹也本人は忘れていたが、本編以前に学校の体育祭の時に救護されたときに面識がありその時の言葉が藤乃の心の中に残っているようであった。

黒桐鮮花
黒桐幹也の妹であり、自身の友人。
彼女が幹也の妹である事は知らないが、彼女に幹也を紹介されそうになった事はある。

両儀式
はじめて嫌いと思った相手。綺麗だけど、それ以上に怖い人。
FGOでは一度殺し合った仲だが、お互いその点はあまり気にしていない様子。
また、式からは「全方位に開いた人間大砲みたいな奴」、「思い込みが強い上に、他人の心が読み取れない地雷女」とある意味的を得た評価をしている。

安藤由子
友人。かつて、「どれだけ苦しくとも、この世界を綺麗だと信じてほしい」という言葉を受け取った相手。
巫条霧絵の騒動に巻き込まれて自殺してしまうが、彼女が残した言葉は今でも藤乃の中に残っている。

宮月理々栖
知り合い。上記の安藤由子を通じて知り合った。
自分の何気ない一言で由子を自殺に追い込んでしまったと悔やんでおり、後追い自殺を考えていた所を藤乃に半ば脅しのような形で止められる。

FGO

「両儀式」
「空の境界」では出会うことがなかった両儀式のもう一つの人格。
「とても女性的で口調が穏やかで、柔らかくて、たおやかだけど、腹が立つ」とかなり嫌っている。
彼女からは「巨大積乱雲(スーパーセル)女」、「基本的に自然災害」、「怪獣みたいな恋人」とこれはまた的を得た評価をしている。

メカエリチャンメカエリチャンⅡ号機
ライバル視しているサーヴァント。
「鉄のような肌、鉄のような翼、鉄のような絶壁を持つサーヴァントなんですが……あの目力、とても気になります」と結構な評価を下しているが、無意識に地雷を踏み抜いてるのはそのサガ故なのか…

アビゲイル・ウィリアムズ
自身と同じく生まれつきの異能を持つ少女。系統は違うが、他人のような気がしない人物。
彼女の鍵を「回す」能力と、自身の空間を「凶げる」能力の共通性にシンパシーを感じているようだ。

関連イラスト

痛覚残留
痛覚残留


magare
無題


FGO

'ㅁ'
藤乃



関連タグ

空の境界 痛覚残留 未来福音 Fate/GrandOrder
両儀式 黒桐幹也 黒桐鮮花
黒髪 姫カット 大和撫子 超能力者 魔眼 殺人鬼 盲目
退魔四家

琥珀間桐桜:「被害者のまま加害者へと転じる少女」の系譜。特に桜は藤乃の設定を色濃く残している。

pixivに投稿された作品 pixivで「浅上藤乃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1175140

コメント