ピクシブ百科事典

間桐桜

まとうさくら

TYPE-MOONの作品『Fate/stay night』のメインヒロインの一人。
目次[非表示]

「―――先輩になら、いいです」
「そんなこと、出会った時からわかってたんですよ?
この人はきっと、何も裏切らない人なんだなって」

プロフィール

誕生日3月2日
星座魚座
血液型O型
身長156cm
体重46kg
スリーサイズB85/W56/H87
イメージカラー
特技家事全般、マッサージ
好きなもの甘いもの、怪談
苦手なもの体育、体重計
天敵イリヤ遠坂凛
CV下屋則子


概要

Fate/stay night」に登場するヒロインのひとり。
衛宮士郎に憧れを抱いている後輩の少女。彼の友人である間桐慎二の妹でもある。
弓道部に所属しており、続編「Fate/hollow ataraxia」では部長に就任。

Fate」「Unlimited Blade Works」の二つのルートでは彼女の取り巻く環境が明かされないため、中盤からフェードアウト。ヒロインとなる「Heaven's Feel」にてその全貌と本質が明かされる。

人物

ストレートの紫髪、華奢な体格のわりに隠れ巨乳(藤ねえ曰くEカップ)。
家事は万能、性格は穏和で一途。おっとりとして健気で献身的、どこか儚げな雰囲気のある少女。基本的には穏やかで控えめだが、士郎を優しくからかったり、こうと決めたら意地でも曲げない頑固な一面も。

衛宮邸でのささやかな毎日を代え難い幸せと感じている。
士郎にとっては友人の妹であり、後輩であり、家族でもある「日常の象徴」。
とある理由から弓道部を退部してしまった士郎のもとへ、家事の手伝いをしに衛宮邸へと通っている。士郎は最初は断ったが、彼女の頑固さに根負けして許可した。

家事・料理は元から得意だったわけではなく、士郎に教わり始めてから上達。最初はおにぎりすら握れない程だったが、今では洋食なら士郎より実力は上と言わしめるほどに上達したらしい。
セイバーほどではないが女性陣の中では大食い。体重は増加するがウェストは細くなっている。しかし本人の意識は薄く、体重計に乗っては苦悩しているらしい。

実は人間らしい感情を持てるようになったのはごく最近、ここ一年くらいのもの。士郎と出会った頃は無表情で笑うこともなかったが、彼や藤村大河などの影響を受け徐々に明るい表情を見せるようになってきた。あたたかな日常をこの上なく大切に思っている。

怪談が好きでよく読んでいる。桜は「怖いもの」に耐性があるので、フィクションの「怖いもの」が馴染む。現実から苦しいからこそ、「怪談」を読むことで精神のバランスを取っている。桜にとっては現実こそが「怖いもの」。 寒さや痛覚などの感覚に鈍い、痛みに慣れざるを得なかった少女の在り方。

大切に思う日常のため彼女なりに懸命に、限界まで一人で耐えようとする性質。過酷な生い立ちにより自己評価が極度に低い。ストーリー進行によっては善悪に揺れる危うさがあるものの、根が真面目なため悪人にもなり切れず罪悪感で苦しむ。
基本的には善良だが、溜め込みすぎるとパンクする。ギャグ空間では悪ぶろうとしてポンコツ化する等、真っ黒にもなり切れない複雑な人格。

Fateシリーズの中で、幾多のキャラクターが聖杯を望んだり、それぞれの目的のために戦いに挑んだりしていたが、桜は聖杯戦争に参加したいわけでも魔術師になりたいわけでもない、至って普通の少女である。間桐桜は平穏な日々が続けばいいとただ願い、先輩と一緒においしいご飯を食べて学校に通って、部活をやって、ただそれだけで良かった

なお書籍『Character material』での奈須きのこ氏のコメントによると、理想のみに生きている士郎にとって、桜は人間味のある感情を抱いて接している唯一の人物らしい。

略歴

遠坂凛の実妹。遠坂家の次女として生まれたが、魔術師の家において二人目の子供は後継者争いが発生することから忌避されるため、間桐の家に養子に出された。それは遠坂と間桐の同盟が続いていることの証であり、間桐にとっては後継者が魔術回路を持って生まれず断絶寸前だった魔術師の家系を存続させるために、魔術の才能がある子供を産める女性(間桐臓硯曰く「胎盤」)を求めていたという経緯によるものでもあった。
養子に出されてからは間桐家では居場所がなく、遠坂家の人物と接触する事もなく孤立して育つ。身体に合わない間桐の魔術に無理矢理馴染ませるべく、長年に渡り蟲による凌辱という形で調整を受け続けてきた。そのため、元は凛と同じだった髪や瞳の色が一変するほど体質が変化した。

Fate本編では、「間桐を継ぐに値する魔術師であることを証明しなければ」と焦っている慎二や、聖杯を手に入れるためなら身内の犠牲すら厭わず、むしろそれを愉しんでいるフシすらある臓硯といった親族の思惑に翻弄され、精神が摩耗している。
それは桜が表舞台に出てこないセイバールート凛ルートであっても同じである。

能力

魔術師・遠坂の血を色濃く受け継いでおり、極めて高い魔術の素養を持つ。「架空元素・虚数」という極めて稀有な属性を持って生まれており、魔道の家門の庇護が無ければホルマリン漬けの標本にされていたというほど。
間桐の養子に桜が選ばれたのも、この超レア属性が遠坂家の属性とは違い過ぎて時臣の手に余るものだった為であり、結果論としてはまだ間桐の魔術の方が虚数属性との相性はマシだったようである。
本来ならば凛と同様の魔術回路を持ち魔力量も膨大であるが、属性が異なる間桐の魔術に慣れさせるために蟲による調練にさらされてきたため、生来の能力を全開にすることは出来ない。例えるならば「飛ぶために生まれてきた鳥を、水中でも生きられる様に無理やり改造する」ようなもの。
また、魔術刻印継承の道具としてしか見られていなかったために、まともな魔術の手ほどきは受けていない。このため彼女は自身の深層意識(イド)を剥き出しにし、最も暗い負の面を刃にする以外の魔術での攻撃手段を持っていない。

汚れた大聖杯の接続下では桜自身の「虚数」、間桐の「吸収」を掛け合わせた「影」を使役し、ありとあらゆる生物を溶解し、吸収する魔術を使う。
ただしこれはサーヴァントを吸収しようとする聖杯自体の本能や、桜本人の欲・ストレスに反応して勝手に動き回り、理性の制御が利かないというタチの悪い力であり、桜ルートにおいて本人の精神を追い詰め一度は崩壊させ、また士郎を冷酷な正義の味方になるかどうかで苦悩させる原因となった。

他作品での活躍

Fate/Zero

幼少時。既に間桐へ養子に出された後で、彼女を救う事が間桐雁夜の参戦動機になる。

Fate/EXTRAシリーズ

本人ではなく現実に存在していた「桜」という人物を基に再現されたNPC
詳細は間桐サクラを参照

プリズマ☆イリヤ

本編同様、士郎の後輩。しかもプリズマ☆イリヤの士郎は弓道部を辞めてはいないため、凛やルヴィアの知らない場所でアプローチを仕掛けている。本編のような通い妻ではなく出番もほぼ無いが部活での距離は近く、本編組の知らぬところで猛アタックをかけている。
美遊のいた平行世界でも変わらず士郎に想いを寄せる後輩。ただし、間桐家の人物が死亡済みのため本編での抑圧が無くなっており、前向きで明るい性格となっている。

Fate/Apocrypha

間桐が魔術師の家としてはほぼ終わったため遠坂の親戚に養子に出される。
義理の姉と共に高笑いをするレスリング系女子となったとか。

Fate/Grand Order

ヒンドゥー教の女神パールヴァティーの依り代として登場。
記憶・意識などはパールヴァティーがメインとなっているが、行動基準・性格は「hollow」のちょっと強気な桜に近い。

人間関係

stay night

衛宮士郎
憧れの先輩。彼からは保護するべき相手と認識され、桜にとっては綺麗で守りたい人と認識していた。
彼が人間味のある感情を抱いて接している唯一の人物。ルートによっては恋人に。

遠坂凛
実姉。華やかで欠点がなく常に完璧であり続ける彼女に羨望の思いを抱く反面、コンプレックスも強い。

間桐臓硯
祖父。蟲を駆使し、嬲ることを好む。絶対的な畏怖の存在。

間桐慎二
義兄。彼にライダーの契約を譲渡する。兄からは酷い扱いを受けながらも憎むことはなく、むしろ同情心を持っていた。

ライダー
召喚したサーヴァント。似た境遇から大切に思われている。
第3ルートの終盤では桜を救うため士郎たちと共闘。「hollow」では姉妹のように仲睦まじい様子が見られる。

美綴綾子
弓道部の先輩で部長。期待の新人として目をかけられている。

セイバー
当初は良好な関係を築いていた。しかし彼女と会ってから士郎が傷ついて帰宅する事が多くなり、特に最後のルートではケンカしてしまう。一方でセイバーは自分も桜と同じ面があると分析している。

Zero

遠坂時臣
実父。桜の「魔術師としての将来性」を願うため、間桐家へと養子へ出す。

遠坂葵
実母。本心では桜を養子へ出した事を悲しむが、魔導の家系へ嫁いだ者の宿命と諦めている。

間桐雁夜
叔父であり、の幼馴染。日々の過酷な蟲による魔術調教に苦しめられる桜を救おうと臓硯と取引し、第四次聖杯戦争に参加するが…。

余談

長らく専用ルートの映像化やメディアミックス展開がされていなかったため、「日陰ヒロイン」として扱われることが多い。初代PC版でも彼女のルートだけOPムービーが存在しなかった。
また、初回人気投票及び第二回人気投票の両方で自身のサーヴァントであるライダー及び男キャラに順位を抜かれるという事態に、不人気扱いされることもあった。
ただし、二次元における類型的なキャラクター像から外れた他に類を見ない特異なキャラクター性から、徐々に根強く濃い支持を得る。

2006年のアニメ1作目ではなんとボンテージ姿が登場。
物語展開上、空気の読めない格好だったため大いに物議を醸した。しかし、実はこの格好は奈須きのこが発案し武内崇がデザインして脚本に組み込んだ事が2007年のゲーマガで発覚。
デザインした武内はこの衣装に好印象を持っており、「印象的なのは第18話の桜のボンテージ姿」と語っている。
一方、発端となった奈須は「空気の読めない桜らしい姿」と語ると同時に「空気を読めていないのは僕の方でした」と反省するコメントを残している。
評価が低かったとは一概には言えず、地味にフィギュア化もされていたりする。

長らく「ラスボス系ヒロイン」として半分ふっきれた状態での活躍が多く、ギャグ時空では型月屈指の腹黒キャラとなり、義兄や祖父との立場を逆転させていることすらある。
公式的にギャグとはいえ不人気・腹黒いじりがされた事もあり、長らくファンから言わば「桜なら叩かれ・下げられて当たり前」という状況にいた過去がある。

Fate/EXTRA-CCC」発売により公式的な地位を復活。携帯サイトで2011年12月?2012年1月に募集された「第2回マイBESTキャラ投票」女性キャラ部門では、初めて凛を順位で上回った(桜4位、凛7位)。

桜の置かれる過酷な環境について「児童虐待」「被虐待児が自助努力で対処できる範囲を超えている」と徐々に認識されるようになった時代背景もある。
また、度のすぎた不人気・腹黒いじりに新規ファンがドン引き、といったオタク年代層の変遷も背景にある。
昨今の製作陣も「桜の本質が黒桜であると誤解させる」ことを懸念しており、いわゆる闇堕ちはアンリ・マユとの接続によってもたらせれたものと言っていいだろう。
腹黒(とも取れる言動)はあくまで桜の一面であって本質ではない」という点は忘れてはならないだろう。

そして2017年より、劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」の制作が決定
さらにはタスクオーナ氏によるHFのコミカライズも開始され、ようやく彼女の専用ルートのメディアミックス化がされる事となった。
映画公開中のアニメ雑誌のランキングでは士郎と共に男女部門の1位を獲得している。

関連イラスト

さくら
もしわたしが悪い人になったら


今年の桜も
fate ◆ sakura


Heavens Feel
先輩にならいいです


桜ちゃん
JC桜



関連タグ

TYPE-MOON Fateシリーズ Fate/staynight Heaven's_Feel
Fate/hollowataraxia Fate/EXTRAシリーズ プリズマ☆イリヤ Fate/GrandOrder

後輩 ヒロイン 紫髪 通い妻 悲劇のヒロイン 日陰ヒロイン イマジナリ・アラウンド
黒桜 間桐サクラ BB サクランスロット パールヴァティー カーマ

  • 浅上藤乃琥珀:「被害者のまま加害者へと転じる少女」の系譜。特に藤乃は「痛みに慣れざるをえなかった過去」「精神と釣り合わない異能」「怪物へと仕立て上げられる境遇」「唯一、痛みに気付いてくれた先輩」など、桜へと受け継がれた要素が多い。
  • マシュ・キリエライト:紫髪の健気後輩系ヒロイン。ただし属性はメイド妹に近い。

外部リンク

pixivで話題の「間桐桜」とは? イラストもご紹介!! (pixivisionによる特集〈2019年1月19日公開〉)

関連記事

親記事

Fate/staynight ふぇいとすていないと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「間桐桜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78137308

コメント