ピクシブ百科事典

キングプロテア

きんぐぷろてあ

この記事では『Fate/EXTRA-CCC』のキングプロテアについて記述する。
目次[非表示]

「はくのせんぱい
  みぃ
 
   
  た」

プロフィール

誕生日4月1日
性別女性
身長30~∞m
体重∞kg
スリーサイズ
属性秩序・善
イメージカラーペール・アイリス
特技なし
好きな物なし
嫌いな物なし
天敵パッションリップ
CV潘めぐみ

※『FGO』では5~∞mとなっている。

概要

BBの眷属であるアルターエゴサクラファイブの一体。渇愛のアルターエゴ「G」。
Gはgigantism,growing,greed,の意。

途方もなく巨大な、全身に包帯を巻いた少女。体の所々には茂った緑や土色のひびが存在する。
パッションリップメルトリリスらと同様に生み落とされたが、様々な要因や偶然が組み合わさった結果、創造主すらも上回る余りにも危険なを得てしまった問題児。
サクラファイブ最下層の位置づけでありながら、サーヴァント達はもちろん、BBや他のエゴ達をも超えたムーンセル最強の存在。

それ故BBも完全に持て余し、月の中枢部「熾天の檻」と同じフォトニック結晶から造った「堕天の檻(クライン・キューブ)」に封印され、ギルガメッシュが隔離されていた空間と非常に近い「何もない宇宙」に廃棄された。
本来ならそのまま誰にも見つけられず、理解されることもなく、無の宇宙を漂い続けるだけだったが、物好きなマスターに見つかって対決する事となる。

……という初期企画案の設定で、『Fate/EXTRA-CCC』に登場する予定だったキャラクター。
所謂、隠しボス的なポジションで長時間アリーナにいると現れる、倒さなくてもいい存在として登場する予定のキャラだったとか(開発曰くミミック)。

しかし、たけのこ星人のコミカライズ漫画『Fate/EXTRA-CCCFoxTail』にて、衝撃的な登場を果たす。

全身がアブない人。

人物

愛を求める欲望の権化であり、周囲にある何もかもを飲み込んで成長し続け、さらに肥大化した空腹を満たすため食事を繰り返し、ますます大きくなる。
「楽しいから、美味しいから、温かいから」と、動物的な理由でさしたる目的もなく、己がために宇宙中のを求め続けている。
しかし「限界」という概念を持たぬ存在として生まれてしまった彼女は、どれだけのものを取り込もうとも決して満たされる事はない。

キングプロテアは無垢な嬰児なのか、それとも醜悪な災害なのか。罪が有るのか、無いのか。
消費文明に生きる現在の人間には彼女を「悪」と断じることは出来ない。
“際限なく求める心”が悪ではなく、善として受け入れてもらえる日が来ることを夢見て、彼女はソラを漂い続ける。

内面自体は非常に幼く素直な性格であり、子供が物を欲しがるように愛を欲している感じである。
無為に他者を傷つけることも好んではいないが、あまりにも大雑把かつ広範囲な破壊によって巻き添えにしてしまう事も度々。

キングプロテア


そんな彼女のフェチズム?は『成長願望』。『FoxTail』劇中で彼女の心にマインドダイブする機会があるが、その中での姿は幼い少女であった。

能力

ハイ・サーヴァントは複数の女神の複合体だが、プロテアはあらゆる神話に共通する大母神のエッセンスから創られた。金色白面同様、複数のサーヴァントが一丸となって戦って、初めて打倒できる災害。

パラメータ中、筋力と耐久の二つがEXランク評価を受ける上に、保有スキルも殆どがEXランクというとんでもないキャラクター。
今までのサーヴァントでもパラメータでのEX評価は最大一つまでだったことを鑑みると、彼女の規格外さに驚かされる。もっとも、彼女のその巨大さを考えれば妥当な判定ではあるだろう。

ちなみに筋力と耐久ばかりに目が向きがちだが、敏捷もAランクとトップクラスであり、巨体とは裏腹に並みのサーヴァントより素早く動ける。
体躯分早いのではなく、その巨体のままにトップサーヴァントと同等クラスの運動能力を発揮することが可能。

単純さ故にそのスペックがフルで活かされる事はまず無いが、そもそもの質量自体が圧倒的な武器であり、少し動いただけでエネミーや迷宮の構造を簡単に破壊してゆく規格外の存在である。
コードキャストやスキルを使おうにも、生半可な代物では純粋な質量で押し潰されてしまう為意味をなさない。事実、(出力が四分の一になっていた制約はあるとしても)BBの権能である「十の王冠」を力ずくで打ち破るという無茶苦茶っぷりを見せている。

ステータス

筋力耐力敏捷魔力幸運宝具
EXEXADB-


保有スキル

単独行動(B)マスターからの魔力供給がない状況で行動できるスキル。Bランクなら2日は活動可能。『ある存在の別側面』として存在するアルターエゴはマスターなくしても単独で行動できる。
女神の神核(B)生まれながらにして完成した女神であることを現すスキル。精神と肉体の絶対性を維持する効果を有する。あらゆる精神系の干渉を弾き、肉体成長もなく、どれだけカロリー摂取しても体型が変化しない。
ハイ・サーヴァント(A)複数の神話エッセンスを合成して作られた人工サーヴァント。あらゆる大母神の要素を持つ。
ヒュージスケール(EX→C)スキル「自己改造」が暴走したチートスキル。限界のない規模拡大を可能とする。レベルが上限に達すると自らの規格を巨大化させ、さらなるレベル上限を設定。これを無限に繰り返す。無限増殖とも。いずれは星を破壊する宇宙レベルの災害だが、巨大化すればするほど知性・機能の複雑化が失われていくため、通常の知性体ではこのスキルに耐えられず、自己崩壊してしまう。『FGO』で自陣に呼ばれた際はCランクへ抑えられている。
グロウアップグロウ(EX)スキル「経験値ボーナス」が暴走したチートスキル。「経験値ボーナス」は戦闘によって得る経験値に何パーセントかの追加ボーナスが入るものだが、キングプロテアはこのスキルをさらにチート化、「常時、経験値を取得する」ものに変えてしまった。本来なら「普通の成長した状態よりもステータスの伸びが低くなる」デメリットを含む罠スキルだが、キングプロテアは「ヒュージスケール」との相乗効果でデメリットを踏み倒し、無制限に成長し続ける。
自己暗示(EX)自身にかける暗示。精神攻撃への耐性をあげるスキルで、Aランクにまでなると、”私は歳を取らない=本当に老化が止まる”レベルの思い込みが可能となる。EXレベルになると、もう心象世界では何が起きているのか理解の外である。
幼化現象(EX→C)BBが万が一の為に付加した拘束スキル。年齢が20歳になると若返りはじめ、成長がリセットされる。そして8歳児にまで若返ると効果が切れ再び成長するというループが形成されている。しかし、その繰り返しの中で解析自体はとっくに終わっているようで、既に任意の解除や、心象世界における攻撃手段としての行使が可能になっている。こちらも『FGO』で自陣に呼ばれた際はCランクへ抑えられている。
怪力(EX)魔物、魔獣のみが持つとされる攻撃特性。使用することで一時的に筋力を増幅させる。EXのランクを持つのは彼女が初であり、どこまでの力を発揮しうるのかも未知数。
狂化(A+)本来はバーサーカーのクラススキル。全パラメーターをランクアップさせる代償に、理性の大半を奪われるが、彼女の場合、最高ランクにも関わらず意思疎通が可能。
陣地作成(EX)本来はキャスターのクラススキル。彼女が内側に持つ自身の領域が該当しているのか、評価規格外となっている。


宝具

「ヒュージスケール」で拡張し続ける彼女自身が宝具扱いである為、宝具は所持していないとされる。
これは彼女に組み込まれた大母神の一柱と共通しており「レベルキャップが無い」という規格外の能力もあって、ゲーム作品における実装や再現はまず不可能だと判断する声が多かった。





しかし…

それは、何の因果か―――――――





巨影、生命の海より出ずる(アイラーヴァタ・キングサイズ)

無題


  • ランク:E
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:100
  • 最大補足:???

「どこまでも どこまでも… プロテアの花は成長する…」
「命の海に沈みなさい」
「巨影、生命の海より出ずる!」

Fate/GrandOrder』における、キングプロテアの宝具
オリジナルでは彼女自身が宝具扱いであったが、深海電脳都市においては霊基がランクダウンした代わりに、宝具を発現する事が可能となった。

インド神話における神話の一つ、乳海撹拌の逸話をモチーフにした宝具。
神々は荒廃した地上で生き続けるため、不老不死の霊薬・アムリタを求めた。
アムリタを作るには世界を覆う海・乳海を撹拌せねばならず、神々は敵であるアスラたちと協力し、マンダラ山を軸にして世界を回して乳海を撹拌、多くの生命と霊薬を生み出したという。
アイラーヴァタはその際に乳海から現れた巨大な白い象の名前である。

カルデアに限定召喚されたキングプロテアは、常に『圧迫』されている。
それは世界からの抑止力であり、電脳世界ではない物質世界の限界でもある。
この宝具はそんな『圧迫』を一時的にはね除け、プロテア本来のサイズに戻る固有結界

展開された結界は無限の水平線を有する乳海を再現し、キングプロテアを本来の大きさに戻す。
本来の姿を得たキングプロテアはなおも成長を続けながら、ただ掌を翳して覆い潰すだけで敵陣を壊滅してみせる。

外部出演

Fate/GrandOrder

CCCコラボイベント「復刻版:深海電脳楽土 SE.RA.PH -Second Ballet-」にてまさかの隠しボスとして登場。更に、開催から1週間経った2019年2月27日には期間限定の☆5として本実装も果たした。クラスはもちろんアルターエゴ。

バトルキャラの向く方向の都合からか、片目を覆う包帯の位置が逆転したり、他の包帯の巻き方が変更されている。元のデザインのままで出せば、バトルキャラでは目が見えず包帯を巻いた顔しか見えない状態になってしまうのである。

本来の力があまりにも規格外すぎた為か、深海電脳都市およびカルデアにおいては能力に大幅な制限が生じている。その一方で、知性や精神年齢の方は向上しており、元のプロテアとは幾分かキャラにも変化が起こっている。

ボス敵として

MAP圏外にある「渇愛の重力圏」の中枢へ向けてシャドウサーヴァントによるボスラッシュを乗り越え、「堕天の檻」の最奥に到達したマスターを待ち受ける。
案内役の電子の妖精「H.C.A」によると、本来ならば誰も触れずに消えていくはずだった場所だが、迂闊に誘い込まれた人間のお陰で渦に捨てられた廃棄データが暴走を起こし、その根源であるキングプロテアとの対峙を以って渦を収束させることになる。
また、上記の通り、宝具がインド関連であることや、PVに出てきた蓮の花、四角形の物体から、第2部四章に実装されるという噂もあった。

詳しくは各攻略サイトに譲るが、HP:200万という規格外の体力に加え、「ヒュージスケール(EX)」によって毎ターンHPが50万ずつ増加する(当たり前だが、強化解除や強化無効による妨害は不可能)という文字通りのチート状態の彼女と対決することになる。
当然ターンが経過するとHPがエライことになるが、22ターン目に「キャッシュ消去」が発動し、HP増加効果が一時的に機能不全を起こして200万まで戻り、さらにあらゆる攻撃への耐性が低下する永続デバフが発生する。そして、以降はこれを6ターン毎に繰り返していく。

攻略法は、HPが上がっていない開幕直後~2ターン目までにバフを特盛した特攻スキルや特攻宝具をもつサーヴァントで開幕から宝具をぶっぱなして一撃K.Oを狙うか、ひたすら耐えて永続デバフが貯まるのを待ってから「キャッシュ消去」のタイミングを狙うかの2択となる。
と言っても、前者の速攻戦術は手持ちのサーヴァントが潤沢でなければ難しいため、多くのマスターは耐久戦を挑むことになるだろう。

また、攻撃耐性の低下にはQuick/Arts/Busterの3色全てへの耐性低下を含むため、耐久レースが続くほどに「キャッシュ消去」時の各カードの性能が鰻登りに上昇していく。サーヴァントによってはArts一発でNP100%になったり、ただの攻撃が10万単位の大打撃になったりと、こちらの攻撃のスケールまで狂い始める。
残念ながら撃破後に再戦することはできず、一度だけの大勝負となるため、試すなら念入りなパーティー編成と事故対策を用意して挑もう。

ちなみに、H.C.Aは最後に「奇特なマスターが呼べば、もしかすると来るかもしれない」と、本実装を匂わせる旨のセリフを残していた。

味方として

上記の言葉通り、イベント開始の1週間後にサーヴァントとして召喚可能に。
ボスとしての登場時は、体育座りしてもなお画面からはみ出す程の巨大さ(口より上が見切れてしまう)で挑むマスター達を驚愕させたが、なんと味方の時もバトルキャラのサイズは全く変わらない。あの巨体のまんまである。イヴァン雷帝項羽といった面々も軽く凌ぐサイズである。

また、テキストの一部にはキングプロテアを構成する女神としてティアマトの名が明示されているが、それを示すかのように霊基再臨を進めると、蕾の冠と共に頭から1対の巨大な角が生えてくる。角と言えばアレとの関連が疑われるところだが…?

霊基再臨で怪獣着ぐるみを来たような、モフモフとした外観になる。言動も初期の包帯姿と第三再臨のティアマト形態に比べるとものすごくはっちゃけており、「怪獣ごっこ」を満喫する天真爛漫な姿を見せてくれる。

ゲームでの性能

ステータスは【HP:1956~13338/ATK:1983~12835】と、アルターエゴでもバリバリの攻撃型。
《Quick:1/Arts:2/Buster:2》と、見た目に反してセイバー型。
Buster以外が多段ヒットするうえ、クラススキルの恩恵からNP効率・攻撃性能も良好。
「女神の神核」のお陰で弱体耐性が高く、低めに思えるHPも後述のスキルのお陰でまったく問題にならない。

スキルは、10ターンの間自身の最大HPを徐々に増加させていく無限増殖状態を付与する「ヒュージスケール(C)」、自身のスキルチャージを1進め、増殖状態の数に応じてNPをチャージする代わりに無限増殖状態と増殖状態を解除させる「幼化現象(C)」、3ターンの間自身の攻撃力を上げる「怪力(EX)」の3つ。
無限増殖による増殖状態は、「幼児退行」か強化解除でなければ基本的に永続するため、理論上はほぼ無制限にHPを増やすことが出来る。チャージターンが12Tと長いが、継続ターンも長いのでハンデにはなっていない。
幼児退行はその無限増殖と増殖状態をコストに発動する。NP増加量は増加アイコン一つに付き【Lv1:10%~Lv10:20%】と、なかなかの効率を有する。またチャージターン短縮の効果もあるため、スキルで「ヒュージスケール」を切るタイミング次第で即「ヒュージスケール」を再発動させることも可能になる。
怪力はシンプルな攻撃バフだが、補正値が高く継続ターンも3Tとほかの「怪力」スキルを保有するサーヴァントよりも長め。「ヒュージスケール」以上に「幼児退行」のチャージ短縮の恩恵が大きく、気軽に使用しても早めの再使用が可能になる。

宝具は上記の通りで、種類はBuster、効果は【自身のBusterカード性能をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>&[増殖]状態の時、自身のBusterカード性能をアップ(1ターン)+敵全体に強力な攻撃】。
「ヒュージスケール」の効果をブーストするため、基本的には「ヒュージスケール」発動中が解放のタイミングとなる。しかし宝具の「増殖状態」による威力補正そのものは誤差の範囲のため、「幼児退行」でNPチャージを促進させても、「怪力」である程度はカバー可能。

総じて、自前のバフで耐久しつつ、タイミングを見計らってカードを切る全体宝具アタッカー。
常時「ヒュージスケール」を発動させつつ、どのタイミングで「幼児退行」を切るかが運用のポイントとなる。
耐久レース向きで速攻し難いものの、「カレイドスコープ」で即NP100%を狙って2発目を悠々と構えるといった宝具連射運用も可能で、特にザコが大量に出現するCCCコラボのようなイベントでは心強い味方となってくれる。
バフによって真価を発揮するサーヴァントの宿命として、強化解除が天敵となる。幸い、「強化解除耐性」という新種のバフも登場しているが、まだ味方へ使用可能なサーヴァントが少なく、魔術礼装「トロピカルサマー」による効果も1Tと短いため、今後の自身を含めた味方の強化に期待したい。

ちなみに戦闘以外であるが、味方サーヴァントとして当然ながらマイルームに登録出来るのだが、ここでも巨体なのは変わらずほぼ画面を埋め尽くす勢い
また、台詞には一部のファンやプレイヤーにとってあるトラウマを彷彿させるものが含まれていたり……。

虞美人ちゃんその45
まえのつづき


特に実装から直近で公開された劇場版第2弾に当該シーンがもろに含まれていたため、鑑賞した際に受けたトラウマを再発させたマスターは多い(汗)。

関連人物

分かたれたオリジナルでお母様と呼び慕っているが、BBのほうはキングプロテアを恐れて堕天の檻に封印した。

同じくBBから分かれたアルターエゴで特にメルトとリップの二人は有利不利の関係にある。

メルトの場合は自身のスキルの恩恵でメルトの『オールドレイン』を実質的に無効化できるため有利に戦える。(レベルをドレインした所からレベルが上がっていき、メルトは彼女と違いレベルの上限が存在する為吸収しきれない)

逆にリップの場合は『トラッシュ&クラッシュ』によってレベル差に関係なく自身を圧縮できてしまうため非常に相性が悪い(スキルの条件が緩く、不意を突かれてしまうと何もできないため非常に危険)

サクラファイブとBBとは異なるサクラ顔仲間。依り代の少女からか一緒にいると落ち着くと言及している。

キリッとして大人びた女性だと言及している。
ちなみに第七特異点でティアマトと融合した複合神性という繋がり、原点のマスターのサーヴァントの派生という面もある。

スキルや容姿に類似点を持つサーヴァント。
デオンは「自己暗示」スキルを、ナイチンゲールとフランは包帯属性を持つ。

Fateシリーズでの代表的な巨大な女性つながりでのちに『ちびちゅき』にて共演。
仲でもマンガで分かるバーサーカーの方は無邪気な性格が共通しており、pixivでは二人が一緒にいる画像が増えてきている。
一方でティアマトは自身を構成する女神の一柱であり、"無限質量の巨大女神"という属性は彼女から得ている可能性が高い。(事実、FGOにおける第3再臨の際にはティアマトの角らしきものが生えている)

全ての始まり

余談

元ネタとなった花は、ヤマモガシ科プロテア属の植物の一種「キング・プロテア」。花言葉は「王者の風格」。
第2再臨以降は頭部に花(キングプロテア)がアクセサリのように付いている。

当初企画されていた具体的な出番としては、主人公達がアリーナ探索に長時間費やしていると突然出現し、サクラ迷宮をその巨体で破壊しながら追跡してくるというもの。
ラスボスを上回る強さの隠しボス的な存在だが、倒して得られる経験値は「1」で固定されているらしい。

関連イラスト

エクマテ読みました※バレ
FGOまとめ


Monster
キングプロテア



関連タグ

Fate/EXTRA-CCC Fate/EXTRA-CCCFoxTail サクラファイブ アルターエゴ(Fate)
巨人 デカァァァァァいッ説明不要!! 無限大 成長 レベルアップ 怪獣娘

ガチャピン:腕の形状からの愛称。ちなみにこの人も「たべちゃうぞ」と言っていた時期があるが、本人は忘れている様子。
ペガッサ星人ペガ/エレキングさん:中の人も怪獣でした。
モアナと伝説の海:全身が緑の草葉で覆われた大地母神『テ・フィティ』が登場する。

pixivに投稿された作品 pixivで「キングプロテア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2751221

コメント